Q.韓国では海外に移民をするのが一般的なんですか?

답변게시판
A.
これは…ほんとうに秘密なんですが。答えにくいのですが、とは言え、せっかく質問されたわけですので、答えなくてはならないでしょう。

秘密だと言いましたが、実はとても簡単なことです。もう我慢ができず、韓国にはこれ以上住めないというわけです。もう顔も見たくもない人があまりにも多く、「お前たちの顔を見なくてもすむようにしようじゃないか」と去って行ったのです。そういわれると、移民した人たちの中には見かけによらず、プライドがとりわけ強い人たちがかなり多いようです。周りは自分の価値を分かってくれず、かといって周りが見るにはまともにうまくこなせることもなく、これといって自慢するほどのものもなく、とにかく自分の存在を無視されることに我慢できないのでしょう。

移民した人たちの中に、昔は高位管理職に就いていた人や企業の幹部をつとめ、栄転により出て行った人たちもかなりいます。予備役将校たちもいたといいます。将軍様がオーストラリアで掃除夫をしているというのが事実なのかは確認されていませんが。「帰去來」という言葉は知ってますか?昔は官職をして故郷に帰ってきたという言葉ですが、してみれば、移民をする人たちは遠く外国に帰去來するわけですね。

移民に行く人のために、周辺では内心傷ついている人たちもいます。もしかしたら日本でも結婚式や葬儀場で封筒にお金を入れ扶助する習慣はありますか?扶助金というものが本当にたいへんなんですよ。最も需要の多い時期、結婚式はもちろんのこと喪に服すこともあるときは連続しますね。まあ、扶助金を出すピークは他にもありますが、このようなときは「私はいない」と叫びたい気分にもなります。財布がかんぜんに枯れてしまいます。

ある友達が息子・娘の4人を膝下に置いたんですが、職場に通いながら、そうですね、1年間に子供らを全員嫁と婿に出したんです。その友達を祝ってやろうと、四半期ごとに同窓会を開くほどでした。ところが、あろうことか、末っ子を結婚させたらこっそり会社を辞めたんですよ(追い出されたという噂もありましたが、確認してみた人はいません)。「会社を辞める前に急いで子供らを結婚させたな」。そこまでは、それでもみんな理解してなんとか納得しました。ところがなんですよ、誰かが結婚式があるので招待状を送ったら、送り返されてきたんですよ。調べて見ると、この友達がオーストラリアかどこかに移民してしまったんですね。どこか外国の住んでいる所を確認し招待状を送れば、扶助金を出そうと飛行機に乗って来ますかね?

それでも最近は昔より移民する人はそれほど多くありません。フィリピンかどこかには韓国人たちがうようよしているけれど、移民で行った人はそれほどではなく、事業に失敗して逃げて来た人たちだという話を聞いたことがあります。不法在留者たちではないか心配になりますね。フィリピンで日本の人に出会うことがあるのだが、その人もやはり?いやいや、日本人は借金を踏み倒して逃げたりしないでしょう。そうでしょう?間違ってませんか?

韓国も今は住むに値するようになりましたが、1970年以前はとても貧しかったんですよ。隣近所の情は今よりはるかに深くて、生活の臭いが懐かしく、昔の方が暮らしやすかったという老人たちもいらっしゃいますが、そのときは本当に食べていくため、子供たちにもっとましな生活を送らせるために韓国を離れる人たちが多かったんです。韓国戦争前は北朝鮮に暮らしたが南に降りてきた高齢者は、子供たちが移民してしまうととてもさびしく過ごしていらっしゃるそうです。高齢者の子供たちが移民する時期が1970年代初めだというので、これらの方達は故郷を去ってから寂しい生活をしていたんだな、こんな思いが自然にでますね。

韓国の移民の歴史を振り返りつつ過去に遡ると,とても胸が痛くて文字にすることが難しいのです。このへんで回答を終わりたいと思います。
  • Lim, Chul /写真_Photopark.com
  • 入力 2014-05-12 12:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄