Q.ボーイグループのTO1について教えてください(上)

답변게시판
A.
  • 上、左からジス、ジェユン、JEROME、チャン、ドンゴン、ギョンホ、下チフン、J.YOU、ウンギ、ミンス



TOO。今はTO1に名前を変えたStone Music Entertainment所属の10人組ボーイグループです.
3月28日に開かれたCJE&MのK-POPコンサート、KCONからグループ名変更を公式発表しました。
10人のメンバーを一つに団結しなければならないと思ったからでしょうか?

とにかく、改名されたグループ名TO1は「我々は一つに存在する(Together as 1)*」を意味します。

*改名前のグループ名TOOには「東洋の価値観を目指すオーケストラ」を意味し五行思想を通じてメンバーを配置しました。

2019年12月6日にデビューしたTO1メンバーは、Mnetのサバイバルオーディション番組『To be World Klass』で選抜されました。

サバイバルオーディション番組には20名の練習生が参加しました。進行や選抜方式、そして評価方法も従来のサバイバルオーディション番組とは異なります。

韓国ではなくアメリカのニューヨークとLAで ミッションが行われ、 ミュージックドラマのミッションも遂行しなければならなかったのです。

基準点数を超えれば生存し3回未満の場合は自動的に脱落する絶対評価方式を選びました。

最初のミッションは、20人の練習生がみんなで一緒にする団体ダンスです。先輩アイドル100人が点数をつけましたが、基準点数(700点)を超えなければ全員に罰点が与えられ幸いにも865点がつけられ全員が一次関門をパスしました。

LAで実施されたK-POP評価ミッションは4チームに分けて遂行しましたが、チョー・ヨンピルの「Bounce」を歌ったチームが基準点数70点を超えられませんでした。

ミュージックドラマのミッションは、主人公のパク・ミニョンを相手にした演技対決でした。30代半ばのパク・ミニョンは、ずいぶん年下のイケメンたちと楽しい時間を過ごしたでしょう。

グループ評価、チーム評価、 1対1の評価を経てデビュー評価は生放送で行われました。V LIVEの活動記録を通じて選ばれたフォロワーで構成されたワールドクラス委員会の審査と専門家の審査でそれぞれ3名ずつ事前に選抜し、残りの参加者を2チームに分けてポップソング1曲、新曲1曲を歌った後、リアルタイム投票で4名を選定しました。

ワールドクラス委員会でトップ3になった練習生は、J.YOUとチャン、ハンジュン、ミッション専門家累積審査のトップ3は、ウンギ、キョンホ、ドンゴンでした。そして生放送の審査で、ミンスとチフン、JERPME、ジスがデビュー組に選ばれました。放送終了後、ワールドクラス委員会TOP3だったハンジュンの無断離脱でデビュー組から外れ、その席をジェユンが埋めました。

2019年12月に結成されたTO1は翌年4月、1stミニアルバム『REASON FOR BEING:仁』を披露して活動を始めました。

TOO時代、グループの運営はn.CHマネジメントが担当しました。n.CHの主張によれば「7年間、n.CHがマネジメントと広報、CJE&Mがアルバム制作とマーケティングを担当する」ということです。しかし2021年にCJE&Mが突然、契約解除を要求し、n.CH側は一歩譲って2年間無償管理すると提案しましたが、これすらも黙殺されたそうです。

これに対しCJE&Mは「あくまでも契約書による契約終了でありTOOに対する専属契約はCJE&Mにある」と釘を刺しました。

その後、TOOはCJE&M音楽事業部門のStone Music所属に移りグループ名も変わりました。グループ名だけが変わったわけではありません。TOO時代のYouTubeの動画やTwitterの掲示物もすべて削除され2021年5月に発売されるアルバムを1集からカウントします。

TO1メンバーについては次回に紹介いたします。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-05-21 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄