Q.俳優チョ・スンウのペットについて教えてください

답변게시판
A. この時代、韓国最高の俳優の一人チョ・スンウ(曺承佑)が久しぶりにCMに出演しました。
2012年、カジュアルインデックスに出演して以来8年ぶりに新韓(シンハン)金融持株の金融商品のCMを引き受けました。

「ホームラン?ホームランを打ちたいという思いだけでホームランを打つのか?」
「打たないと」
「思っただけでは何でもない」
「やらないと」

CMを見て、ふとチョ・スンウはあんなことを言う資格があるという気がしました。
月刊雑誌『Cultura』は2018年11月のテーマとして「俳優チョ・スンウ」を選び、「彼はミュージカル俳優というジャンルの境界を越えて映画俳優として、ドラマ俳優として、いや「俳優チョ·スンウがジャンル」という新造文化まで作った」と書きました。

『秘密の森 ~深い闇の向こうに~』(以下『秘密の森』)の脚本を書いた作家イ・スヨンは「主人公が危機に瀕しないので、見守る人々の没入度は落ちるしかないでしょう。これを埋めてくれたのがチョ・スンウさんの演技力でした」と感想を伝えました。このドラマを演出したアン・ギルホPDも「チョ・スンウさんは誰よりも台本について研究して悩む俳優です。いつも台本を見ながら、次のシーン、次に撮るシークエンスなどについてスタッフとたくさん話し合います。眼差しや手振り一つの演技もかなり細かく表現します」と感嘆しました。

『秘密の森』で共演した女優のキム・ソラもチョ・スンウに感嘆しました。
「スタッフの名前まで全部覚えてすごいと思いました。台詞も多くスケジュールもハードだから名前も呼んでくれて、冗談で雰囲気をほぐしてくれて、カメラが回ると演技をするのを見て「ああいう人にならなければ」と思いました」と言いました。

ページごとにぎっしり貼られた付箋、蛍光ペンで塗った台詞、台本を分析しながらチョ・スンウはいつスタッフの名前を覚えたのでしょうか?

もしかしたら仕事のない時間には家に引きこもっている家政婦なので、可能なのではないかという気もします。家で犬2匹、猫4匹と寝転ぶのが好きで、ペットと散歩をするのが一番楽しいそうです。自分について回るパパラッチがいるとしたら「犬を散歩させる途中、糞を片付ける姿を目にすることになるだろう」という言葉を残したこともあります。

犬や猫は単なるペットではありません。
演技練習のパートナーでもあります。
「みんな演技を理解して反応します」

ペットを観客にしてスタッフの名前を呼んで彼らにジョークを言う練習をしたのかもしれません。

チョ・スンウのペットのナンバーワンはサプサル犬(むく毛の犬)「タンプンイ」 風が強い朝に初めて会い、朝の「タン(旦)」に「プン(風)」を合わせて考えた名前です。
独立した2005年から一緒に暮らし始めました。タンプンイが以前に「アジ」という名前のモルティズを育てましたが、10歳になった年にこの世を去ったそうです。その後、「アジ」と目の色が似ているサプサル犬をペットに選びました。

2009~2010年の期間、兵役でタンプンイの面倒が見られなくなると、韓国サプサル犬財団にタンプンイを委託し、これが縁で財団広報大使を務めています。

タンプンイの他にも、一緒に飼うペットは痛い事情を持っています。
子犬を分譲する家庭に行ってみたところ、ベランダに4か月の子犬がひどい目の病気にかかった状態で放置されていたそうです。どうせ売るものだから可愛がらずに放っておいたという主人の言葉に了解を経て、すぐに病院へ連れて行って治療を受けさせた後、家へ連れて行きました。

2006年から捨て猫だった野良猫の「スニ」を飼っていますが、この子が野良猫と目が合ったため、子猫を産みました。現在、ペットは犬2匹に猫4匹です。

犬と猫にまつわるチョ・スンウの逸話はたくさん残っています。
その中からいくつか紹介します。

- 2002年『VOGUE KOREA』とのインタビューを終えスタジオを出たチョ・スンウは、出入り口に縛られたレトリバーを発見しました。犬を撫でていた彼は切ない眼差しで話しました。
「お願いです。この子を外して散歩に連れていってください」

- ドラマ『ライフ』のポスター撮影当時、撮影現場に来たスタッフの子犬を見てしばらくなでました。

- ドラマや映画の撮影をする時、ペットに会うと記念写真を残してくれます。

『秘密の森』(左)、『ライフ』の撮影中に一般人のペットに先に声をかけてあげて撮った記念写真。

- 撮影がある日は、普段より1時間早く起きます。朝、シリアルを食べて、家に残っている犬と猫の家族に食事をさせるためです。

映画『風水師 王の運命を決めた男 』の撮影をする時、野良猫を見つけました。聞慶(ムンギョン)で撮影をしてましたが、どこかでずっと猫が鳴くのを聞いて猫に餌をあげました。そしたら、その後行く撮影現場ごとに猫たちが現れ、車にキャットフードを持ち込むようになりました(野良猫たちもチョ・スンウが優しいという事実を知っているようです)
チョ・スンウは犬と猫と一緒に暮らしていますが、彼の動物愛はこの2種類に限ったことではありません。

旅行を楽しまない彼が済州島のマリンパークに1人で行ったことがありますが、イルカが好きだったので、ただ見に行っただけだと明かしました。

  • Lim, Chul
  • 入力 2020-11-17 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄