Q.ガールグループのWeeeklyについて教えてください

답변게시판
A. ウィークリー。英語でWeeeklyです。
ガールグループの名前にしては、少し妙でしょう。
毎日新しくて特別な一週間を過ごすという意味でこのような名前を付けたそうです。
名前まで掲げたキャッチフレーズなので一週間はすごく忙しいでしょう。

Play Mエンターテインメント所属の7人組ガールグループ「Weeekly」は昨年6月末にデビューしました。

左からシン・ジユン、ジョア、パク・ソウン、 イ・スジン、ジハン、イ・ジェヒ、マンデー

デビューアルバム『We are』に続き、 2ndアルバム『We Can』までリリースしましたが、残念ながら 1位の受賞には失敗しました。
それでも2020ブランド大賞やMelonミュージックアワード、Mnet Asian Music Awards、アジアモデルアワード、2021大韓民国ファーストブランド大賞などで新人女性アイドルに選ばれたので残念だとしても少しは慰められるでしょう。

Weeeklyは週単位で戻ります。ファンクラブの名前も「デイリー(Daileee)」です。2020年7月13日から8月2日までファンクラブ名を公募し応募作を対象に実施したファン投票で「ハル(Haru)」と熾烈な競合の末に決定しました。英語表記を正しくするにはDailyと書かなければなりませんが、グループ名のWeeeklyと韻を踏むためにDaileeeに変更しました。

「DaileeeなしにWeeeklyは存在できない」
このような意味が込められているとそうです。確かにファンがいない芸能人は存在理由も存在する価値もないでしょう。

所属事務所の先輩グループApinkと似てファンの男女性比が5対5でバランスが取れているのが特徴です。ただし女性ファンは10~20代が主軸ですが、男性ファンの中には30~40代のおじさんファンが主軸となります。各種投票で攻勢を強めSNS活動をするファンが10~20代なので女超ファンダムと誤解されたりもします。

最近のアイドルグループがみんなそうであるように、Weeeklyも独自の世界観を持っています。
7人のメンバーが月、火、水、木、金、土、日のいずれかの曜日を担当します。

7人のメンバーの中でマンデー(キム・ジミン)だけが芸名が独特です。他のメンバーとは違って地球の周りを回っているからだそうです。公式ファンカフェで世界観に関する疑問を少しずつ解いていますが、まだ疑問符が多い状態です。

- Weeeklyのメンバーたちは、なぜ地球に来たのだろうか?
- メンバーは記憶を失った状態だ。
- マンデーは地球を観察していて地球に問題が生じたことを知って太陽系を管掌するスジンに知らせた。
- 地球にはDaileeeとWeeeklyが住んでいるのに、なぜ地球の最後の少女が水星の城主ジユンになったのか?

メンバー紹介

イ・スジン(2001.12.12):リーダー、メインダンサー、日曜日、太陽。澄まして物静かな顔をしているため一番年上扱いされます。LOENとPlay M合併前に実施された連合オーディションに合格し2016年4月からPlay Mの練習生となりました。美貌が優れている中高時代、周辺の学校で蚕室(チャムシル)の女神として崇められたそうです。画一的にバレエを学びましたが、チームとして参加したコンクールで最優秀賞を受賞し、バイオリンで教育監賞を受賞したこともあります。シン・ジユン、パク・ソウンと一緒にYGが制作した『MIX NINE』に出演しました。『MIX NINE』の出演当時はずっと上位圏を維持していましたが、11話の収録を終えて帰宅途中、交通事故に遭い降板しました。

シン・ジユン(2002.3.2):リードボーカル、リードダンサー。水曜日、水星、落ち着いたソフトな音色のボーカル、ラップもこなす 発表したアルバムで作詞、作曲、編曲に参加しました。かわいらしい顔立ちとは違って、チームのムードメーカーでありギャグへの欲も強いです。特技はモノマネ、外国語、絵を描くことです。Arirang Radioの『SuperK-POP』に出演した当時、流暢な英語と語彙を駆使して海外ファンを驚かせました。幼い頃の将来の夢は料理人と画家でした。環境に対する関心が高く2ndアルバムに収録された自作曲「My Earth」も環境に関するストーリーを盛り込んでいます。

マンデー(キム・ジミン、2002年5月10日):メインボーカル、メインダンサー、ラッパー、月曜日、月。オールラウンドポジションを消化し全ての部分で優れた力量を発揮します。すっきりとした音色が特徴でライブ力も抜群です。アドリブをしても動じず、運動が上手で腹筋もありますが意外に弱いです。趣味は全ての球技運動と駐車ゲームです。駐車ゲームでは世界ランキング55位まで上がったこともあるそうです。特技は縄跳び(二重跳び)、ドッジボール、バレーボール、ハンドボール、口笛、五目並べです。小学校3年の期末試験で全ての科目で100点を取るほど学業成績も優秀ですが、グループ活動に専念するために大学入試はあきらめました。

パク・ソウン(2002.10.26):メインダンサー、リードボーカル、木曜日、木星。 2016年にLOENミュージックキャンプに合格し練習生として入社しました。爽やかな音色でマンデーに続いてサビで歌う割合が多いです。デビュー曲「Tag Me」でダンスブレイクセンターとソロダンスを担当し優雅で力強いダンスラインが特徴です。茶目っ気たっぷりで特にイ・スジンをからかうのが好きです。特技はお手玉と絵を描くことです。ステージに上がる前にメンバーたちがつけるアクセサリーを選んであげますが、デビューアルバム活動当時、ステージに上がる時に顔に貼ったステッカーを買ってメンバーたちに渡しました。リンゴアレルギーがあり救急病棟に行ったこともあるそうです。

イ・ジェヒ(2004.3.18):ラッパー、サブボーカル。 土曜日、土星。7年間子役女優として活動し映画『朝鮮名探偵 鬼(トッケビ)の秘密』と『逆燐』、ドラマ『マイ・リトル・ベイビー』や『モダン・ファーマー』などに出演しました。演技の経歴とは違って人見知りが激しいです。ボーカル練習をしてから食事に行かなければならないのに、一人で練習場のドアを開けて出るのが恥ずかしくてご飯を食べそびれたこともしばしばあるほどだそうです。中学時代は友達の前で歌うのが大嫌いだったそうで、オーディションで歌った歌は愛国歌です。肉とチキン、緑茶が好きで野菜、特にトマトが嫌いです。特技は水泳とスライム作りです。

ジハン(ハン・ジヒョ、2004.7.12):リードボーカル、リードダンサー。火曜日、火星。踊る時の表情演技が際立っています。ここにかわいい外貌が一役買って、ファンたちの反応が良い方です。人あたりが非常によいです。趣味はダイアリー飾りとドラマ鑑賞、映画鑑賞です。左頬にあるえくぼがチャームポイントで、ウサギというニックネームだけあって前歯が大きいです。前歯が大きいのではなく他の歯が小さいそうです。2017年のPlan A公開オーディションでペク・イェリンの「宇宙を渡って」を歌って合格しました。小学校で合唱部として活動し将来の夢もアイドルです。イ・スジン、ジョアと共にチームの美貌を担当する「バミューダ三角地帯」を成します。

ジョア(チョ・ヘウォン、2005.5.31):ラッパー、サブボーカル。金曜日、金星。チームの末っ子ですが身長が173センチでマンデーと同じですが、伸び続けているところなので近々最長身になる予定です。愛嬌が多く明るい性格の持ち主で「Zig Zag」の活動当時、前髪を下ろしていましたが、ビジュアルが素敵すぎておじさんファンを熱狂させました。ロールモデルはIUと所属事務所の先輩グループApinkだそうです。
  • Lim, Chul
  • 入力 2021-02-15 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄