Q.ガールグループのBrave Girlsについて教えてください(下)

답변게시판
A.
「Easily (Feat.Skull)」 、「NowadaysYou」、「For You」、「Deepened」、「High Heels」、「Rollin'」、「We Ride」
カラオケで見つけられるBrave Girlsの歌です。2020年8月にリリースされた4thシングル「We Ride」は、今でもクムヨンカラオケではアップデートされていない状態です。

デビュー10年目のグループにしては冷遇も並大抵の冷遇ではありません。

デビューメンバー、つまり1期メンバーはすでにグループを離れた状態です。
1期メンバーのウニョン(パク・ウニョン)、ソア(パク・ソア)、イェジン(ハン・イェジン)、ユジン(チョン・ユジン)、ヘラン(ノ・ヘラン)のうち、ユジンとヘランは2期目に入りましたが、すぐにチームを去りました。

7人組でスタートした2期メンバーのうち、新しく迎え入れたハユン(イ・ハユン)も1年で荷造りをしました。
簡単にまとめると、Brave Girlsは5人組で出発し7人組(2016年)、5人組(2017年)を経て、4人組(2018年8月)に定着したわけです。 ミニョン、ユジョン、ウンジ、ユナなど今のメンバーは1期の思い出が全くないです。メンバーたちはもちろん会社でも2期を1期とは全く違うグループだと思っているようです。

新しく発足したグループ。
新人グループに劣らないつらい毎日でした。活動に専念するため、メンバー全員が携帯電話なしで生活しています。献立もサラダ一品に制限されました。密かにサンドイッチを食べていたところ代表にバレて手厳しい叱責を受け悔しく泣いた記憶もあります。

それでも3rdアルバム『High Heels』で国軍将兵たちから愛され始めました。
順位上昇の奇跡を生んだ曲「Rollin'」は2017年3月にリリースされました。

当時、リリースした「Rollin'」のミュージックビデオを見れば、昔のメンバー、ハユンの姿も確認できます。
「Rollin'」が出てから軍部隊に慰問公演で自信を持って歌える土台ができました。Brave Girlsは慰問公演で「High Heels」、「Rollin'」の2曲を相次いで歌いますが、「Rollin'」を歌う時は将兵たちが合唱で応えます。他の人気ガールグループに比べても決して遅れを取らない姿です。少なくとも軍部隊ではです。





そして、まさにこの点が、「Rollin'」の順位が上昇し崖っぷちに立たされていたグループが蘇る奇跡をプレゼントしました。
長い間、無名生活をしたからでしょうか。メンバーたちの仲は、とても深いです。
寮生活で生活に制約がありますが、チキンを食べながらストレスを発散して4人で絶えずおしゃべりをします。ある意味365日ずっとパジャマパーティーをしているようなものです。

Brave Girlsの最大の長所は、ライブの実力です。活動をしない間にも引き続き実力を育ててメインボーカルであるミニョンだけでなく、ユジョン、ウンジ、ユナも激しいダンスを踊りながら音程がほとんど揺れないライブ実力を見せてくれます。

短所は、アイドルファン文化について知らないことだらけだという点です。順位が上昇する前は、メンバーたちがファンの顔を全て知っていたほどですだから、それもそのはずです。Brave Girlsで初めてガールグループのファンになった人が馴染みのない雰囲気を見せると、ユジョンは「私たちもアイドル文化を知らないので、ファンの皆さんも気後れしないでください」という励ましのメッセージを送ったこともありました。そういえば短所が長所に変わるかもしれません。とにかく歌手とファンがアイドル文化についてお互いに理解し始めたところです。

メンバー紹介

ミニョン(1990.09.12):メインボーカル、メインダンサー。韓国舞踊、バレエを学び、漢陽(ハンヤン)大学舞踊科出身のボーカル。いかなる状況でも安定したライブを行い音色がすがすがしく容易に高音を発し「サイダーボーカル」と言われています。「Rollin'」のサビの半分以上をライブで消化します。21歳というやや遅れて練習生生活を始め演技者に転向しようと準備していたところBrave Girlsに合流しました。グループに公式的なリーダーはいませんが、一番年上で事実上リーダーの役割を果たしています。「ミニョンタイム」という名前でYouTubeチャンネルを開設し、すべての映像を直接撮影し編集しています。コメントをほとんど読み終え、ハートを押すサービスを惜しまないです。余談ですが美しい脚線美を誇ります。『High Heels』アルバムの表紙モデルはミニョンです。

練習室で練習していたところ急に呼ばれて写真を撮り、そのため上着はみすぼらしいトレーニング服姿だったそうです。

ユジョン(南侑廷、1991.05.02):センター、サブボーカル。表情が多彩で表現力が優れていて、特にステージでいつも笑っていますが、微笑みがとても魅力的です。「Rollin'」の順位上昇にユジョンの幸せな微笑みが重要な役割をしました。「High Heels」のカカシダンスで幸せそうな表情はそれ自体で「美」になるほどです。「ゼニガメ」のキャラクターに似ていることから「ゼニガメ座」と呼ばれるようになりました。話術も上手で、各種インタビューで雰囲気をリードしています。

学生時代、3歳年上の姉と一緒に香港に住んでいたことがあり、英語が堪能です。幼い頃から歌手が夢でしたが、デビューがとても遅い方です。唇を柔軟に動かすことを一発芸として話しています。

ウンジ(洪恩智、1992.07.28):サブボーカル、メインラッパー。明知(ミョンジ)大でミュージカルを専攻したボーカル能力の持ち主で目鼻立ちがとても華やかです。メンバーの中で最も背が高く手足が長いです。そのおかげで、ダンスのラインがきれいだと言われています。しかし、ストレッチングの途中で転びそうになったことがあり、ニックネームは「ホダン(天然)」。 とんでもなく緊張する方ですが、目が大きくてそのような表情がありありと見えます。アリランTVにプロフィールを作成する時、「ワンヌニ・ボーカル」と書いたことがあります。化粧品や衣類に関心が高くチームの解散について真剣に話し合った当時は、3月から衣類製作に飛び込む予定だったと、女優のユシとDal Shabetのメンバー出身のアヨンと共に「JJUBA」というショッピングモールを開設していましたが、現在は廃業しています。

ユナ(李裕那、1993.04.06):リードボーカル、リードラッパー。 ショートカットを楽しむ上、性格までざっくばらんで、本人が言うにはグループのガールクラッシュを担当しているそうです。座る時は男性のように腰を曲げて座り食事をする時は、椅子に足を乗せることもあります。おかげで「ヒョン(兄さん)」と呼ぶファンもいます。第一印象はクールに見えますが、可愛らしい面が多く絵や写真にも関心を寄せています。SBS『人気歌謡』で1位になった後、歌をまともに歌えないほど泣き、ファンは「さすが、末っ子だな」と可愛がったそうです。ファンの要望で「私はユナだ」というYouTubeチャンネルを開設したが、部屋の掃除など日常を率直に盛り込んだ内容が多いです。順位上昇する前は他の仕事を調べていましたが、カフェを始めようかと考えていたそうです。バリスタの資格を持っています。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-03-19 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄