涙浮かべたユン・ヨジョン「選ばれて光栄」



俳優ユン・ヨジョン氏(74)が韓国人俳優で最初の全米映画俳優組合賞(SAG)助演女優賞の栄誉に輝いた。そうそうたるハリウッド俳優をおさえ、オスカー受賞の可能性を高めた。

去る4日(現地時間)、米国ロサンゼルス(LA)のシュライン・オーディトリアムで開催された第27回SAG(Screen Actors Guild Awards)賞で映画『MINARI(ミナリ)』のユン・ヨジョン氏が助演女優賞を獲得した。マリア・バカローバー(『続ボラット』)、グレン・クロローズ(『ヒルビリー・エレジー』)、オリヴィア・コールマン(『ザ・ファーザー』)、ヘレナ・ゼンゲル(『ニュース・オブ・ザ・ワールド(この茫漠たる荒野で)』)などのそうそうたる俳優たちを下した。

ユン・ヨジョン氏はビデオ受賞の所感で「西洋人(westerner)に認められた感じをどう説していいのか分からない」とし、「仲間の俳優たちが助演女優賞受賞者に選んでくれて光栄だ」と語った。彼女は涙を浮かべて「嬉しくて幸せだ」とし、競合した他の候補者に感謝を表した。

全米俳優組合賞の授賞式は、演技者の労組である全米俳優組合(Screen Actors Guild)が主催する。映画とテレビの分野で活躍している俳優たちの功労を称えするために毎年開催される。昨年は映画『寄生虫(『パラサイト』)』が非英語圏で初めて最高賞アンサンブル賞を受賞して話題を集めることもした。

『ミナリ』は韓国系アメリカ人リー・アイザック・チョン(チョン・イサク)監督の作品で、米アーカンソー州の農村を背景に、米国社会に根を下そうとする韓国人移民家族の生活を淡々と描いた。ユン・ヨジョンは移民である娘夫婦の子供の世話をするために米国で渡った、祖母のスンジャ役を引き受けて演技した。スンジャは情にあつくユーモアにあふれるおばあちゃんとして、劇中で新鮮な刺激を与えるキャラクターだ。

『ミナリ』で父親のジェイコブ役を引き受けた韓国系アメリカ人のスティーブン・ユァンは映画部門主演男優賞にノミネートされ、 『ミナリ』の出演陣全体は映画部門アンサンブル賞にノミネートされたが不発に終わった。

今年の全米俳優組合上映画部門主演男優賞は、昨年亡くなったチャドウィック・ボーズマン(『マ・レイニーのブラックボトム』)が、主演女優賞はヴィオラ・デイヴィス(『マ・レイニーのブラックボトム』)、アンサンブル賞(キャスト賞)は『トライアルオブ・ザ・シカゴ7』にそれぞれわたった。全米俳優組合の俳優たちの多くがアカデミーの所属であり、続くオスカー賞の前哨戦として通じる。 26日に開かれる第93回アカデミー賞でもユン・ヨジョンが韓国俳優最初助演女優賞候補に上がった。映画 『ミナリ』は作品賞をはじめ6部門候補に選ばれた。
  • 毎日経済 | カン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-04-05 18:08:02