Q.タトゥーをした芸能人を紹介してください(15)

답변게시판
A. 女優(上)

知っている人もいると思いますが、女優カン・ヘジョン(姜惠貞)の足です。 派手な柄があるのでマニキュアで爪を染める理由も、足輪をつける理由もないでしょう。

カン・ヘジョンの足タトゥーを見ると、女性芸能人においてタトゥーが最も原初的なファッションだという感じがします。

カン・ヘジョンは美貌よりは演技力でファンを魅了します。2004年、パク・チャヌク監督の『オールド・ボーイ』に出演して一気にスターになり、翌年には『トンマッコルへようこそ』で髪に花をつける少し足りないが、純朴で愛らしい田舎娘役で映画界のライジングスターに浮上しました。

高い人気のおかげで彼女の名前を使ったギャグもできました。「カン・ヘジョンがほうれん草を食べると強くなる(カンヘジョ)。ラッパーTABLOと結婚した後は「カン・ヘジョンがTABLOと付き合えばダブルで強くなる(カンへジョ)」

タトゥーをした女優は歌手に比べてはるかに少ないです。タトゥーをしてもとても小さいです。

女優たちのこうした性格に比べると、デビューから20年間、ドラマや映画を股にかけながら地道に作品活動を続けてきたコン・ヒョジン(孔曉振)は、タトゥーが多いほうです。172センチの長身で女優になる前にモデル活動をしていたからでしょうか。手首、肩、首の後ろ、とにかく体のあちこちのタトゥーが目を引きます。

指にあるタトゥーについてはインタビューで意味と自分がタトゥーをする理由について意見を述べたことがあります。
指にあるタトゥーは平和を象徴しています。
「タトゥーは私にとって何というか。 「私は堂々と生きる。 やりたいようにやる」とか、 こういう感じです。「女優が手にタトゥーをしては絶対だめだ」って思うじゃないですか?でも、私は「女優は私にとって職業にすぎない」と考えています。「女優コン・ヒョジン」と「人間コン・ヒョジン」の間にある程度の距離を維持すべきだと思います」

ちなみに、左肩にある十字架模様のタトゥーはグラビア撮影のためにしばらくしていたものだそうです。

コン・ヒョジンは環境問題に関心を持った後、1300ccの中古車に乗っているそうです。
「以前はスポーツカーに乗っていました。そんな車から降りたら格好いいと思いました。ところが、そんなこともなかったんですよ」
 
カン・ヘジョンとコン・ヒョジンの共通点は、足の甲にタトゥーがある点ですが、清純なイメージのキム・ジス(金智秀、本名:梁成梁)も足の甲にタトゥーがあります。

上の写真はJTBCドラマ『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』制作発表会の時のものです。キム・ジスは恋愛演技、特に涙の演技が得意で「涙の女王」というニックネームまでつけられた女優です。あまりにも悲しそうに泣いていますから、その場面をずっと見ていると、つい泣きたくなるくらいです。もしかすると足の甲のタトゥーが涙を落として作ったんじゃないか?そんな気もします。

JTBCドラマ『夫婦の世界』の主演で華やかなスポットライトを浴びた人気とともに、波紋を呼びました。お母さんの借金と過去にタトゥーをして撮った写真が物議を醸しました。

ハン・ソヒは「その時の姿も私で、今の姿も私だ」と堂々と明らかにしましたが、現在はほとんど消しているそうです。上に見えるタトゥーは、祖母の誕生花だそうです。

両親が離婚した後、ハン・ソヒは母方の祖母と一緒に暮らし20歳になってから母親の借金を知り、力が及ぶまで返済しましたが、その後、母親が自分を盾にお金を借りた後、返済しないという事実を知り、これ以上手に負えない状態だそうです。

率直に明らかにした後、借金とタトゥーに対する物議は沈静化しました。むしろ大衆の応援が加わる雰囲気です。

俳優のチョン・リョウォン(鄭麗媛)とコ・ソヨン(高素榮)も小さいけれどきれいなタトゥーの持ち主です。

  • リョウォン



  • コ・ソヨン



これらに比べると、ハン・イェスルのタトゥーはやや大胆な印象を受けます。実際、彼女は大胆な変身を厭わないことで有名な女優です。2020年1月に高尺(コチョク)スカイドームで開かれた第34回ゴールデンディスクアワードの授賞者として出席した当時は、華やかな衣装とスモーキー・メイク、鼻ピアスで注目を集めたりもしました。

ハン・イェスルはBTSにトロフィーを渡す際「新しいコンセプトに挑戦するのが最も難しいことでもあり、容易ではないようだ。新しいコンセプトを見せてくれる、 アーティストの方々がすごく格好いい。その美しい挑戦を応援します」と語りました。

胸の下にある三本の刀は、彼女が11番目に刻んだタトゥーで、力と勇気、保護の3つの意味があります。

そして一番大きいタトゥーは背中にあるFlower of Life(人生の花)というシンボルの文様で、小さな円が繰り返し大きな円になります。細胞が休むことなく分裂し、人生を生み出すのと同じようにです。

11番目が終わりではありません。右腕に知恵を象徴する蛇がとぐろを巻いている姿が刻まれています。脱皮する蛇を見て、以前の人生を捨てて新しく始めたいと思い刻んだそうです。

ハン・イェスルに比べるとソン・ダムビが少し遅れを取りはしますが、彼女のタトゥーへの愛情も負けていません。腕の内側と外側、足首、そしてわき腹まであちらこちらに刻まれています。

とても痛いところというわき腹の文様は、心臓を意味するそうです。しかし、普段はあまり見えません。彼女の代表的なタトゥーは右腕のレタリングです。

VENIVIDIAMAVI、イタリア語です。
訳すと「来た、見た、愛した」だそうです。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-10-26 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄