Q.左利きも遺伝しますか?

답변게시판
A. 1936年、雑誌『朝光』に発表されたイ・ヒョソク(李孝石)の短編『ソバの花が咲く頃』を知らない韓国人はほとんどいないほど有名な作品です。

教科書に載っている上に試験問題でよく出題されるので誰でも一度は読むようになります。背景となる江原道(カンウォンド)平昌郡(ピョンチャングン)蓬坪面(ポンピョンミョン)は、この作品のおかげで生きてる言われるほどです。漫画、映画、ドラマにも制作されたので、本を読まなくてもストーリーは大体、分かります。

  • 映画『ソバの花が咲く頃』(1967)のワンシーン



話が出たついでに、あらすじを簡単に紹介しましょう。

一生を放浪者として過ごしたホ・センウォンは、財産も女性もなく裕福なものは、年老いたロバだけの老人です。偶然出会った若い行商人の子どもたちに会い市場に行く夜道を一緒に歩きます。2人の行商人は月明かりの下、ソバの花畑で話をします。ホ・センウォンは若い頃、水車小屋で縁を結んだ女性とのことを思い出し、トンイも自分の子供時代を聞かせてくれます。

トンイの話を聞けば聞くほど、ホ・センウォンは自分と似ている点が多いと惹かれます。すると、トンイがムチを左手に持っているのを見て、自分の息子だと確信しました。

『ソバの花が咲く頃』が有名なため韓国人の多くは左利きが遺伝すると信じられているようです。

左脳と右脳の機能分化によって生じるという機能説、環境要因という環境説などもありますが、左利きが遺伝するという主張にもっとも力が入っているのも事実です。

遺伝説を立証するための大規模調査も複数、施行されています。

イギリスでは7万人以上の子どもたちを対象に実施されたこともあります。
調査結果を見ると親が全員左利きである場合は子供が左利きである確率が26.1%、親の片方が左利きである場合は19.5%でした。親は両方、右利きなのに子供は左利きで生まれる確率が9.5%なので、親の遺伝子に影響を受けているのは確かなように見えます。

妊娠15週になった胎児100人を対象に超音波検査で調べてみる研究もあります。
胎児10人に9人が割合で右手の親指を頻繁に運かしており生後検証を行った結果、右手を頻繁にしゃぶっていた赤ちゃんは、右利きの確率が高かったということです。

世界の人々の10%くらいが左利きなので、かなり似ています。

しかし遺伝説は致命的な弱点があります。

一卵性双生児が問題となります。

一卵性双生児のうち2人とも左利きである確率は2人のうち1人だけが左利きである確率の1/5にもならないという事実が遺伝説を支持する学者たちの悩みの種です。これに対する明確な答えを出さない限り「左利きの遺伝」はただ仮説に終わるだけでしょう。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-05-31 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄