サムスン電子とLGグループ、米で特許登録2位と3位に


サムスン電子とLGグループは、米国の特許登録で2位・3位の企業としてそれぞれ名前を上げた。

5日の業界によると、米国の知的財産権者協会(IPO)が最近発表した「2020年米国特許登録上位300大企業・機関(Top 300 Organizations Granted US Patents in 2020)」リストで、米IBMが1位でサムスン電子が2位に名前をあげた。サムスン電子は昨年8539件の特許を登録して、2007年以来で14年めの2位を維持した。 1位に上がったIBMの登録件数は計9435件だった。

3位はLGグループで、前年よりも4%増加した5112件を登録した。 IPOは2019年までにLG電子、LG化学、LGディスプレイ、LGイノテックの特許件数を別々に公開したが、今回はLGグループでまとめて発表した。 4位は3689件を登録した日キヤノンであり、米インテル(3284件)が5位だった。このほかに韓国企業の中では現代自動車が1626件の特許を登録して21位に、SKグループが1091件で43位に名前を上げた。
  • 毎日経済 パク・チェヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-02-05 17:30:23