Q.ドラマ「保健教師アン・ウニョン」に登場するゼリーの種類を教えてください

답변게시판
A. 考えてみると日常で食べるゼリーもいろんな種類があります。
果物や野菜から搾った汁に砂糖を入れて煮詰めたゼリー。おいしいゼリーです。
海藻から抽出した寒天は透明なので見た目もきれいです。

石油から抽出したゼリーは軟膏を作るのに使われますが脂肪代用品として使われたりもします。

日常では使い道が多いですがドラマに登場するゼリーは限りなく面倒くさい存在です。

ドラマに出てくるゼリーは透明度によって有害無害が分かれます。
色彩が華やかであるほど危険です。

保健教師のアン・ウニョンはおもちゃの剣や銃に当たって処理されたゼリーは分裂して色とりどりのビジュアルに変わります。分裂する前の姿は虫、軟体動物、深海生物、そしてゲームに登場する様々な怪生物体の姿です。

このドラマのシーズンが続けば、おかしな顔をした生命体は全て見られるでしょう。

こんな奴らのことです。

恋の欲求から流れ出るゼリーは、たまには過激なシーンを演出する時もあります。

ドラマを見た人に一番愛されているゼリーはタコゼリーです。ドラマを見た後、タコゼリーを作って子供たちのおやつにあげるお母さんもいるそうです。

タコゼリーは学校の廊下をいっぱいにして歩き回っていますが、ポンと触るとブルブル震えます。

2つの脚で立っている「2脚ゼリー」は地下室に生息しますが、主に群れで群がっています。
見方によっては可愛いですが、丈夫な歯で足を噛むので結構勇敢です。下の写真を見れば分かりますが、目に見えるものがないからでしょう。

韓国のことわざに「縁起がいい」という言葉がありますが、カイセンチュウに似たゼリーは不幸の象徴です。
これ以上不幸に見舞われてはならないとしアン・ウニョンがおもちゃの剣で果敢に抹殺します。

学校の地下室を借し切ったかのように、宙を泳ぐクラゲゼリーは危険な存在です。
五色の色彩、きらびやかな姿に惑わされると将来を期待することができません。

クラゲゼリーが危険ですが、大鬼ゼリーに比べるとマシです。
ヒキガエルゼリーの危険度は2倍を超えています。

目が覚めたヒキガエルは、見ただけでもぞっとします。
だから、眠っているヒキガエルの鼻毛にも触れてはいけません。

たいしたことではなく小さな存在だとコケゼリーを無視してはいけません。
緑色の蛍光コケゼリーは、とてつもなく速く広がる速度もすごいです。
たまにバスケットボールシューズにくっついて、おびただしいパワーを持つこともあります.

ポスターに登場するものすごい図体のシロナガスクジラゼリーは主に夜に出没します。
図体が大きいからといって怖がる理由が1つもありません。
子供たちを守る守護神なんです。

シロナガスクジラクジラゼリーのエネルギー源は学生たちの笑いです。
だから、学校の笑いがあふれるほど守護神も力を得るでしょう。

余談にもう一言、
学校で保健教師のアン・ウニョンのグミ退治を手伝う心強い助力者がいます。

ゼリー防御能力があるという漢文教師?

いいえ、カイセンチュウゼリーを捕食する存在である「オムチャビ(カイセンチュウ捕り)」です。カイセンチュウゼリーが群がる時、反作用で生まれた人間の姿を超越した存在です。しかし、オムチャビには決まった寿命があり行動半径も短いです。もっぱらカイセンチュウゼリーを捕る歴史的使命を帯びて生まれた存在で、ほかのゼリーを退治するのにはあまり役立ちません。

運命の時になると死ぬ場所を探し求め、カイセンチュウゼリーが再び広がると昔の記憶を抱いた状態で再度、登場します。

アン・ウニョンはオムチャビの胃腸を交代すれば平凡な人間として生きていけるという情報を得て、オムチャビのペク・ヘミンの胃腸を取り出しましたが、お腹に「救済」という文字が刻まれていることを発見して驚きました。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-11-10 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄