Q.現役軍人が性転換をしたらどうなりますか?

답변게시판
A. 2020年初め、今まで韓国で前例のないことが起きました。事件と言えば事件です。
男性から女性へと性転換した学生が、名門私立大学の1つである淑明(スクミョン)女子大学の法学部に合格し、キガプヨ団で戦車の操縦手として服務していた下士官が性転換手術を受けた後、女性兵士として服務を続けるよう請願しました。

学校当局も軍当局も前例のないことなので、かなり戸惑ったでしょう。

淑明女子大学に志願した22歳のトランス女性は、タイで性転換手術を受け、大学修学能力試験(日本のセンター試験に該当)が処理される1か月前、裁判所で性別訂正の許可を受けました。大学修学能力試験の受付時点では、住民登録番号の後ろの数字が男性を指す「1」で始まるため、スカートをはいた彼に「服をちょっと無難に着てきてほしい」と伝え、試験も男子学生と一緒に受けたそうです。

彼は合格通知を受け、社会で抑圧されている少数者たちに法的支援を行う勉強をするようになったと喜びましたが、在学生と同門たちの考えは違いました。

「生半可な嫌悪を止めよう」、「同じように一生懸命勉強して合格した方だから尊重してあげよう」、「女性なのになぜ抗議するのか、祝ってあげよう」という意見もありましたが、強硬な嫌悪発言に埋もれてしまいました。

漫画家のイ・ジャヘはこの事件を戯画化した絵を自分のインスタグラムに載せました。
https://www.instagram.com/p/B8S_45knGxj/?utm_source=ig_web_copy_link

結局、淑明女子大学の入学をあきらめてしまいました。

世界初の女子大学であるマウントホリヨーク大学(Mount Holyoke College)が2014年から性別の訂正や性転換手術を受けていないトランス女性の入学を許可し、日本初の女子大学であるお茶の水大学が2018年から同様の措置を取っていますが、韓国社会ではまだそのような準備ができていないわけです。

トランス女性の淑明女子大学の合格は学生が退いて終わりましたが、同じ時期に起きたピョン・ヒス下士官は、まだ現在進行形です。

幼い時から彼の夢は軍人でした。家から遠く離れた全羅南道(チョンラナムド)長城(チャンソン)の下士官特性化高校に進学するほどでした。しかし彼には人に言えない悩みがありました。性別違和(gender dysphoria)でうつ病がひどくなり、首都病院の精神科診療を通じて性別の訂正過程を経ることに決めたそうです。

所属部隊長は彼の決定を支持して応援してくれました。2019年に大隊で唯一戦車操縦Aの成績を受けるなど模範的な軍人の姿を見せて、部隊で手術をしろと国外休暇まで承認してくれました。

性別だけでなく、大韓民国の軍人になりたいというその熱望を支持したのです。

性転換手術を終えた後、彼は軍に残ることを望んでいましたが、軍はそのような希望を挫いてしまいました。義務調査で亀頭部喪失、睾丸欠損で心身障害3級という判定を下し、除隊審査委員会に付託されて強制除隊措置を受けました。

2020年2月、男性から女性へ性別を訂正したピョン・ヒス下士官は、現在、軍に請願を準備中であり、これも受け入れられなければ、陸軍参謀総長を相手に除隊処分取消訴訟を起こす予定*だそうです。

*最高裁判所でも服務を続けられないと判決すれば、女性兵士として再び入隊する考えもあると明らかにしましたが、現行法上、再入隊は難しいと見られます。女性から男性に性転換した人も、現行の兵役法では入隊が不可能です。

ピョン・ヒス下士官が軍に残るかどうかは、結局、裁判所で判断されるでしょう。大韓民国の保守集団の1つである軍が前例のないこの件を裁判所に転嫁しているという観測が支配的でもあります。

実際、軍がピョン・ヒス下士官に服務を許すことは容易ではなかったはずです。

彼が記者会見を開き、軍人として残るように訴えた時も、コメントでは非難が寄せられました。世論も彼の味方ではありませんでした。韓国ギャラップの調査では、服務手続きを賛成した回答者は33%ですが、反対票が58%で過半数を超えました。地域、性別、年齢別を問わず反対が圧倒しました。

このような世論をくぐって、ピョン·ヒス氏が軍に戻る日が来るでしょうか?
軍人権センターは法廷闘争を最後まで支援すると乗り出しましたが、期待を抱くことは難しいです。

裁判所だからといって世論の批判を楽しむはずがないはずだからです。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-06-01 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄