「社会的距離の維持」でインフルエンザ患者が大幅減

コロナ19防疫が好影響 

「コロナ19」で防疫と衛生管理が強化された結果、インフルエンザの流行が早期に終息し、発生の規模も大きく減少したと分析された。

盆唐ソウル大学病院の研究チームが疾病管理本部の標本監視資料を活用して、今年に入って発生したインフルエンザ患者の規模を、この3年間の同じ期間における患者発生数と比較した結果、2019~2020年のインフルエンザ流行が昨年の11月から今年の4月まで総20週間続いて、過去の流行との比較で6~12週間短くなった。またコロナ19の最初の患者発生後のインフルエンザでの入院患者は3232人で、2017~2018年の6841人に比べて52.7%減少した。

防疫・衛生管理が強化された「社会的距離の維持」期間に入院患者は161人発生して、この2年にあいだの同じ期間に比べて最大で96.2%減少した。このような患者の減少はインフルエンザだけでなく、呼吸器細胞融合ウイルス(RSV)など、疾病管理本部で監視するすべての呼吸器系ウイルスで現われた。
  • 毎日経済_イ・ビョンムン医療選任記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-10-12 17:32:21