Q.韓国では専業主夫のことを、どう見ていますか?

답변게시판
A.
上の表は27か国の成人男女18,800人を対象に行った調査結果です。
「家で一日中、子供の面倒を見るお父さんをルーザー(敗北者)と見るか」に対する認識調査です。

ご覧の通り、圧倒的な票差で韓国が1位を占めました。
2位のインドに比べても、ほぼ2倍です。

専業主夫に対する認識は一番低いですが、韓国でも専業主夫が増えていることは明らかです。経済活動をしている男性のうち、16万人ほどが自分の職業を「子供の養育と家事」と答えた統計もあります。

男性が家事を専担することをあまり悪く思わないオーストラリアなどに移住した韓国人夫婦の中では男性が専業主夫に変身する事例が多いそうです。

専業主夫を見る視線の中に軽蔑の思いが消えれば、数も増えるでしょう。 実際に行った調査で、ほぼ60%に達する男子学生が結婚後、職場の代わりに専業主夫をする意向があると回答しました。2011年に就職ポータルサイト「インクルト(INCRUIT)」が大学生439人を対象に調査したが、自分を嘲笑する視線が怖いという感想を書いた。

専業主夫を募集しているというビルのオーナーの娘に志願書を送った男性もいます。

専業主夫を募集している、この女性の理想のタイプは、つつましく内助が上手で料理も上手な専業主夫の男性だといいます。

結婚すれば自分の家で暮らすことになりそうなので、夫になる人はただ身体だけ来ればいいと書いています。

専業主夫に志願した1人は、日本のワーキングホリデーに行って自炊した経験、そしてコンビニや映画館、デパートなどに行って身につけた顧客マインドで内助をするというコメントを残しました。

幼児教育科に通っています。休学した後は海軍に入隊しました。将校当番をやっていて調理兵生活をして洗濯ができる腹筋を持っていると紹介しました。自分は家にいるのが好きなので、一日中洗濯して、掃除して、料理するという抱負を掲げています。

この女性が誰を夫候補として選びでしょうか?
専業主夫を新郎として迎えることができるでしょうか?

事業をしているという父親とビルを何軒も持っている母親が判事、検事、医者、きちんとした事業家ではなく家事が得意な婿を選ぶのか、それが第一関門でしょう。

年配の人ほど専業主夫に対する視線が冷たいからです。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-06-11 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄