サムスン製QLED TV、視力保護で最上安全等級...米で獲得



サムスン電子製QLED TVは最近、米国とドイツの有力認証機関から視力保護の検証と認証を受けた。

サムスン電子は27日、先月の30日に米国安全認証機関UL(Underwriters Laboratories)から「光生物学的安全性(No Photobiological LED Hazard)」の検証(Verification)を受けたと明らかにした。また今月21日にはドイツの認証機関VDEから「目に対する安全」認証を受けた。

これら結果として、ULとVDEのすべてでサムスン電子製QLED TVはブルーライト・紫外線・赤外線と関連する最高の安全性評価である「有害性免除(Hazard Exempt)」を付与した。対象モデルは今年の初めに発売したQLED 8K(Q900T)とQLED 4K(Q90T)製品だ。

このように3種類の光に対して最高の評価を受けたテレビは、サムスンQLED TVが初めてだ。サムスン電子側は、「これによってQLED TVはブルーライトだけでなく、紫外線や赤外線などの視力の弱体化や病変を引き起こす可能性があるさまざまな光から安全であることが立証された」と自評した。
  • 毎日経済_ファン・スンミン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-04-27 17:20:45