韓の研究陣、リチウム空気電池の軽量化と寿命延長技術を開発

一回充電で1000㎞走るセラミック電気自動車 

一回の充電でソウルから釜山を往復できる電気自動車用バッテリーの技術が開発された。 蔚山科学技術院(UNIST)は15日、サムスン電子総合技術院との共同研究によって1000キロメートル以上を走行可能なセラミック材料の電気車用バッテリーを開発したと発表した。共同研究チームは次世代電池として注目されているリチウム空気電池の内部の有機物質をセラミック素材に変更し、商用化するために最大の障害だった電池寿命の低下に対する問題を解決した。

リチウム空気電池は、現在ひろく使われているリチウムイオン電池よりも10倍以上も多くのエネルギーを節約できる次世代バッテリーだ。空気中の酸素を電極材として使用することから、金属素材を使用するリチウムイオン電池よりも軽量化の面ではるかに有利であり、軽くて長距離を走る次世代の軽量電気自動車を製造できるバッテリーとして脚光を浴びている。

研究チームが開発した固体形態のセラミック素材は、優れたイオン伝導性と電子伝導性を同時に備えたことでさらに注目されている。バッテリーのさまざまな構成部品に使用できるからだ。

研究に参加したUNISTのソ・ドンファ教授は「新規セラミック素材は、電子とリチウムイオンを同時に伝達できるので、リチウム空気電池だけでなく、バッテリー分野全体に適用できるだろう」と語った。

  • 研究成果が掲載された「アドバンスドエネルギーマテリアルズ」誌の表紙

.
  • 毎日経済_イ・ジョンファ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-10-16 08:11:35