Q.タトゥーをした芸能人を紹介してください(16)

답변게시판
A. 女優(下)

レッドカーペットに立つ女優たちの姿はメディアの注目を浴びます。
「過度の露出」と非難しながらも、彼女たちの姿を紙面に収めようと不断の努力をします。

時には故意に露出したと疑うこともあります。
胸の一部が露わになったハン・スアが、そうした疑惑を持たれました。映画『行こう、バラ旅館へ』の主演女優として富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭に出席したヨ・ミンジョンは、上着の左側のひもがほどけて胸が露出する事故が故意だと疑われました。
所属事務所もない無名の新人です。体に合わせたきれいなドレスを着たかったのですが、値段のために歩き回ってレッドカーペットの上で着るドレスを借りました。片方の肩の紐がないため、落ちないように固定しなければならないが、いくら両面テープで固定しても落ちました。結局、母親が細い白い糸で片方の肩ひもを作ってくれました。

こんな解明にもかかわらず、ヨ・ミンジョンに対する非難は続きました。女優としては、このような非難は甘受しなければならないものです。政治家であれ芸能人であれ無関心よりは非難のほうがマシだからです。

  • ハン・スア



女優のキム・ソヨンも露出が激しいファッションで有名です。レッドカーペットに立つたびに背中が見えるドレスを着ますが、恥骨にあるタトゥーは彼女のファッションに画竜点睛を欠きます。バラも普通に赤や白ではなく青いので、一層引き立って見えるでしょう。

  • キム・ソヨン



女優のキム・ソンヨンは青龍(チョンリョン)映画祭(2013)に背中を丸めた龍のタトゥーをして出てきてカメラマンのフラッシュを独り占めしたことがあります。

背中だけでなく太ももにも華やかな花柄を入れていますが、残念ながら永久的なタトゥーではなく使い捨てのタトゥーです。それでもタトゥーをする6時間じっとしているのは大変だったでしょう。かゆくもあったでしょう。

「新しいことに挑戦してみたいという気持ちで耐えてきた」というのが彼女の答えです。
当時のタトゥーは、彼女の作品が発表されるたびにファンの間で再確認されているので、6時間の苦痛が一日で終わったわけではありません。

女優のカン・ハンナは、デザイナーのマックアンドローガンが制作したドレスを着て、釜山国際映画祭のレッドカーペットでスポットライトを浴びたことがあります。

上の写真を見るとお尻がタトゥーのように見えますが、そうではありません。背中をシースルーで覆いながら裏地が折れて、そう見えただけです。

レッドカーペットほど華やかな照明は受けられなくても、グラビアを通じて苦労して入れたタトゥーをそっと見せることもできます。

日本の女優蒼井優と似た顔立ちで有名なフェミニストのソン・スヒョンは、雑誌『ESQUIRE』のグラビアに右腰の高音符記号のタトゥーを公開しました。小さなタトゥーが見える彼女の後ろ姿は見る人々をもっとくらっとさせます。

  • 左ソン・スヒョン、右クララ


雑誌などメディアでなくてもSNSを通じて姿を現すこともできます。
「露出」という言葉と縁が深いクララは、少し隠密なところにバラのタトゥーを入れました。よほどの縁でないと、タトゥーの全貌を見るのは難しいです。

クララは自分の人生とは関係なく、映画やドラマの役柄でタトゥーをする女優もいます。ほとんどいつの間にか消えてしまうタトゥーです。MBCドラマ『神と呼ばれる男』(2010)で女戦士を演じたハン・ゴウン(韓高恩)は、尻の尾骨に官能的なタトゥーを入れて「韓国のアンジェリーナ・ジョリー」という評価を受けたりもしました。蛇と槍の文様は、腰の部分を埋め尽くすほど、非常に大きいです。 ハン・ゴウンはセクシーな戦士イメージを強調するため、腕にもヘナのタトゥーを入れました。

  • 左ハン・ゴウン、映画『飛翔』のイ・チェヨン



ハン・ゴウンに似た事例は、イ・チェヨン、ハ・ジウォン、シン・ウンギョン、ソン・イェジンの体からも知ることができます。

  • 左SBSドラマ『シークレット・ガーデン』のハ・ジウォン、右、映画『組暴の女房』のシン・ウンギョン



  • 映画『無防備な都市』のソン・イェジン

  • Lim, Chul
  • 入力 2020-10-27 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄