韓「ドライブスルー」でコロナ19を検査…危険・時間・コスト下げる


  • 高揚安心カー選別診療所の案内 写真出処=高陽市庁



「新型コロナウイルス感染症(コロナ19)」の検査を受けることができる「ドライブスルー(Drive-through)」式選別診療所が、検査時間はもちろん感染の危険を軽減する新たな検査方法として注目されている。

高陽市は26日から、徳陽区船橋第1公共共駐車場で「高揚安心カー選別診療所」を運営している。

「安心カー選別診療所」は、車に乗ったままでコーヒーやハンバーガーを注文するドライブスルーからインスピレーションを受けた。世宗市もチョチウォン邑保健所に設けた選別診療所をドライブスルー方式で運営する。富川市もドライブスルー選別診療所の導入を検討中だ。

ドライブスルー選別診療所を訪問するために車に乗ってきた検査対象者は、問診票の作成と体温の測定そして検体採取などを、分離された独立空間である車ですべて受けることができる。また、ドライブスルー検査方式は検査時間や待機時間を低減する。

一般的に、1人を検査するときは診療室の消毒まで含めて30分ほどかかる。しかしドライブスルー方式は、検査時間を削減することができる。世宗市選別診療所の場合、受付と医療スタッフとの面談、体温の測定や検体採取などに10分程度かかることが分かった。

また、独立空間である車の中で検査が行われることから、交差感染の懸念も少なくすることができる。医療スタッフは検査対象者と遮断された状態で診療することから感染の危険性が低く、防護服やマスクなどの物品の使用量も減らすことができる。

  • 写真出処=ローラ・ビッカー記者のSNSからキャプチャ


BBCの特派員であるローラ・ビーカー記者は26日、自身のツイッターでドライブスルー選別診療所の写真を掲載した後、「新しいドライブスルー方式のコロナ19検査施設だ。賢明なアイデアをすばやく定着させた」と感嘆のメッセージを載せた。
  • 毎日経済デジタルニュース局_チェ・ギソン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-02-27 11:02:41