Q.飲み残したワインの使い方を教えてください

답변게시판
A. 酸素とワイン
同志でもあり、敵でもあります。

コルク栓を開けてグラスに入れたワインに酸素が入ると、ワインに入った特有のアロマが発動します。これについて「ワインが開く」と言います。

しかし、ワインと酸素が同志として過ごすのは一瞬だけで内的に変わります。短時間でワインを分解して酢にしてしまうのです。飲み残したワインを保管するために様々なアイデアが動員されました。アルゴン、窒素など他の気体を注入する方法が動員されたのです。そうだとしてもワインの生命は長くても一週間ぐらい延長されるだけです。(もともとあったコルク栓で塞いでも1~2日ぐらいは持ちます)

数種類のワインストッパーやコルクを外さずに他の気体を注入する方法により、瓶の中の酸素を代替する方法(Corabin)も考案されました。

上の写真はコラヴァン(CORAVIN)でワインを注ぐ姿ですが、雰囲気があまり良くないです。

飲みかけのワインを保管する画期的な製品が登場したこともあります。米国のある科学者が考案した「リポール(Repour)」です。

用途は、ワインボトルを防ぐ栓です。下のタブを外してワインボトルを閉塞すると、瓶の中の酸素はもちろん、ワインにしみ込んでいた酸素まで吸収してくれるそうです。保存期間が6か月なので、お土産ワインなら使ってみる価値があります。

リポールの価格はいくらでしょうか?
1個当たり4000ウォン。だから1万ウォンのワインなら、リポールで栓をするのはお金がもったいないです。

こういうワインなら、飲む以外に別の用途を探したほうが賢明でしょう。

飲み残したワインの活用法は思ったより結構多いです。

まず消毒薬。ワインの中のAHA成分のピーリング効果と消毒にもっとも優れているアルコールが吹き出物が悪化するのを防ぎます。コットンや綿棒に赤ワインを含ませて、吹き出物に10分ほど当てた後、ぬるま湯で洗い流すだけです。

かといって、吹き出物が出来るまで飲み残したワインを保管するのも面倒でしょう。こんな時は顔マッサージに使ってみてください。

まず残りのワインを冷やして冷蔵保管します。顔を洗ってガーゼを覆ったらコットンにワインを含ませてガーゼの上から叩きます。ワインにレモン汁を少し入れたら最高です。いわばワインパック*です。

フランス革命当時、監獄に入れられた女性囚人1人が食事の度に出るワインで毎日顔を洗って看守たちも驚くほどきれいで若い肌を維持したというエピソードも伝えられています。赤ワインに含まれているAHA成分が角質除去を助けて血液循環を促進する役割をします。ワインのポリフェノール成分は細胞生成を促進し、老化防止に効果があると言われています。

*ワインとレモン、蜂蜜を一緒に混ぜた後、顔に塗って15~20分後に洗顔する方法もあります。(大さじでワイン2、蜂蜜1、レモン汁1程度)

せっかく贅沢をしたついでにお風呂に入ってみましょう。

伝説の女優、マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)はワイン風呂で有名です。 赤ワインや白ワインではなくシャンパンですが、一度お風呂に入るのに高価な高級シャンパン53年産のドン・ペリニヨン(Dom Pérignon)350本を使用したとも伝えられています。
このような贅沢までするわけにはいかず、ただ飲みかけのワインで適当なレベルで真似をしてみようということです。

ワインの入浴の順番をお教えしますと、とりあえずバスタブに水を適度に入れます。そこに赤ワイン4~5カップ程度を注いで混ぜます。 飲み残したワインが何種類かあれば一度に注いでも構いません。

お風呂に入ってから 5~10分ほどしたら外に出て5分ほど休んで、また入ります。これを3回ほど繰り返した後、きれいな水でシャワーすれば終わりです。効果は顔マッサージに似ています。薄いワインの香りに気が遠くなり、よく眠れるというのはおまけです。(洗髪の際、すすぎ用の水にワインを混ぜて使えば頭皮の角質除去と脱毛、フケ防止に役立ちます)

  • 日本の箱根小涌園温泉にある赤ワイン風呂



飲み残したワインが少ない時にも使い方があります。掃除する時に使います。
ワインの中にある渋味、タンニン成分はガスレンジ周辺の油汚れを拭き取るのに優れた才能を発揮します。ただ、注意事項があります。 拭き取った後、放っておくとアリなどが集まります。ですから、ワインの掃除後は濡れたふきんで仕上げるのを忘れてはいけません。

もし白ワインが残っていたら洗濯をするのに使えばいいです。すすぐ時に白ワインを入れると、茹でた効果と共に布の色が鮮明になります。

実は、飲みかけのワインは料理するのに緊要に使うことができます。
どんな料理にどう使うのかは次に紹介します。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-12-22 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄