Q.ドラマ「愛の不時着」のロケ地を紹介してください

답변게시판
A.
トルネードに乗って別世界に飛んだドロシーのように
一人の女性が突風に乗って一人の男の世界に飛び込みます。

風に乗って行ったドロシーがオズの魔法使いに出会ったように、パラグライダーをして突風に巻き込まれたファッション会社の社長である財閥2世の女性は、北朝鮮の特級将校に出会います。
世界187カ国をビザなしに行けない最も近い国、平壌(ピョンヤン)の清潭洞(チョンダムドン)という黎明(リョミョン)通りのデパートの風景、平壌冷麺(ネンミョン)やスケトウダラのシッケ(食醢)、貝のプルコギなど、耳慣れない北朝鮮の食べ物。同じようで違う彼らのささやかな日常が知りたかったのに、運命が連れて行ってくれたところで彼女を隠し守ってくれる愛に出会う。

スタッフの企画の意図通りなら、そこで撮影できたら良かったでしょう。

でもそうできない状況だって、ご存知ですよね?

ケーブルチャンネルtvNで去年12月14日から放送された16部作『愛の不時着』は主にソウル、そしてソウル近郊で撮影されました。北朝鮮の人々が生きる姿に対する考証がよくできているだけでなく、北朝鮮で撮ったとしても信じるほどの感じを与えているため、撮影地を物色した人が誰なのか本当にすごいと思います。

主人公のヒョンビン(リ・ジョンヒョク役)とソン・イェジン(ユン・セリ役)が牽牛と織姫が橋で出会うように互いを切実な目で見守るスイスは除いて、韓国内の撮影地だけを紹介します。

韓国の撮影地を順番なしに紹介すると、大体こうです。

安眠島(アンミョンド)の北朝鮮軍社宅村のセット場、西帰浦(ソグィポ)癒しの森、アクレド清潭、BAUN7、BBQチキン梨花(イファ)大店、BBQチキン一山(イルサン)湖公園店、漢灘江(ハンタンガン)ハヌルダリ、新済物浦(シンチェムルポ)倶楽部スタジオ、ヨンリムホームアンドリビング仁川(インチョン)ギャラリー、仁川永宗島(ヨンジョンド)仙女岩海辺、ビョルマロ天文台、ピネ島、弾琴湖(タングムホ)の虹島、忠州(チュンジュ)中央塔史跡公園 、神秘の道路*潭陽(タミャン)レイナCC、コモドホテル釜山(プサン)。

ピネ島と弾琴湖は忠州にあり、ソウルを除けば済州(チェジュ)と忠州が主なロケ地といえます。秋にはピネ島のすすき畑が見物です。

* 済州市と西帰浦市を結ぶ標高1100メートルの高地を通過する済州地方道1139号線上にある100メートルの区間です。実際には、上り坂に見える方が傾斜3度程度の下り坂ですが、周辺地形のため下り坂で錯視現象を起こし、「鬼道」や「妖術道」と呼ばれています。

漢灘江ハヌルダリから始まった撮影が付岩洞(プアムドン)7番地、アクレド清潭、ウルフガンステーキハウス、仙女岩海水浴場(仁川)、新済物浦倶楽部、モダ百貨店(富平プピョン)、エムコヘリッツ、上洞(サンドン)湖水公園、利川(イチョン)雪峰公園、ビョルマロ天文台、弾琴湖国際漕艇競技場、ピネ島へと続くものです。

遠くはありませんが、かなり多くの所を行き来しながら撮ったということです。ソン・イェジンが過労で病院まで行くほどだったという話が、ただの話ではないという事実を地図でも簡単に確認できます。

漢灘江ハヌル橋は京畿道抱川(ポチョン)にあり、橋を中心にして歩くのが好きな方なら一度は行ってみる価値のある場所です。

漢灘江峡谷を横切る高さ50メートル、長さ200メートルの橋は左右の景色を眺めながら歩くのにとても良いです。それほど長くもないです。その気にさえなれば簡単に行けるところなのに、決心するのが簡単ではないです。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-07-20 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄