Q.韓国のマンション騒音問題について教えてください(下)

답변게시판
A. ソウル、釜山(プサン)、大邱(テグ)、韓国の大都市のどこに行っても立ち並ぶ高層マンションを見ることができます。韓国人の大多数はアパート、連立住宅などの共同住宅で住んでいます。

広くない国土で住居問題を解決しようと高密度の都市開発をしたためでもありますが、1990年代末以降は高層マンションが住宅価格の上昇を主導しマンションに住むことをより好むようになりました。

さらに建設業者が施工の難易度と費用を減らすために壁式構造を採用したマンションは、壁全体が太鼓のように共鳴効果をもたらし騒音に弱いです。

マンション生活は一戸建てに比べて生活が楽で住宅価格も保障され売買も順調だという長所もありますが、隣人との隔離などの問題も生じました。 そのうちの1つが上下階の騒音問題です。

床の上で鳴るカサカサという音、押し入れの扉を開ける音、便器の水を流す音、掃除機を回す音、子供たちがボールを投げて遊ぶ音、上の階で鳴る音を一日中聞いていると思ってください。

人々が皆眠る夜、ボールペンが落ちる音まで聞こえたら悟りを開いた人ではない限り我慢しにくいでしょう。

それでも生きていく上でやむを得ず出す音は我慢することができます。

しかし、毎日お酒を飲んで帰ってきて怒鳴ったり歌を歌ったり、子供たちが一日中走り回って、つられて犬や猫まで鳴いて、習慣的にラジオを大きくして聞き、ピアノやバイオリン、セクソフォンを演奏したり、防音装置は全くない状態でホームトレーニング用の器具を設置して他の人が眠る頃にランニングマシンで走ったり、週末ごとにリビングの雰囲気を変えると言って朝から釘を打って家具をあっちこっちに持ち歩いていたら、これは聖人君子も堪えにくいはずです。

それで抗議しようと上の階に上がったら、もっと大変な目に遭うかもしれません。

「すみません、次から気をつけます」
素直に過ちを認めて騒音を減らそうと努力する人はほとんどいません。ご近所への配慮がある人なら、そもそも音を立てなかったでしょう。

「うちの音じゃない」
「自分の家なのに好きなように暮らせないのか」
「子供たちは家で遊び回ることもある、そんなことで怒ってるのか、ひどい人だな」

と言いながらドアをバタンと閉めてしまうと本当に気分が悪くなります。だからといって押しのけて進むと住居に侵入したと、あっという間に被害者から加害者に変わってしまいます。

マンションの警備や管理事務所の職員と一緒に行けば大丈夫ですが、問題は彼らのほとんどがどちらの味方になるか戦々恐々とし、結局「お互いよく話し合ってみてください」で終わってしまうということです。警察に通報しても同じです。

警察が一生懸命に調査に着手したとしても証拠を見つけることができますか? 警察が乗り出したらラジオの音を大きく流す行為はせず日常生活で起こる些細な騒音は、ほとんど法的基準値以下に測定されます。

だから性格が鋭敏で我慢できなかったと非難されて終わる可能性も高いです。だからこそ、いっそう気が狂いそうです。

韓国政府はマンション騒音については各自の問題だとして傍観し2013年の旧正月連休期間中に殺人事件と放火事件が発生したため慌てて対策を発表しました。

共同住宅管理法に上下階の騒音問題の防止に関する内容も追加しました。

共同住宅管理法 第20条
②上下階の騒音問題により被害を受けた入居者等は管理主体に上下階の騒音問題の発生事実を知らせ管理主体が上下階の騒音問題の被害を及ぼした該当入居者等に上下階の騒音問題の発生を中断、または遮音措置を勧告するよう要請できる。この場合においては管理主体は、事実関係の確認のため世帯内の確認等必要な調査を行うことができる。

③上下階の騒音問題の被害を及ぼした入居者等は、第2項の管理主体の措置及び勧告により上下階の騒音問題の発生を中断するなど協力しなければならない。

④管理主体の措置にもかかわらずマンション騒音の発生が続く場合は、マンション騒音の被害を受けた入居者等は第71条に基づく共同住宅管理紛争調停委員会や環境紛争調停法第4条に基づく環境紛争調停委員会に調停を申請することができる。

規定はありますが、実効性は全くありません。強制力が全くないからです。「自分の家ではない」と言い逃れれば調査を強制する手段がなく運よく騒音の震源地を見つけても勧告で終わるだけです。

裁判所はどう判断するでしょうか?
上下階の騒音問題で慰謝料をもらったという判例は、まだ聞いたことがありません。

上下階の騒音問題を起こした家に行って暴言を吐くなど過度に抗議して処罰を受けた判例はあります。裁判所は騒音の被害者に対し「過剰な抗議をする代わりに「電話やメールで抗議する」、「ゴム製のハンマーで天井をたたく」を使用するように」と勧告しました

マンションの騒音問題から逃れる確実な方法は引越しです。

だから騒音の被害者はため息ばかりつくのでしょう。
判事・検事の家族が経験すれば事情はよくなるでしょうか?
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-12-22 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄