Q.タトゥーをした芸能人を紹介してください(7)

답변게시판
A. 女性アイドル歌手.

男性に比べて女性アイドルはタトゥーをするのに自由ではない方です。13人組ガールグループの宇宙少女のサブボーカル、ルダ(本名イ・ルダ)は、左足首と右の足の親指に小さなタトゥーをしていて、それが物議になったこともあります。

もちろん、多くのファンはそれがどうして物議の的になるのか分からないという反応を見せましたが、所属事務所としては気を使わざるを得ないでしょう。

だからといって、女性アイドル歌手が大衆の視線にとらわれているわけではありません。

RBW所属の4人組ガールグループのMAMAMOOには、タトゥーをしたメンバーが3人もいます。その中でもファサとフィインの友情タトゥーはファンの間でかなり有名です。

甘美な音色で優れた歌い方で「アイドル歌手の中で歴代級」という評価を受けるファサは、作曲、作詞まで手がけ、昨年は25分間、自分の四半世紀の生活を表現する舞台を披露したりもしました。

ファサは2016年6月、同じメンバーであり長年の友達であるフィインと一緒に中学校の時から約束した友情タトゥーを左足首に刻みました。「resonance」共鳴、響きという意味です。続いて2018年にもフィインと一緒に「Caddo」という文字を首に書きました。

「Caddo」は友達を呼ぶアメリカインディアンの言葉で「私の悲しみを背負っていく人」という意味が込められているそうです。

ファサと共にタトゥーをした芸能人はフィインだけではありません。MBCバラエティ番組『私は一人で暮らす』に一緒に出演した女優チェ・スジョンもファサと一緒に右腕に「paradise is where you are」(君がいる所はどこでも楽園だ)という文句を刻みました。ファサはこのタトゥーをしてから1ヶ月ほど経って、三位一体を象徴する模様をレタリングの隣に追加しました。首の後ろに自分の洗礼名Mariaを追加しました。

2020年1月頃、右側の中指に笑う顔文字と「おじへの愛」の意味を持つレタリングタトゥーを入れました。自尊心が落ちた姉を応援するために右側の人差し指に「Statice」という言葉を書きましたが、これは「永遠の愛」という花言葉を持つスターチスという花から取った言葉です。

「resonance」を刻む当時、ファサが先にタトゥーをして、ものすごい大声を出して「この世の苦痛じゃない、とても痛い」とフィインに言ったそうですが、フィインはあまり痛くなかったというそうです。当時作業をしていたタトゥーイストは「フィインは痛みをよく我慢しそうな顔をしている」と言ったそうです。

苦痛をよく我慢できるほど、フィインが体のあちこちに入れてあるタトゥーもファサに劣らないくらいたくさんあります。
フィインはファサと約束した友情タトゥーを入れた後、左腕に「La vie est courte, l'artest long」(人生は短くて芸術は長い)という文句と右腕にモクレンをくわえた女性を入れました。モクレンをくわえた女性はフィインの胎夢です。

フィインのタトゥーは続き、2018年には鎖骨に「VIVALA VIDA(人生よ万歳)」。 左手の人差し指に「sophy*(フィインの母のラテン語名)」という文字を新たに刻み込みました。

  • フィイン



* soppyというスペルを間違えて書くミスをしたが、幸い浅すぎてすぐに消えてしまったそうです。

2019年9月頃には右腕に蝶のタトゥーを、2020年には左手の甲に赤いチューリップとミントの花びら、右腕にビンテージな蝶、クレヨンのタトゥーを追加しました。そしてモクレンをくわえた女性のタトゥーに色鉛筆の質感のカラーを重ねました。

ラップを担当するムンビョル(ムン・ビョリ)は左腕に「君自身を愛することを忘れるな」という意味のフランス語「N’oublie pas de t’aimer’」、右腕に家族写真と「Cormeun」(私の心臓という意味のラテン語)幸せ、左足首に横顔をひっくり返した文様**、右足首に友達との友情タトゥーを刻みました。

**頭をひっくり返して頭をからっぽにしようという意味だそうです。

  • ムンビョル



2012年、現役アイドルの中で実物美女1位に選ばれた4人組ガールグループT-ARAのメインダンサー、パク・ジヨンの左の背中には「My parents are my heart and soul」という文字が刻まれています。両親を心臓であり魂だと思うほどだから、これほどの親孝行はいないでしょう。ジヨンはほかにもみぞおち、骨盤などにいろいろなタトゥーがありますが、踊る時は、たまにみぞおちに入れてあるタトゥーが目を引きます。

Wonder Girlsと4Minute、トラブルメーカーのメンバーだったヒョナもお母さんへの愛を心臓で表現しました。ヒョナの左肩に書かれた「My mother is the heart that keeps me alive」という文句を見るとお母さんに対する愛が感じられます。

幼い年でデビューした時からセクシーアイコンに浮上したヒョナは露出をためらわないです。「必要なら舞台の上で全部脱いで踊る意向もある」と明らかにしたほどです。太もものタトゥーバニーガールは自分のコンセプトを代弁しているようです。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-10-14 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄