Q.整形手術をすると観相も変わりますか?

답변게시판
A. 人の運命を予測する方法はとても多いです。
観相、手相、占星術、タロットカード、特に道具はありませんが、周辺にある箸や木の枝で「六爻占術」を数えることもあります。

科学技術が発達すれば占い師も減るという予測は見事に外れた状態です。むしろ増えています。インターネット空間でも占い師たちの活躍はすごいです。

ここで問題になるのは観相です。
手の形や手の平に深く刻まれたシワを消すことはできないため手相を変えることは難しいのです。生まれた日時を変える方法がないので四柱推命や占星術もいつ見ても同じです。

しかし観相は違います。尖った顎も丸くすることができ鼻を高くして目も大きくすることができます。眉毛くらいはとても簡単に変えることができます。

ここで問いが出てきます。整形をすると観相が変わるのでしょうか?

また別の視点から問うなら鼻が低くてプライドが底をついていた人が整形手術をしたあとにプライドが天井まで上がるのかという問いです。

観相家たちは顔を直しても、すぐ運命が変わるわけではないと言います。
すぐに変わるわけではない。

「すぐ」に傍点がつけられます。

言い換えれば、整形手術でイメージも運勢も変わる可能性があるという意味です。
心の持ちようによってです。

気持ち、そうです。重要なのは自分の気持ちです。

観相を見る人々が金科玉條と考える言葉があります。

四柱 不如 観相、観相 不如 心相。

「四柱推命がいくら良くても観相には及ばず、観相がいくら良くても心相には及ばない」ということです。

ですから、どんな気持ちで整形手術をするようになったのか、手術後はどんな気持ちで生きていくのかが、とても重要になります。 (もちろん手術の結果がよくなければなりません)

整形手術を受けて鏡を見るのが怖くなくなったら、とりあえず成功です。
心相が変わる兆しを見せるからです。

しかし、いい気分で外出しましたが、「お前、手術したのか?そんなことで変わるの?」という言葉を聞いてすぐに家に帰ってきて泣き崩れてしまえば、すべて台無しです。心はすでに地獄の真ん中に落ちている状態なので整形手術を受けていない時よりも悪化しています。

観相家たちが四柱推命より観相を重視する理由があります。ハンサムやブサイクに関わらず、顔には彼が生きてきた人生の過程が表れているからです。

米国の南北戦争を勝利に導いたアブラハム・リンカーンは、このような理論に深く同調したようです。

大統領になった後、リンカーンはある人を推薦されましたが、その場で断りました。
秘書官が理由を聞くと、リンカーンの答えは少し意外でした。
あの人の顔が気に入らないです。
秘書官が反問しました。
「人の顔は親が作ってくれたものだから、顔に責任を問うのは相手を困らせませんか?」
「お腹の中から出てくる時は親が作った顔ですが、そのあとは自分が作っていくのが顔です。40歳を超えると誰もが自分の顔に責任を取らなければなりません」

整形手術も自分の顔に責任を負う方法かもしれません。ただし整形手術をしなくても心遣いだけで、観相を何でもないものにするでしょう。

整形手術で観相が変わることもありますが、福が訪れる観相やいい観相が消えていくことも心配しなければなりません。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-09-20 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄