Q.ボーイグループのONEUSについて教えてください

답변게시판
A. RBW所属の6人組ボーイグループONEUSは前回、紹介したONEWEと「兄弟グループ」と思われます。
ONEWEがバンドである反面、ONEUSは楽器なしでステージパフォーマンスを繰り広げるグループという点で違いがあります。

ONEUSのデビュー日程もONEWEと非常に似ています。

2017年、デビュープロジェクト『デビューします』でRBW BOYZという名前を公開し、プロジェクト最後のチャプターでONEUSというグループ名を公開しました。

  • 左からRAVN(レイブン)、ソホ、ファンウン、シオン、イド、コンヒ



デビュー前の路上ライブと『売店のお兄さんは営業 中』という番組で活動範囲を広げた点もONEWEと同じです。

RBWはデビュープログラムを通じてONEWEとONEUSの2つのグループをリリースしたわけです。

公式デビュー日は2019年1月9日です。ソウル広津区(クァンジング)にあるYES24ライブホールでショーケースを開き、デビューアルバム『Light US』のタイトル曲「Valkyrie」を公開しました。そして次の日『M COUNTDOWN』で デビューステージを行いました。

デビュー曲「Valkyrie」はかなり人気を集めました。約1か月でミュージックビデオの再生回数が1000万を超え、2021年1月には3000万回を突破しました。「LIT」、「Twilight」、「No diggity」などのミュージックビデオ再生回数も1000万回をはるかに超えました。

メンバー全員が純韓国人で構成されたグループですが、デビュー初期からステージを韓国ではなく、地球村全域にしたようです。デビューしてから半年後に日本のZepp Nambaで単独公演を行い、最初から日本デビューショーケース行事まで開きました。同年11月には米州ツアー、12月には2ndシングルの日本ショーケースを開きました。

2020年と2021年の新年を知らせる初の行事も日本で始まりました。

韓国よりも海外活動に比重を置いたためでしょうか?賞とはあまり縁がないようです。
2021年に入って初めて『M COUNTDOWN』1位候補に上がってから2位にとどまり、SBS『人気歌謡』で初の地上波1位を狙いましたが、トップにつくのには少し物足りなかったです。ONEUSを挫折させたグループはアイドルでした。

ONEUSのファンクラブ名は「TOMOON」で月(Moon)のファンたちが、地球のONEUSを回りながら守ってくれるという意味だそうです。ONEUSのアースを「US」ではなく「Earth」と読んだわけだが、ファンは自らを「お月様」と呼んでいるそうです。

メンバー紹介

RAVN(金英助、1995.09.02):メインラッパー、サブボーカル。ラップメーキングを含む作詞、作曲、プロデュース能力があります。詩的で感性的な歌詞から気の利いた内容までスペクトルが非常に広いです。歌詞を書く時はテーマやコンセプトに合うアイテムを探して羅列しライムを合わせる過程を経るそうです。チームの一番年上として後ろから後輩たちを気遣うタイプです。鏡をよく見ますが 理由は「本当に面白いから」だそうです。ファンは写真より実物の方がずっと良いメンバーに選びます。大きな瞳、高い鼻など立体的な姿を写真に収めにくいという意味です。高校時代、ダンスチームとして活動し5年ほどの練習生生活を経てデビューしました。絵が得意で『デビューします』のアルバムのジャケット表紙も彼が描き最近は油絵にも挑戦中です。ゴジラ、『ワンピース』などのフィギュア収集が趣味です。

ソホ(李抒澔、1996.06.07):メインボーカル。高音が3オクターブまで上がりハイライト部分の高音パートを務めます。最も安定的なライブ能力を持っています。ラップ、ダンスの実力も良いです。メンバー全員が認める4次元です。茶目っ気たっぷりで言葉遊びとオヤジギャグが好きです。無表情の時は冷たそうに見えますが、笑うと限りなく優しい印象に変わります。童顔なので末っ子と間違われます。幼い頃の夢はコメディアンでした。女装がよく似合いますが、高校時代に女装大会で女装した姿がとてもきれいで同窓たちが驚いたそうです。何度も『アナと雪の女王』エルサの扮装をした姿を見せたりもしました。運動神経が非常に優れていて、ダンブリング、走り幅跳びに人一倍の技を見せ縄跳びは3段跳びまで可能です。座右の銘は「昨日の私より頑張ろう」だそうです。

イド(金建學、1997.07.26):メインラッパー、サブボーカル。太く低い声でパワフルなラップを誇ります。歌う時は限りなく柔らかい音色に変わるのが特徴です。作詞作曲の実力があり現在まで発売されたほぼ全曲の作詞に参加しています。体が大きい上、鋭く強い印象なので臆病に見えますが、人見知りをして恥ずかしいそうです。それとなく愛嬌も多いです。好きな運動はジム、筋肉が裂ける感じが好きです。過去はダンスが下手で音痴、それにリズム音痴でしたが、高校1年生の時から踊りと歌を習い始めて克服しました。幼児教育科の出身で子供たちをすごく可愛がります。ONEUSの料理担当でチゲやチャーハンなどの韓国料理が得意です。今までしてみたかった職業はボディーガード、ボクサー、歌手、俳優、料理師など。一人で出かけると道に迷って地図を見て回りますが、RBWのオーディションを受ける時も1時間以上迷ったそうです。

コンヒ(李建煕、1998.06.27):メインボーカル。清らかで澄んだ音色で感情的な歌を上手く歌います。即席でハモる能力に優れています。『PRODUCE X 101』シーズン2に参加した当時、BoAの「Amazing Kiss」を歌ってボーカルポジション1位を獲得したこともあります。感受性が豊かで話も上手で各種公演や放送で進行を引き受けます。メンバーたちが一番きれいな手を持っていると認めましたが、本当に指が細くてきれいな顔をしています。失敗したことがないそうです。壊れることを恐れることがなく、ハロウィンに奇怪な扮装をしギャグも好きです。カラオケボックスのエコー、窓を拭く音、キバノロの鳴き声などモノマネと足の指で菓子の袋を開けるなど一発芸も多いです。おいしいものが好きでメニューを選ぶ時はとても慎重でメンバーたちは彼が選んだ料理を真似することが多いです。彼の食の哲学は「一口一口がおいしくなければならない。* 口の中がいっぱいになってこそ味をよく感じることができる。*奪って食べるのが一番おいしい」

ファンウン(呂換雄、1998.08.26):メインダンサー、サブボーカル。アイドル群舞では珍しいほど余裕があり、しなやかに踊ります。グループのメンバーだけでなくアイドルダンサーの中でも指折り数えられるほどの実力者です。舞台で時々刻々と変わる繊細な表情演技も個性的です。多様なジャンルのダンスが可能ですが、ソウル公演芸術学校の実用舞踊科で3年間実技1位を占めたそうです。ダンスサークルに女性だけがいたせいで、セクシーで格好いいダンスも上手です。人の長所をよく見つけてほめるメンバーで年齢が下でもリーダーシップは優れています。メンバーの意見をまとめ、引っ張っていく役割を担います。思春期に声変わりした時期が来ましたが、自宅で歌の練習を一生懸命やっていたところエレベーターで「静かにしてほしい」というメモが届いたそうです。本当に恥ずかしかったですが、おかげで親がボーカル塾に通うことを承諾してくれました。

シオン(孫東柱、2000.01.10):サブボーカル。練習生期間が短くチームに歌唱力があるメンバーが多く担当するパートが多くはないですが、実力が向上中のメンバーです。末っ子であるためか、愛嬌が一番多くてキスと投げキスをよくします。しかし寮では、よく小言を言うため「母親のような末っ子」と呼ばれています。お腹が空いてベッドでお菓子を食べてシオンと目が合ったのですが「アリが来るからすぐに降りてきて食べなさい」と怒鳴られたおそうです。兄弟グループONEWEのドンミョンと二卵性双生児です。幼い頃の夢は医者、しかしディズニーのキャラクターが好きで、5歳の時はお姫様を夢見たそうです。メンバーの中で一番運動嫌いです。汗を流す全てのことが嫌いです。しかし腕立て伏せを30秒に32個、高難易度のピラティス姿勢を無理なくこなすほどの柔軟性と体力を持っています。ミュージカルが好きで俳優チョン・ソナの熱烈なファンで全ての作品を見たそうです。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-05-04 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄