Q.妊娠順番制というのが本当にあるんですか?

답변게시판
A. 2017年、こういう映画が公開されたことがあります。
『私の番』というタイトルの映画です。

主人公のヒョンジョン(チュ・ガヨン)は順番から外れて妊娠します。順番を迎えた看護師に妊娠したと伝えますが、ヒョンジョンは家でも病院でも頭さえまともに上げられずに過ごします。

自分の番を逃した看護師は、今回が過ぎたら自分は子どもを持てなくなるかもしれないという不安に駆られます。

ヒョンジョンは自然に流産することを望みます。焼酎を飲み、自転車に乗って車道を思いっきり疾走し、体力消耗の多い業務を自ら行います。病院で唯一の妊婦看護師は、自分が仲間外れにされていることに気づき、ヒョンジョンに問い詰めます。
「あなたのせいで私まで、周りに気を使ってしまうわ」

映画『私の番』が描いた通り、韓国の看護師たちが妊娠すらできない状態ですか?

白衣の天使たちは、それも思い通りにできないということですか?

こんな疑問が自然と浮かぶかもしれませんが、現実はそうです。

妊娠順番制のある職場は、職員のほとんどが女性の看護師や保育園、または幼稚園の先生方です。ソウルのある国公立保育園では、2人の教師が同時に妊娠すると院長が結婚した別の教師を呼び「あなたも今年そんなことをしてはいけない」と引き止めたそうです。

妊娠順番制という言葉で一番先に思い浮かぶ職業は断然看護師です。

理由は人材が足りないからです。
韓国の人材が不足しているなんて、本当に不思議なことです。

なぜなら、韓国のあちこちに看護大学があるからです。ソウルだけでも看護学科がある大学が12校もあって、全国的に100校を超えます。看護専門大学84校も4年制大学に昇格したので、看護大学の数は非常に多いわけです。

看護大学が多い分、看護師の輩出人数も少なくありません。2018年に看護師国家試験を通過した看護師が19,000人を超えます。それでも看護師が不足しているという話は絶えません。

看護師の平均月給は総合病院250万~300万ウォン、大学病院300万~350万ウォン、企業病院350万~400万ウォン。大学を卒業したばかりの年齢に比べて報酬が少なくありませんが、業務量が多く勤務環境は劣悪極まりないです。

病院では十分な数だけ採用していない上に、テウム(新造語辞典参照)に代表される過酷な勤務条件に昼夜に随時変わる生活パターン、こういったものに耐え切れず転職する看護師が非常に多いのです。旧正月や秋夕(チュソク)などの名節も忘れて暮らさなければなりません。それで5年以上堪える看護師が2%しかないという資料まで出たのです。

看護師の業務がそんなに大変ですかって?
看護師がよくかかる病気,たとえば職業病に目を通すと簡単に分かります。
胃炎、膀胱炎、下肢静脈瘤。決められた時間にご飯を食べられず、トイレに行く機会がなくて我慢しなければならないし、立って仕事をしたため生じた病気です。

こんな理由で去る人は去り、残った人力どうしでもっと大変に働いているうちに、妊娠さえ順番を決めるようになってしまったのです。妊娠順番制は看護師にだけ該当することではありません。女性専攻医(インターン、レジデント)も同じです。

国家人権委員会が全国12の病院を対象に調査した結果、女性専攻医の71.4%が「希望する時期に妊娠できない」と答えました。看護師と看護助務士の39.5%よりはるかに高い数値です。
.
現在のような人材構造が続けば、国家人権委員会が悪習に当たるので、いくら制度を改めるように薦めても妊娠の順番を決めることを完全になくすことは難しそうです。

医療報酬問題をはじめ医療システム全般にわたる手術が必要ですが、誰が声を上げることができるでしょうか?
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-08-26 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄