Q.ボーイグループGolden Childについて教えてください

답변게시판
A.
  • 左からキム・ドンヒョン、ペ・スンミン、イ・デヨル、Y、チェ・ボミン、ポン・ジェヒョン、イ・ジャンジュン、TAG、ホン・ジュチャン、キム・ジボム



Golden Childは2017年8月に華やかにデビューした、Woollimエンターテインメント所属の10人組ボーイグループです。
「100年に一人しかいない完璧な子供」という偉大な名前のGolden ChildはWoollimが韓国の歌謡界を先導するという野心を持って準備したグループです。

8人組ガールグループの「LOVELYZ」が発売されてから3年、男性アイドルグループとしてはINFINITE以来7年ぶりに披露するグループなので、会社としても期待が大きかったでしょう。

2017年1月から『W Project』を通じてデビューを準備するレベルでメンバーを公開し5月にはリアリティ番組としてリアリティ番組『2017Woollim Pick』で一般の人々と出会うことができました。出発は悪くなかったです。ビルボードが選定した2017K-POP新人グループで8位、『Idology』が選定した2017年新人5位ということで善戦したわけです。

2019年には「韓国文化芸能大賞」でK-POP歌手賞を受賞して2019年12月に初めてMnet 『M COUNTDOWN』で「WANNABE」が1位になりました。残念ながらデビュー3年が過ぎても地上波音楽番組で1位にはなれませんでした。

昨年末にはメンバーのうち、ポン・ジェヒョンが新型コロナウイルスの陽性判定を受け、しばらく活動を中断せざるを得ませんでした。幸い他のメンバーは感染せず自宅隔離を経た後、活動を再開することになりました。

Golden Child、10人のメンバーたちの間に大きな差もある方です。

まず、リーダーのイ・デヨルと、末っ子のチェ・ボミンとの間には年の差が7歳です。兄貴分のような存在です。
練習生として過ごした期間を見てもスペクトラムがとても広いです。イ・デヨルとキム・ドンヒョンは6年もいますが、ペ・スンミンは6か月間の練習生生活が終わった後、デビューしました。

Golden Childのメンバーは先輩グループであるINFINITEに劣らず『アイドル陸上選手権大会』の成績が良い方です。メンバーが取ったメダルの数を合わせると、金メダルが5個にもなります。練習生時代、漢江(ハンガン)マラソンをしたのが役に立ったのではないかと疑われたりもしました。

『アイドル陸上選手権大会』の成績のおかげか、運動部のコンセプトもよく披露します。デビュー以後、野球、バスケットボール、バレーボールなどの運動部のコンセプトで登場しており、デビューアルバム『GOL-CHA!』、収録曲「Damdadi」の野球服衣装はとても良い反応を得ました。

Golden Childのファンダムは「Goldness」。Golden Childと共に大切で特別な時間を作っていこうという意味で付けた名前です。時々「Gold miss」と間違って言ったり書いたりする場合があって笑いを与えたりもします。間違いなくゴールドミスの中にGoldnessがいるでしょう。

昨年7月までホン・ジュチャン、Y、キム・ジボム、イ・ジャンジュンの4人のメンバーがMBCミステリー音楽番組『覆面歌王』に挑戦しましたが、興味深いことにボーカルラインに属しているメンバーたちは1回戦で苦杯をなめた反面、メインラッパーのイ・ジャンジュンは2ラウンドまで進出しました。

メンバー紹介

イ・デヨル(李大烈、1993.02.11):リーダー、リードボーカル。INFINITEのメンバーでイ・ソンヨルの弟です。他のメンバーに比べて慎重に見えますが、バラエティ番組やリアリティ番組ではイメージを壊すような行動もいとわないです。顔は兄によく似ていますが、性格は反対です。涙もろくてファンミーティングの終盤に後を見ている場面がよく登場します。181センチでチーム内で一番長身です。

Y(崔誠允、1995.7.31):メインボーカル。リフレーンと様々なキリングパート(強烈な印象を残すパート)を担当します。ダンスも動作がシンプルで強弱の調節が良くダンスブレイク(曲の途中に歌わない部分で踊るパート)にも参加します。デビュー当初は緊張してバラエティ番組で中途半端な姿を見せていましたが、現在は愛嬌も振りまくほど厚かましくなりました。Tゾーンが非常にくっきりしていて男らしい印象で笑顔がとてもステキです。小学校時代、陸上選手として100メートル走で金メダルを取ったこともあります。高校に通っていた頃、陸上選手としてスカウトを受けましたが歌手になるために断ったそうです。高校時代にアルバイトをした経験のおかげで、しゃぶしゃぶの仕上げに食べるおかゆをとても上手に作るそうです。

イ・ジャンジュン(李長俊、1997.03.03) : メインラッパー。ラップのパートを担当しますが、ボーカルとダンスの実力が優れています。練習生時代には静かに過ごしていましたが、現在は外向的な性格に変わっています。リアリティ番組に初登場した時から新人らしくない気の利いた言葉で注目を集めました。ノリノリで非の打ち所のない姿に優れた話術を誇るメンバーです。カカオTVで一緒に出演するキム・グラはイ・ジャンジュンについて「20年前のキム・フングクを見ているようだ」と言及しました。幼い頃から10年以上テコンドーをし優れた運動実力で『アイドル陸上大会』で大活躍しました。

TAG(孫永宅、1998.4.13):メインラッパー。 理知的で冷たそうな外見とは違って転んだりこぼしたりするミスを多くし、周りで気遣ってくれる人が必要なほどです。純真で人をよく信じ涙もらい方です。派手なアクセサリーをするのが好きでステージで外貌が目立ちます。子どもの頃、現代舞踊を習っており体も柔軟で腕で縄跳びや開脚に非常に長けています。

ペ・スンミン(裵勝民,、1998.10.13):リードボーカルです。清く落ち着いたピリッとした感じの美声の持ち主でダンスの実力も優れています。静かでおとなしいですが、そばにいて笑いを誘うギャグを言います。きらきらした眼差しでメンバーの中で肌が一番きれいです。笑う時に現われる八重歯がチャームポイントで年齢の割にはとても若く見えます。JYPの公開採用12期出身で2016年末にWoollimに移籍してから6か月後にデビューしました。テコンドーと剣道を習ったことがあり剣道は黒帯です。

ポン・ジェヒョン(奉宰絃、 1999.1.4):サブボーカル。ハスキーながら初々しい感じを与える中低音のボーカルです。メンバーの中で一番だまされやすいメンバーで一番優しい子です。3rdミニアルバム『WISH』の活動当時には銀髪に染めると「銀髪の妖精」と言われました。小学校を卒業して2年ほど米国で暮らしたことがありメンバーの中で英語の発音が一番いいです。翰林(ハンリム)芸術高校の実施試験を受けた後、LOENを経てWoollimに籍を移しました。小学校6年生の時まではショートトラック選手、中学校時代にはバスケットボール部の主将を務めたこともあります。

キム・ジボム(金知範、1999.02.03):リードボーカル。声量が大きくてテクニックのない淡泊な音色が特徴です。無伴奏で歌う時に光を放ちます。性格が有限な上、特有の機転でどんないたずらをしてもよく受け止めてくれるため、メンバーからよくからかわれます。塾のオーディションでWoollimに入社しました。本人の話では中学校2年生の時100点を取るほど数学ができるそうです。画家の母が歌も上手だそうなので、よい遺伝子を受け継いだようです。物に対する愛着が深く捨てきれずに貯めておく方なので、メンバーからよくからかわれるそうです。

キム・ドンヒョン(金東炫、1999.2.23):メインダンサー。体格は大きくないですが力強い動作でステージを飛び回るほど軽くてダイナミックに踊ります。正確な音程でサブボーカルも受け持っています。怖がりで心配事もよくする方で、どこか少しでも具合が悪くても、すぐ検索をしてメンバーから「サーチ妖精」というニックネームをつけられました。小学校4年生の時から歌手になりたがっており、6年生になってから本格的にダンスと歌を習い始め小学校を卒業する頃にWoollimのオーディションに合格しました。早寝早起きの正しい生活の信奉者です。しかし、ご飯の代わりにおやつを楽しみます。

ホン・ジュチャン(洪周燦、1999.07.31):メインボーカル。きれいで爽やかなボーカルなので声がすぐ区別されます。表現力が豊かで感性的な歌が上手です。地声を裏声を行き来する多様な発声を駆使し音域帯もかなり広いです。「ホン・ダジョン(優しい)」と呼ばれるほどファンサービスが良いです。7歳の時から合気道を学び金メダル15個を取ったそうです。高校1年生の時、昼休みに居眠りをして友達に誘われてネイルアートサークルに入りましたが、サークル会員の中で唯一の男子学生でした。キューティ除去、透明マニキュアを塗ることを学んで、グループメンバーたちによく使っているそうです。とてつもない大食家で、ハンバーガー6個、ご飯7椀、バイキング20皿が食べられるそうです。食べ放題の焼肉屋で24人前を食べて追い出されたこともあります。

チェ・ボミン(崔普民、2000.08.24):サブボーカル。低音のボーカルで低いパートを主に担当します。デビュー当初は涙と愛嬌がありましたが、だんだん大人っぽくなって成熟した末っ子として待遇されます。メンバーの中で代表を怖がります。虫は当然怖く、『スミさん家のおかず』(tvN)に出演した時は海産物に触れることも恐れました。寝ていて金縛りにあった後、ルームメートのドンヒョンに「一緒に寝よう」と言ったそうです。ボミンは自分よりドンヒョンの方が臆病だと言及しました。清涼で清純な顔に体型まですらりとしており、グループのビジュアルを担当しています。Woollimの練習生になる前は外国語高校への進学を準備中でしたが、芸能界に携わる叔父の勧めでオーディションを受けた後、Woollimに入社しました。ガールグループのダンスに一見識あります。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-03-16 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄