LG化学とGSカルテックス、バッテリーサービスで協力


LG化学とGSカルテックスは電気自動車業界のパートナーと手を握り、ビッグデータを活用したバッテリーサービスの開発に乗り出す。バッテリーの安全性診断サービスを皮切りに、今後はさまざまな分野に拡大していくという戦略だ。

LG化学とGSカルテックスは7日、ソウル市汝矣島のLGツインタワーでシグネットイーブイ(SIGNET EV)、ソフトベリー(Soft Berry)、ケイエスティモビリティ(KST Mobility)、グリーンカー(Green Car)などの電気自動車分野の各ベンチャー企業とともに「充電環境の改善と新事業機会発掘のための業務協約(MOU)」を締結したと発表した。LG化学とGSカルテックスの両社によると、今回の業務協約は充電ステーションで収集した電気自動車のビッグデータを活用して、バッテリーに特化したさまざまなサービスを発掘するために行われた。

LG化学とGSカルテックスは優先的に「バッテリー安全診断サービス」を開発する計画だ。バッテリーの安全性診断サービスは、電気自動車の充電時にバッテリーの現在状態と危険性を運転者に知らせるシステムだ。

電気自動車メーカーのグリーンカーとケイエスティモビリティの共有電気自動車が、GSカルテックスの充電ステーションで充電を行うあいだに走行と充電データをクラウドに保存し、LG化学がビッグデータ分析を通じてバッテリーの現在状態と危険性を確認する。その後、バッテリー情報は充電器はもちろん、運転者のスマートフォンに伝送されるサービスが行われる。

LG化学はGSカルテックスと2021年までに実証事業を完了した後に国内でサービス事業を立ち上げて、2022年から海外の充電市場でバッテリー特化サービス事業を拡大する計画だ。
  • 毎日経済_ウォン・ホソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-07-07 17:24:54