Q.韓国の芸能人の数はどれくらいで、平均で収入はいくらくらいあるのですか?

답변게시판
A.
韓国に芸能人が何人いるのか?正解は誰も知りません。今この瞬間にも新しいスターが誕生したり、悲運な芸能人がいるわけですから。

刻々と数字が変わるのも問題ですが、特定の時点を基準にしても、確信の持てる数字はどこにも見つけることができません。芸能人どころか、芸能企画会社の数も正確に把握できていないのが韓国の現実だからです。

関連団体もありますが、すべてが会員として登録していません。韓国歌手協会の会員は600人を少し超えますが、歌謡界の中心であるアイドルグループのメンバーの名前はほとんど見つかりません。 映画俳優協会の会員は520人程度です。モデル協会は、事情が少し違うのですが、韓国モデル協会の会員は200人に満たないのですが、アジアモデル協会に登録した会員は、3700人にもなります。

さらに、歌手や俳優、芸人と呼ばれる芸能人を区別することも難しいのが実情です。歌手、俳優、芸能を兼業する人が結構いるからです。ここに美貌のアナウンサーたちもバラエティ番組や俳優、歌手として活躍するので芸能人がどれほどいるのかはただの当て推量になります。

韓国放送演技者組合は、5つの支部があり、組合員の数を見ると、タレント2084人、コメディアン660人、声優635人、武術演技者303人、演劇人353人などになります。 4000人強の人々が現役で熱心に活動しているアーティストだと見ても過言ではないようです。

芸能人は歌、ダンス、演技、漫才、マジックなどで生計を立てる人々です。誰も知っている人がいなくても、ヒット曲一つなく、ナイトクラブで他人の歌を歌っても、大人のための動画を撮る俳優でも芸能人の隊列からそれらを除外することはできません。

ここで副業(Two Job)を持っている芸能人を含めると、その数はものすごくなります。実際に演劇俳優やコメディアンの中には生活のためにタクシーの運転手や宅配便の仕事をする人が結構います。この人たちから「俳優」や 「歌手」という呼称さえ奪ってしまったら、あまりにも残酷ではないでしょうか。

韓国の国税庁が2012年の芸能人の事業所得申告内訳を明らかにしたことがありますが、当時の収入を申告した芸能人は、歌手4,19人、俳優は1万4716人、モデル6,918名です。歌手よりモデルがはるかに多いのはファッションモデルだけでなく、レーシングモデル、フィッティングモデルなどが含まれたためでしょう。

某テレビ番組で行う「スーパースターK」と呼ばれる番組のオーディション希望者が200万人に達するため、芸能人志望者が100万人を超えるということは現在、韓国で定説として固まった状態です。だから志望者の1%が芸能界に新たに参入するとしても、毎年芸能人が1万人ずつ増えている計算が出ます。

もちろん、それだけ芸能界から脱落するでしょうから、このような推定で芸能界従事者数を計ることは困難です。ただし、前に出てきたさまざまな資料をもとに試算すると、約17万人程度ではないかと思います。国税庁が税務資料として計算した数値と似ていますが、申告するだけの収入がない芸能人が多いでしょうから、これも不確実なのは同じです。

とにかく多くの人々が芸能人になることを夢見ているので芸能人がそれだけ華麗に見えるようです。一度人気が出れば?スターになったら?一夜にして、王子様やお姫様に変身することができますよね。

しかしスターは芸能人の1%に過ぎません。頂上に上がることが最も難しいところが芸能界です。

先に紹介した国税庁の資料を引用すると、事業所得を申告した芸能人の中で歌手の年平均所得は4,480万円、俳優は3,710万ウォン、モデルは940万ウォンです。モデルは、生計を脅かされるレベルであり、歌手や俳優は大企業社員のレベルですね。しかし、これはあくまでも平均です。あまりにも多くのお金を稼ぐ歌手と俳優がいるので、所得の下位圏にいる芸能人は食をつなぐことも困難です。

スター独食。これが韓国芸能界の現実です。スターとして認められればお金は自然についてきます。芸能界に出回る話を聞かせてあげましょう。

韓流スターで有名な某氏が20部作ミニシリーズに出演料1億ウォンで契約して熱演を繰り広げます。ドラマが人気を集めたおかげで、韓国や中国などでモデルの提案が入ってきて10本くらい撮影します。 CF出演料は平均10億ウォン、そして海外放送とファンミーティングに一回当たり3億〜5億ウォンをもらって出演します。少なめにとって10回程度行うと、最低でも30億ウォン。彼はドラマ出演を前後、6ヶ月余りの間に簡単に150億ウォンほど稼ぎます。もちろん、企画会社とエージェントと共有しなければいけないでしょうが、しばらくは何もしなくても余暇を楽しむことができます。

これは決して架空の話ではありません。実際に「星から来たあなた」で、中国で旋風的な人気を呼んだキム・スヒョンは、中国江蘇衛星TVの芸能番組に出演し、5億ウォンを受け取りました。イ・ミンホも芸能プログラム出演料が5億円になります。中国で韓流スターの価格はドラマ出演料が1億〜2億円、CF出演料が20億ウォンに達します。

韓国ドラマの出演料が最も高かった俳優は、日本の女性の愛を受けたペ・ヨンジュンですね。 2007年に放映されたMBC太王四神記に出演したペ・ヨンジュンは、一回当たり2億5000万ウォンずつ50億ウォンを受け取りました。総製作費が430億ウォンだったとしたら、ペ・ヨンジュンが製作費の11.6%を持っていったわけですね。他にパク・シニャンが、同じ時期SBSの「銭の戦争」の番外編4回の出演料として一回当たり1億5500万ウォン、コ・ヒョンジョンが2010年に放映されたSBSの「テムル」の出演料として5500万ウォンを受け取りました。

最近の傾向として、スターたちは一回当たり5000万ウォン以上の出演料を受けるのですが、韓流スターとして認められている演技者は1億ウォンはなければキャスティングすることができません。成人映画に出演する男優たちが一日30万ウォン、女優が一日70万円程度の日当を受けるのですから、本当に比較される人生ですね。

放送局が策定したドラマの制作費はせいぜい3億5000万ウォンが最大値ですので、男女主人公を韓流スターに使ったら半分以上がこれらの出演料で消えてしまいます。これは、名前のない端役俳優たちとスタッフたちの収入を奪う原因になります。

国会に提出されたKBS出演料支給の現況を見ると、上位5%が出演料の60%を持っていくと表示されます。バラエティ番組でも同じです。映画ではスターたちの出演料が6億ウォンを越えますが、市場が狭い韓国では制作費が30億〜40億ウォン程度なので主演俳優の分け前がほぼ20%に迫ります。出演料を減らすためにランニングギャランティーを与える場合が多くなっているものの製作者に負担を与えることは事実です。

ミュージカルの事情も同じようなものです。観客を集めるために出演依頼したアイドルスターには一回当たり700万〜1000万ウォンを支給しますが、合唱俳優は1回あたり3万〜4万ウォンを受けたり月50万ウォン、作品が失敗して途中で中断したらそれすら踏み倒されることが常だそうです。

このような事情であるにも関わらず、芸能界に進出するために顔を修整し演技や歌のレッスンにお金を捧げているのを見ると、スターへの夢は止めることができないようです。
  • Lim, Chul / 写真_国税庁提供
  • 入力 2014-07-15 17:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄