Q.スポーツスター出身の芸能人を紹介してください(3)

답변게시판
A. バスケットボールのコートを走り回っていた芸能人(上)

tvNドラマ『応答せよ1994』のヒロイン、ソン・ナジョンはバスケットボールに熱狂する女子学生です。当時、韓国の若者たちは誰もが3メートル5センチの高さのゴールポストにボールを入れる選手に熱狂しました。

井上雄彦の漫画『スラムダンク(Slam Dunk)』に夢中になって育った世代は、バスケットボールをウィンタースポーツの花にするのに躊躇しませんでした。

*韓国では図書出版デウォンが1992年に『週刊少年チャンプ』で連載を始め、2001年に完全版を出しました。当時は日本の大衆文化の開放前だったので地名と名前をすべて韓国式に変えました。原作の主人公桜木花道の韓国版の名前はカン・ベクホです。

今は過去の栄光をかみしめるだけです。バスケットボールが競争相手のバレーボールにウィンタースポーツ王座の座に譲って久しいです。2018年の場合、プロバスケットボールの視聴率が0.19%に落ちましたが、これは女子囲碁リーグの0.35%を大きく下回る数値です。今は囲碁はもちろんビリヤードにも押されている状態です。

このようにバスケットボールの人気が落ちたのは、さまざまな原因がありますが、一言で言ってバスケットボールにスターがいないのです。

シン・ドンパ(申東坡)、ホ・ジェ(許載)、イ・サンミン(李相敏)、ソ・ジャンフン(徐章勲)、ヒョン・ジュヨプ(玄周燁)、ハン・ギボム(韓基範)、ウ・ジウォン(禹智元)など名前だけ言えばバスケットボールと塀を作った人も分かるスターがいましたが、現在はただ一人見つけるのも難しいです。現役選手の中で最高の人気スター、キム・ソンヒョンですらバスケットボールのファンでなければ「誰?」と聞くほどです。2メートル21センチで韓国で最も背の高いハ・スンジン(河昇鎭)も、街で会った人の反応は「わあ、背が高い!」というだけです。

これだから、これからはソ・ジャンフンの後を継ぐバスケットボール選手出身の芸能人が出るのは難しいでしょう。

少しの間でもブラウン管で活動したことのあるバスケットボール選手出身**はコートを走り回る時、皆スターでした。

**ミュージカル『ジキル&ハイド』で主演を演じた俳優のシン・ソンロクは、高校時代までバスケットボール選手として活動していたが、負傷後は芸術高校に転校しました。

ハン・キボムは純粋に背が高いという理由でバスケットボール選手になったと言います。一時は大変すぎてバスケットボールをやめましたが、背の高い学生がいるという情報を入手した明知高(ミョンジゴ)が迎え入れ、その後中央(チュンアン)大学にスカウトされて韓国にも長身の高いセンターがいることを知らせました。2メートルを超える国家代表選手としては彼が初めてです。

タップダンクシュートをするなど実力もよく一時は背の高い人の代名詞でした。 178.8センチのアナウンサー、ユ・ヘヨンは「SBSのハン・ギボム」と呼ばれました。

https://www.youtube.com/watch?v=ypuK3peRwhA

選手生活に終止符を打った後、背の高い彼を虎視眈々と狙っていた放送局が連れていきました。2002年、SBSのシチュエーション・コメディ『レッツゴー』でキム・テヒと共にデビューし、その後数年間、映画やバラエティ番組、広告モデルとして旺盛な活動を見せてきました。 KBS『ギャグコンサート』に女装して特別出演したこともあります。

ハン・ギボムはソ・ジャンフン、ヒョン・ジュヨプ、ウ・ジウォンなどに放送の扉を開けてあげた先輩です。

「バスケットボール大統領」という修飾語までついたホ・ジェは、コートを離れてからバラエティ番組に出演し始めました。プロ球団監督を務めたので、イメージを崩す行動はしませんでした。バスケットボールと同じくらい釣りが好きで、チャンネルAの『都市漁師』に出演してメバルを釣った後「これがメバルだ!」と歓呼する姿を見せたりもしました。

『都市漁師』で共演したイ・ギョンギュは「魚が釣れない」とバラエティ風に怒りをぶちまける一方、ホ・ジェは本当に釣れなくて怒る対照的な姿が面白さを増しました。

ホ・ジェの2人の息子、ホ・ウンとホ・フンはいずれもプロバスケットボール選手です。

ホ・ジェは最近でも機会があれば放送出演を厭いません。地に落ちたバスケットボールの人気を蘇らせなければという使命感を感じるようです。次男のホ・フンが父親と一緒に出演するケースが多いです。しかし、2人の息子が運営するYouTubeの「コサムプジャ」チャンネルには一度も出演したことがありません。とても忙しいのでスケジュールを合わせるのが難しいそうです。

映画俳優のパク・チュンフンとは高校時代から親しかったため40年の付き合いです。高校時代、ホ・ジェは既に最高のバスケットボール選手でしたが、パク・チュンフンは遊びに夢中になった若干の問題児だったそうです。2021年、JTBCのバラエティ番組『集まれば打つ』にホ・ジェが監督を務め出演すると、パク・チュンフンが財布をはたいて飲み物茶を送ったこともあります。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-09-01 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄