「韓国が最高のSW企業を」イ・ヘジン代表…韓ベスピングローバル社



「国内のソフトウェア(SW)産業も国産化に首をくくられず、将来のビジョンと大きな計画にもとづいて変化すべきです。世界に視角を広げれば、世界の産業革新の中心になれるのみならず、雇用問題まで解決することができますね。ベスピングローバルも、クラウド運営を自動化するソフトウェアのオープスナウで世界市場を平定します。」

ベスピングローバル(BESPIN GLOBAL)のイ・ハンジ代表は最近、肩書きが3つに増えた。イ・ハンジ代表は先月、金範洙(キム・ボムス)カカオ理事会議長、金澤辰(キム・テクチン)NCソフト代表とともにソウル商工会議所の副会長団に合流して話題になった。今月は韓国ソフトウェア産業協会の副会長、ハンファソリューション社外取締役まで務めることになった。ちょうど1年前、記者とインタビューした当時は外部活動を止揚し、事業に集中していたこととは全く変わった。

イ・ハンジ代表は「企業の代表が隠遁型で静かに仕事の処理だけをする時代は過ぎ去った」とし、「スタートアップも制度圏の中に入り、社会的責任と役割を果たしつつ声も出さなければならない」と、変化の理由を説明した。また韓国ソフトウェア産業協会副会長まで務める背景と関連して、「未来の最も大きな産業群がソフトウェアだが、あてもなく流れている」とし、「私たちの会社だけでなく業界全体がクラウド(SaaS)に基づいて革新し、合従連衡で規模を大きくしてグローバルな競争力を高めることに寄与したい」と語った。

イ・ハンジ代表が積極的に声を出すことになったのは、ベスピングローバルの急成長とも関連が深い。自分の成功経験をソフトウェア業界全体に伝播させたいという思いが強くなった。ベスピングローバルは昨年、国内外での売上げが前年比で約2倍に増加し、2000億ウォンの高地を突破した。売上げの増加だけではなく、ソフトウェアの世界舞台で競えることができる自信を得た。

特にクラウド運営を自動化するソフトウェア「オープスナウ(OpsNow)」が一等功臣だ。ベスピングローバルは1年ぶりで、オープスナウのみで顧客1500社を確保した。これはベスピングローバルの既存の顧客を超える規模だ。イ代表は「クーパンがロケット配送と新しいサービスで物流センターを革新したように、べスピングローバルもこの5年間で企業のクラウド運営を助け、これを自動化するためのプラットフォームを作った」とし、「クーパンのように最初は市場で懐疑的な視線を受けたが、昨年のオープスナウ発売後は独自能で超格差の足場を整えた」と自信を見せた。

イ代表は、国内ソフトウェア業界は国内市場で海外企業の後に従うよりも、最初からグローバル市場を狙わなければならないと助言した。同氏は「韓国ソフトウェアも世界を支配することができる。クラウドで変化する隙間を攻略するならば、今までなかった発想と製品が出てくる」と語った。

イ代表は不足しているクラウド専門の人材を集中育成しなければならないと強調した。韓国のクラウド産業の競争力を高め、世界で雇用を創出できる「妙手」だというわけだ。文科系学生も1年ほどの教育でクラウド運営の人材になれるかもしれない。しかし非常に不足しているために、人材確保競争が繰り広げられている。最近、ベスピングローバルは釜山市と手を握って教育課程を開設し、今後5年間で最大2000人のクラウド・データ専門人材を直接育成することにした。

イ代表は「クラウド運営人材は世界的に需要に比べて供給が大幅に不足している職業」とし、「韓国が世界のクラウドプレーヤーを創出するために努力するならば、10万雇用創出もことではない」と断言した。同氏は「クラウドのように1年で数倍も大きくなる産業はない」とし、「人材養成に1兆ウォンだけ投入すると、世界のクラウドエコシステムを韓国が左右できるだろう」と語った。
  • 毎日経済 | オ・デソク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-03-30 19:40:31