Q.なぜライオンはキリンより長く寝ますか?

답변게시판
A. こんな想像をしてみてください。
ライオンが寝ずに、夜も昼も草原をぶらついている姿です。

インパラやガゼルなどの小さな草食動物は、逃げ回るために十分に草も食べられず、キリンや水牛などの体の大きい動物も、ライオンの顔色をうかがいながら食べるので、まともに食べられません。動物が草を食べられないので、草原の草は天高く成長するでしょう。

身を隠すのはいいかもしれませんが、餌を追っているうちに草につまずいて転ぶかもしれません。
長時間、起きているからといって、狩りにただ有利なわけではないでしょう。
餌が見える度に狩りをしてもしょうがないです。肉を保存する冷蔵庫もないからです。

お腹いっぱいのライオンは狩りをせずにごろごろしたり寝たりします。
草食動物は思いっきり草を食べられます。
ライオンの眠りは草原の草があまりにも生い茂るのを防いでくれます。

ワニを食べているライオンの群れ、食事を終えた後は寝床に入ったりぶらぶらしたりする。

一般的に肉食動物は長く眠り草食動物は短く寝ますが、睡眠は生態系のバランスを支える役割もします。

人間のような雑食動物が寝る時間は中間くらいです。

横になるだけで背負って行っても分からないほど熟睡する人もいますけど、動物はあまり深い眠りにつきません。家で飼っている犬や猫を観察すれば分かりますが、安眠する時間はそれほど長くありません。

熟睡中はしっかり目を閉じて、いびきまでくことがありますが、睡眠時間のほとんどは目を半分開いたり、内まぶたを閉じて浅い眠りに入り、周囲で何かが通り過ぎただけでも起きます。

寝ている間に狩りに遭わない本能です。
(人間は弾丸が降り注ぐ戦場でも眠れます)

動物の睡眠は遺伝因子と環境によって異なります。ナマケモノを例に挙げると動物園では1日16時間寝ますが、野生での平均睡眠時間は9.6時間で半分程度しかありません。

哺乳類の平均時間を調べてみます。

小さなポケットネズミは1日20時間以上寝て、馬は2.9時間、牛は4時間、ゾウは3時間、シマウマは4.5時間、ウサギは8.4時間、チンパンジーは9.7時間、アカギツネは9.8時間、犬は10.1時間、猫は12.5時間、ライオンは13.5時間、キリンは2時間、ムササビは15時間、アルマジロは18.1時間、茶色のコウモリは19.9時間を睡眠状態で過ごします。

ポケットネズミをはじめ雑食性の齧歯類の寝る時間はかなり長いですけど、一度に数時間寝るのではなく、数分ずつ「寝る、目覚める」を繰り返します。 長く寝ていたらどんなひどい目に遭うか心配でしょう。

睡眠時間が短いと有名なキリン

群れをなして生活するゾウが、ライオンに捕らえられて食べる危険は大きくないのですが、その大きな図体を維持しようと何か食べているうちに、目覚めている時間は長いです。キリンの場合も動物園では2時間くらい寝ますが、野生ではたった30分くらい寝るだけです。いつも「僕ここにいる」と首を伸ばして立っているため、不安で仕方ないでしょう。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-06-16 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄