Q.ワインに合う韓国食を紹介してください

답변게시판
A. 韓国料理を食べながらワインを探す人は、実際あまりいないです。

醤油、味噌、コチュジャン(唐辛子味噌)、塩辛などの発酵食品がワインと相性が悪いと考えるからです。
しかもコース別に出される西洋や一品料理が発達している日本とは違い、韓国料理は主食とおかずが付くのが基本です。

ご飯に牛肉、わかめスープ、白菜キムチ、焼きイシモチ、塩辛、ナムルが出てくる三楪飯床(サンチョプパンサン、おかずが3つ)を例にとってみましょう。イシモチ、わかめスープ、ナムルに合うワインを見つけるのは難しくないかもしれません。しかし、これらすべての料理と相性の合うワインを見つけるのは簡単ではないでしょう。

もちろん、カルビや韓牛焼き、プルコギ、サムギョプサル(三枚肉)は赤ワインと合います。
お肉を焼いた料理だから、ステーキと変わらないです。

刺身には白ワインがうってつけでしょう。

一般人の常識では、ちょうどここまでです。

料理専門家たちは「ヨーロッパではワインとともにワインに適した料理が発達し、韓国では韓国料理に合うマッコリや焼酎、薬酒が発達しました。だからあえてワインを探す必要がなかったです」

簡単に言えば、韓国料理や日本料理のほとんどの料理とワインは似合わないという説明です。
そのため、韓国料理を食べる時は焼酎、余裕があれば上品な伝統酒を楽しむのがいいということです。

何も悪いことはありません。
ワインだけでなく、焼酎、薬酒、日本酒の味を吟味するチャンスでもあります。

しかし、ワインに合う韓国料理は、サムギョプサルやローストビーフだけでしょうか?

日本の有名なソムリエ、田崎真也の説明は違います。彼はまた違う食べ物の世界に私たちを案内します。

彼が深みのある赤ワインと似合うと推薦した最初の韓国料理は豚の背骨とじゃがいも、そしてコチュジャンと唐辛子粉をたっぷり入れたカムジャタンです。

辛いけどコクのある味が続くカムジャタンを食べた後、飲食店で売っているチリ産の「サンタ カロリーナ カベルネ・ソーヴィニヨン」を添えます。果たして似合うでしょうか?

一緒にいた人は驚きます。
「おいしい」
「本当なの?」

ワインのあくをとるタンニンが、唐辛子粉との相性がすごくいいというのが田崎慎也の説明です。
唐辛子粉や西洋料理によく使われる赤ピーマンや香りがほとんど同じで、ワインやマッコリも「乳酸」という共通点を持っていると伝えてくれます。
ビビン冷麺もカムジャタンに劣らず、赤ワインとよく合います。

辛くて甘いビビン冷麺のソースがワインの味を甘くしてくれます。韓国料理に欠かさず使われるコチュジャンが赤ワインを飲みたい時に使う万能調味料なわけです。例えば生牡蠣には白ワインが合いますが、生牡蠣にコチュジャンをかけて食べたり、コチュジャンに付けて食べたりする時には赤ワインが適しているということです。

そしてさらに驚くべき事実が1つあります。

ソムリエの田崎慎也は、韓国人の食卓に欠かせないキムチが赤ワインとよく合うと紹介します。

唐辛子粉をたっぷり入れて発酵させたキムチには豊富な乳酸がありますが、乳酸と赤ワインはもともと相性がよく合うという説明です。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-12-28 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄