Q.タトゥーをした芸能人を紹介してください(3)

답변게시판
A. タトゥーはラッパーの象徴?(下)

ヒップホップ歌手がアイドルグループのラッパーをけなす言葉を言うことがよくあります。ラップをしているアイドル歌手が自分たちの生活を脅かしていると思ったからかもしれません。しかし、相手が多くのファンを持つグループのメンバーなら、特にビルボードチャート1位になったBTSをディスした場合なら覚悟を決めないといけません。

代表的な例として米国ハワイ出身のラッパー、B-Free(チェ・ソンホ)が挙げられるでしょう。

Hash Swan:ひそひそと話すトーンの独特な発声が得意なラッパーです。怠けるタイプなので、じっとしているのが好きなのですが、それがラップに反映されたそうです。

2013年、キム・ボンヒョンのヒップホップ招待席1周年特集でキム・ボンヒョンはBTSメンバーのRMとSUGAに面と向かって「君たちがやっているのはヒップホップではなく、ただのラップだ」、「アイドルは真のラッパーじゃない」という酷評を浴びせました。TwitterにもBTSを狙撃するコメントを残しました。

Big hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表も公に不快感を示したほどです。結局、BTSのファンダムARMYに嫌われてしまいました。その後、Youtubeにアップロードした彼のミュージックビデオには「いいね」が「嫌だね」をリードすることになりました。 太極旗(テグッキ)とホドリ、ドゥーリ―、ハワイ地図、愛犬2匹、自分の漢字名、トラ模様の韓半島地図まで体にタトゥーを入れたので他人から非難を受けるのは、あまり気にしないようです。

メロディーの入った華やかなラップを駆使するチャンモは、ミックステープ「触れる瞬間」の発売に際し、BTSを狙撃したと誤解され、評点テロを受けました。
歌詞の中に「血、汗、涙をたくさん流して歌いビッグヒットした防弾少年」という部分のためでした。これまで自分が成し遂げた成果を、BTSのヒット曲「血、汗、涙」とBTS所属事務所のBig hitエンターテインメントと比較した内容でした。前後を聞いたARMYたちが謝りましたが初期の評点テロにより「今年のアルバム」候補にも上がれませんでした。

チャンモはこの他にも、赤頬思春期のメンバー、アン・ジヨンとの熱愛説や音源の買い占め疑惑にしばらく苦しめられたが、事実ではないことが確認されましたが、すでに相当な被害を受けた後でした。チャンモは右腕に031という数字のタトゥーがあります。

Hash Swan(韓悳光)がARMYに嫌われたのは本当にあっけないことでした。

巨済島(コジェド)で男女がハグする写真をめぐって、BTSメンバーのジョングクの熱愛説が起こった大騒動がHash Swanに広がったのです。

写真の中の人物がジョングクではなくHash Swanだという主張は弱小でした。「なぜ、ジョングクと似ているふりをするのか」、「それほど似ていない、次の曲の歌詞にはジョングクに似ているという内容が出るはずだよ」、「妄想するな」

我慢できなくなったHash SwanはSNSに「やめよう、歪曲された記事も嫌いだし、こんなことで話題になるのも嫌だ」と疲れた心境を吐露しました。

タトゥーをしたラッパーがあまりにも多いので羅列するのも大変です。

Kenny Raw(キム・ヒョウン):ドラムの音を擬声語で表現したブームバップ(Boom Bap)を主に使うラッパー。2019年からは音楽スタイルがトラップに変わり、たまにシャウトラップもします。

Deepflow(リュ・サング):ハードコアを基盤とした粗悪な性格のラッパーです。芸名は有名なアメリカのヒップホップアーティストMobb Deepのような音楽がしたくてつけたそうです。

DinDin(林檎):バラエティ番組への出演が多いので、本業がラッパーだと知らない人もいるほどです。しかし、ラップを始めると絶賛されるほどの実力があります。

Don Mills(ファン・ドンヒョン):カナダで活動し韓国に舞台を移したラッパーです。アルバイトをしていてビンジノからフィーチャリング提案の電話を受けましたが、あまりにも突然の状況だったので本人も一緒にアルバイトをしていた友達も信じられなかったそうです。それでビンジノに「電話をした人がビンジノであることを証明しろ」と要求したそうです。録音を終えた後、ビンジノが家まで車で送ってあげると言いましたが、自分の靴がとても汚いのでビンジノのスポーツカーに乗るのが恥ずかしくて遠慮して家まで歩いていったそうです。

タブロ(イ・ソヌン):ヒップホップグループ、EPIK HIGHのラッパーとして韓国ヒップホップの大衆化に多大な貢献をしたと評価されるアーティストです。ヒップホップが韓国で大衆化に成功した昨今、全盛期時代にタブロが上げた業績には及ばないという評価が支配的だほどです。娘ハルと一緒に『スーパーマンが帰ってきた」に出演した後はハルパパと呼ばれることもあります。

Punchnello(イ・ヨンシン):20歳という若さでデビューしました。2~3年で実力を備えた有望株です。

Kid Milli(チェ・ウォンジェ):現在、韓国ヒップホップのトレンドをリードするラッパーです。芸名にはかつて「Kid Millionaire(幼い百万長者)」という意味が込められていましたが、現在は何の意味もないとされています。音楽を始める前にはプロゲーマーを夢見てインターネットショッピングモールを運営したこともあります。ゲーマーの夢をあきらめ高校検定試験のために予備校に通っていた時、友達の半強制的な脅迫に仕方なくビンジノの「If IDie Tomorrow」を聞いてヒップホップにはまったそうです。

  • Lim, Chul
  • 入力 2020-10-06 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄