韓シンテカバイオ社、スパコンでコロナ治療物質を発掘


  • シンテカバイオ社のコンピュータ


遺伝子ビッグデータ企業のシンテカバイオ(Syntecabio)社は最近、「コロナ19」に対して治療効果を出すことが期待される候補薬物30種の中から、最も効果を出すと予想される1種を発掘して用途特許(特定物質に対する特許)を出願した。

シンテカバイオが選択した最終的な1種は、コロナ19の治療薬として米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けた「レムデシビル」と同等の治療効果があることが知られている。シンテカバイオはレムデシビル(Remdesivir)と同様の治療効果を出すことが期待されている治療候補物質の1種を、独自に保有する大規模なスーパーコンピュータを活用して発掘した。

去る2月、コロナ19ウイルスの遺伝子を発現・増殖するところに核心的なタンパク質分解酵素の構造がタンパク質データバンク(PDB)に初めて公開されたが、この蛋白質構造に反応することが予想される既存の2700以上のFDAの承認薬をスーパーコンピュータを活用して迅速に分析したものだ。

2700以上の薬物はコロナ19以前にMERSやSARSのような他の治療薬の薬物として使われたものだ。シンテカバイオのユン・ソンイル ビジネス開発ディレクターは、「わが社が保有している960台の尖端コンピュータを並列接続すると、スーパーコンピュータの性能をひき出すことができる」とし、「国内では(性能の面で)実質的に比較対象がないと見れば良い」と語る。

ユン理事は「コロナ19治療の最終候補物質1種を発掘する過程で、薬物の再創出(既存の薬物を他の疾患の治療薬として適応を広げること)モデルの作成と初期の実験検証にかかった時間は計6週間に過ぎなかった」とし、「研究開発の時間とコストを減らすことが最大の価値であるシンテカバイオ社の人工知能(AI)ソリューションを活用して、これを検証したという点で意味が大きい」と述べた。 2014年に韓国電子通信研究院(ETRI)の「遺伝子検査専用スーパーコンピューティング」技術で出資を受けて設立されたシンテカバイオは、多数のコンピュータを接続して速度とパフォーマンスなどで最大限の相乗効果を出すスーパーコンピュータ(MAHA/マッハ)を保有している。

シンテカバイオのような高速・高精度のデータシミュレーションが可能なスーパーコンピュータインフラを活用し、世界的にコロナ19治療薬・ワクチンの開発を早める事例が相次いでいる。

スーパーコンピュータを活用した大容量データの分析などを通じて、感染症の原因となったウイルスの構造と感染経路などを迅速に把握することができる。さらにAIと高性能分析シミュレーションアルゴリズムなどを加えると、コロナ19の治療・ワクチン候補物質の迅速な発掘が可能だという説明だ。

最近、韓国科学技術情報研究院(KISTI)が発刊した「スーパーコンピュータの力で克服するコロナ19危機」レポートによると、現在この分野で最も進んでいる国は米国だ。コロナ19ワクチンの開発のために産・学・研・官で構成された38のコンソーシアムが52件の研究開発課題を遂行している。参加団体は米IBMとアマゾンウェブサービス(AWS)、Googleクラウド、マイクロソフト(MS)、米国航空宇宙局(NASA)、国立研究所、マサチューセッツ工科大(MIT)、米国エネルギー省などだ。これらが持つ技術力を統合すると、全世界のスーパーコンピュータ全体の性能の約26%に達する。また米国エネルギー省傘下のオークリッジ国立研究所は、世界最高性能である「Summit(サミット)スーパーコンピュータ」で8000以上の薬物と天然化合物を分析し、計77種のコロナ19治療薬の候補物質を発掘している。米国ローレンス・リバモア国立研究所もスーパーコンピュータ「クォーツ」で治療薬の候補物質を1039種から20種に圧縮した。

欧州の場合、スーパーコンピューティングセンターと主要な国策研究所など8カ国18機関が集まって作った公共・民間コンソーシアムが代表的だ。これらは3次元スーパーコンピュータによる分子動力学シミュレーションにより、コロナ19がヒト細胞を攻撃する過程を精密追跡することに成功した。アジア最大のスーパーコンピュータ大国である中国は、天津国立スーパーコンピューティンセンターを筆頭に、去る1月から天河スーパーコンピュータでコロナ19の新薬開発と感染者に対する精密診断を進めている。

一方で国家臨床試験支援財団は9日、国内で食品医薬品安全処の承認を受けて臨床試験が進行中のコロナ19治療剤(12件)・ワクチン(1件)は総13件だと明らかにした。また国内を含めた世界のコロナ19関連の臨床試験数は前日の時点で858件で、3月11日の56件と比較して約3ヶ月のあいだに15.3倍に急増した。
  • 毎日経済_キム・シギュン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-06-09 17:17:45