Q.アザを治すのに、卵は効果がありますか?

답변게시판
A. 昔、ドラマや映画を見ると「薬屋の甘草」のようにたまに登場する場面があります。
性格が天然な女性が問題を起こしたので、夫に一発殴られ卵で顔をこするシーンです。

怒りのあまり拳を振り回した夫はすまない気持ちもありますし、アザのできた妻の顔を見てかわいそうでもあるので、卵を買ってきて握らせてくれたりします。

妻を殴るなんて、最近のドラマでは想像すらできないシーンです。最近は男性が殴られないことが幸いだと感じます。余談ですが、男性が殴られる理由を知っているでしょうか?

30代 – 決心をして妻にご飯をくれと言って殴られる。
40代 – ラーメンを作ってほしいと言って殴られる。
50代 – 外出する妻にどこに行くのかと聞いて殴られる。
60代 – 外出して、いつ帰ってくるのかと聞いて殴られる。口答えするとひどく殴られる。
70代 – 外出する妻に聞くことはできず見ていて殴られる。妻が外出しない場合は家にばかりいると言われて殴られる。
80代 – 朝、目覚めて殴られる。
ネット上にこのコメントが掲載されたことがありますが、誰かが「私は今日は殴られていないという理由で、主に殴られる」というコメントを残した。

とにかく、卵はアザを消すのに役に立つのでしょうか?
実は、筆者も気になります。

インターネットで調べれば効果があるという内容もあり、効果がないだけでなく、ややもするとアザが広がって長引くという忠告もあります。肯定と否定がほぼ半々の頻度で現れます。
幸い(?)ゆで卵でこするのはあまり効果がないとか、アザをこする卵は食べないでほしいということには双方が同意しています。

両方の主張を聞いてみましょう。

まず効果がないという方です。
卵がアザの部分をマッサージして周辺の皮膚を刺激し、血の分解と吸収を助けてくれる程度です。卵の代わりにマッサージボールなど丸い物体があればそれでしてもいいです。敢えて卵でアザをこするのは、卵が手に入りやすい上、割れないようにそっと転がすためアザに無理を与えないからです。しかし、卵そのものが表面が汚いため、まぶたに当ててこすると目の病気にかかることもあります。
また、アザが広がって顔が汚くなることもあります。

効果があるという方です。
卵の殻の中に固まっている血を吸収する成分があります。卵の皮を剥いた時に現れる白い膜が特に効果があります。
生きている生命体である卵の皮はスポンジのようで外部の水分、液体、気運を吸い込む作用をします。物理時間に学ぶ浸透圧現象のためです。卵の浸透圧現象は容易に確認できます。お皿にインクを少し入れてから卵を乗せ、ある程度時間が経ってから卵を割ってみると簡単に確認できます。

「僕は効果があった」
「卵をこすりつけても効果がないので、冷やす方法に切り替えた」
経験者の言葉も食い違っていて、どちらか一方の手を上げるのが曖昧です。

インクで実験してみたとしても、人肌に固まった血とは違うと主張すると何も言えません。

しかし、重要な事実一つは確認することができます。
卵が生きている生命体でなければならないという点です。言い換えると雌鳥が温めればひよこに孵化する可能性がある卵であってこそ、アザをなくすのに効果があるということです。

ゆで卵、焼いた卵、そして冷蔵庫に入れておいた古い卵などは効果があると信じる人たちも「そんな卵じゃだめ!」と言うでしょう。

ちなみに韓国の民間療法としては、生の豚肉を細かく刻んで傷口に貼り付けて血行をよくしたり、みかんの皮を煎じて食べさせたりする方法があります。

TIP:女性は男性に比べてアザができやすいです。殴られず病気ではなくてもアザができることがあります。これは女性ホルモンが原因で血管が弱くなったせいだそうです。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-09-16 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄