Q.スポーツスター出身の芸能人を紹介してください(6)

답변게시판
A. ソ・ジャンフン

2メートルを超える男が顔に化粧をして女性の服を着た姿です。「どうして、あんな格好をしているんだろう」と言う人もいますが、おかしくてたまらないという人もいます。

一時は「国宝級センター」と呼ばれるバスケットボール選手のソ・ジャンフン(徐章勲)の話です。

現役時代、ソ・ジャンフンは韓国プロバスケットボール(KBL)を代表するスターでした。まだ彼が立てた最多得点(13,231点)、最多リバウンド(5,235個)は記録に残っています。あまりにも集中けん制を受けていたので、外郭へ回る時も多かったんですが、長身センターらしくなく3点シュートにも長けていて相手チームとしては気が狂いそうでした。それに学生時代には勉強までできたそうです。IQが140だというので運動選手としてはかなり高い方です。

現役を引退した後、番組のラブコールを受けてバラエティに飛び込みましたが、現役時代にも時々、番組に出演てました。

延世(ヨンセ)大学同窓生のパク・ジニョンと留学に行くかどうか、フリースローの賭けをしたんですが、運動場にソ・ジャンフンを見に来た女性ファンもいました。フリースロー対決で勝つのは当たり前でしたが、女性ファンが歓呼する姿を見て「僕のファンは妹しかいないと思ったのに…」と言って涙を流したそうです。巨体の体つきとは違って心弱いところもあったようです。このような感情が芸能人になるのに役立ったのでしょう。

引退後、6か月間にわたりぶらぶらしていたソ・ジャンフンを呼び出したのは、MBCのバラエティ番組『4男1女』のスタッフでした。

何もしないで暮らしても経済的に困らないのでしょうか?
ソ・ジャンフンは最高高額の選手生活をした上、財テクにも長けていて一生を遊んで暮らせるほど資産家です。2019年に弘大(ホンデ)繁華街にある建物を購入し、彼が保有している建物の価格はすでに400億ウォンを超えます。

放送局のラブコールに応じた理由は「週に1度でも固定的な仕事を持ったほうがいい」と思ったからだったそうです。放送をしながら、大衆の視線が温かくなったのを感じ放送に愛着を持つようになりました。

『4男1女』に出演中、プロバスケットボール球団の三星(サムスン)からコーチとして来いとオファーを受けましたが、視聴者は「行くな、『4男1女』をしなければならない」と引き止め、ソ・ジャンフンも「ストレス満点の指導者」より面白いバラエティに残る方を選びました。

  • 『4男1女』でチョン・ウンジの「人間枕」を自任したソ・ジャンフン。


『4男1女』でチョン・ウンジはソ・ジャンフンを枕にして熟睡したりもしました。目をつぶって寝たふりはしたものの、ソ・ジャンフンの緊張した表情がはっきりと見えました。

この番組の一人娘として出演したイ・ハニがソ・ジャンフンに尋ねました。
「ウンジが寄りかかってるから気分がいい?」
「こういうのために出てきたんだ」
ソ・ジャンフンの返事で車の中は笑いの渦に包まれました。

『4男1女』のおかげで『ラジオスター』、『パパ、どこ行くの?』、『世界を変えるクイズ~セバキ~』、『アニマルズ』、『舌戦』、『同床異夢』、そしてJTBCバラエティ『知り合いのお兄さん』に出演することになりました。

『知り合いのお兄さん』に出演して以来、ソ・ジャンフンは専業芸能人になりました。2018年には「百想芸術大賞」男子芸能賞を受賞したりもしました。

現在はMBCの『赤頬神仙遊び』のメインMCとして活躍していますが、カン・ホドンほどの影響力のあるタレントになれるかはまだ未知数です。

コメディアンのパク・ミョンスが怒鳴りつけるギャグをトレードにしているのに対しソ・ジャンフンは的を射た現実ギャグが得意です。バラエティ番組を出演する前、一生を勝負の世界で生きてきたため現実を直視するのが習慣になったようですが、これによって「ドリームブレイク」というニックネームが付けられました。

これに関するエピソードを1つ紹介します。『知り合いのお兄さん』にガールグループのGFRIENDが出演した時の話です。

イェリン:私は死ぬまで幸せになりたい。
ソ・ジャンフン:死ぬまで幸せなら躁病だよ。

ウナ:私は息子の意見を尊重する、友達のようなお母さんになるの。
ソ・ジャンフン:そうすると子供がぐれるよ。

シンビ:私は私の体を守るために剣道もやってボクシングもやる
ソ・ジャンフン:簡単にガス銃を持ち歩いたら。
シンビ:私の夢を踏みにじらないで!

がっしりした体格に似合わずソ・ジャンフンはきれい好きで過度な潔癖症です。冷蔵庫の食べ物は賞味期限によって順番に並べ外出して家に帰ると世の中のあらゆる汚れを洗い流すためにシャワーを1時間近く使うほどです。

突然の結婚で話題を集めたアナウンサーのオ・ジョンヨンと3年で別れることになった理由も潔癖症のためである可能性が高いという推測が多いです。ソ・ジャンフンと違い、オ・ジョンヨンはトイレで用を足すたびに水を流さず2~3回用を済ませた後、水を流したり3~4日に1回髪を洗って頭頂部から臭いがしたり、コーヒーミックスを買ってきてキムチの容器に全部入れて、ごはん用のスプーンでコーヒーを入れるなど大雑把な性格です。潔癖性の人は汚いと感じる可能性もあるでしょう。

性格の不一致で別れたものの、2人は今も連絡を取り合っている間柄だと言います。
そして離婚、別れはソ・ジャンフンならではの バラエティのアイテムとしても活用されています。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-09-15 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄