Q.韓国でチップはどれくらいが適当ですか?

답변게시판
A. 海外旅行に行く時にそれとなく気になることがあります。
チップはいくら渡せばいいのでしょう?

たくさんあげるとお金が惜しいだけでなく、軽く見られる気がします。少なく渡したら何も知らない人扱いされるのが心配になるでしょう。

各種のコミュニティサイトにどの国へ旅行に行くが、ホテルのチップはどの程度渡すべきか、タクシーを呼んだ時はチップを必ず渡すべきか、マッサージを受けた後、どの程度のチップを渡せばいいか、レストランで食事をした後、勘定に何%を上乗せしなければならないか…。

現地に住む親戚に聞いても、答えが出ない時もあるので困ります。
「行ったことないから分からない。ここに住んでいるからホテルに行かなくていい」

この様に素敵なところでマッサージを受けてからは、かなり多くのチップを渡さなければならないという気がします。

韓国に旅行に来た時はチップをいくらあげればいいですか?
ホテルに泊まった時はハウスキーパーや掃除する人、そしてレストランにチップを渡す気もするし、タクシーに乗った時はどのくらいチップを渡すのがいいか…。.

多分この点が気になる外国人もいるでしょう。

基本はあげなくていいです。
ホテルのほかにはチップの習慣はないのですが、ホテルにも支払う時はサービス料が含まれるので渡す必要がないのです。

サービス料を領収証に載せない外国の場合、チップは低賃金労働者の生計手段ですが、領収証にサービス料が含まれているなら渡す必要がありません。

チップが日常化しているアメリカでも、特級ホテルでチップを払う必要がないと考える人が意外と多いそうです。特級ホテルの場合、従業員が食べていけると思うからだと思います。

韓国のほとんどのホテルは最初から「チップを断る」と公式的に言っています。
しかし、ベルボーイ、ハウスキーパー、ポーターにチップを渡したら?
分かりませんが、もらう人がかなり多いはずです。

ついもらってしまったり、もらわないと申し訳ないと思うような気もするため、もらうのです。

考えて特急ホテルで料金の10パーセントをサービス料として受け取ること自体がおかしいです。
3人で10万ウォンの食事をすると3万ウォンのチップを強要されるわけですから、顧客にとっては渡したくもないのに払わされるなんて、少し悔しい気もします。

韓国の特級ホテルで料金に10%のサービス料を上乗せし始めたのは40年前にさかのぼります。関係当局でお客さんにチップを強要する副作用を防ぐという趣旨で「奉仕料10%」の規定を作りました。だからと言って法的根拠があるわけでもありません。

領収証を見て、私がサービスを受けたのがあまりなく、奉仕料を払えないと言い張ると何が起こりますか?
奉仕料をまけてくれます。10%のサービス料が削られるとその分付加価値税も減りますので、計算してみると10%以上割引されるわけです。

初めてのホテル、二度と行かないホテルなら、奉仕料を割引してほしいと言い張ってもいいですが、頻繁に訪ねていながら、このようなことをしたら、従業員はあまり喜ばないでしょう。

だから韓国のホテルに泊まる時、チップを払う必要がないということです。
ただ、ベルボーイやポーターなど、きつい仕事をする低賃金労働者のためには、少しでも渡すほうが見栄えはいいでしょう。

ホテルを離れるとチップを要求されたり期待されるところは、あまりありません。

チップを受け取るところを紹介すると、日本料理店やカルビ店くらいです。日本料理店で包丁を持った料理長にチップを渡すと、チップ以上の付加価値を得ることができます。食事が終わるまで肉を焼いて奉仕する従業員がいる高級レストランでも、チップは日常化されています。どの程度あげればいいかですか?
気の向くままに渡せばいいです。1万ウォンくらい。一緒に食べた人が多かったり、食事時間が長くかかったりする場合、もう少しあげることができます。

タクシーの場合は少し例外ですが、運転手さんがお客さんの話し相手になってくれて、かなり遠い距離を走った時はお釣りを受け取らないことがよくあります。だからといって、お釣りで100ウォン玉1つまで持っていくお客さんを責める運転手はいません。
韓国のチップ文化を要約すると、「チップがありません」

あ、そういえば例外があります。
風俗店です。
店の入り口に「チップO万ウォン」と書いてありますが、それは最低限の金額で、きちんともてなされて遊ぶにはかなりの大金をチップを渡さなければなりません。

マッサージ専門の床屋、マッサージ店、マッサージ業者ではチップを渡すお客さんがかなりいます。
チップを渡さないと言って責められることはありませんが、サービスの質が少し変わるでしょう。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-06-24 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄