韓、ハイブリッド車人気爆発…第1四半期の販売、2倍に



電気自動車を筆頭にエコカーに対する顧客の需要と関心が高まり、ハイブリッド車に対する人気が高まっている。電気自動車に関心を持つ顧客はただちに電気自動車を購入するよりも、商品性が検証されたハイブリッド車を選択するケースが増えているからだ。

21日の韓国自動車産業協会(KAMA)と韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、今年の1~3月のハイブリッド車の販売台数は4万8284台で、前年同期比で120%も急増した。これはエコカー全体の販売実績(6万8546台)の70.4%に達する。特に毎月の売上げは13ヶ月連続で増加を記録し、先月のハイブリッド車の販売台数は1万8000台を超えた。国内の自動車メーカーは3万4005台で、輸入車は1万4279台を販売した。国内外のブランドに関係なく、大幅に販売が拡大した。国内完成車は前年同期比で85.6%、輸入車は294.0%増加した。

第1四半期で最も人気を集めたモデルはキア自動車のSorrento(ソレント)だ。 1万190台が売れた。出荷後にエコカー認定を受けられず陣痛を経験したが、今年に入って認証問題が解決されて人気を集めている。The New Grandeur Hybrid(ザ・グレンジャーハイブリッド)も第1四半期に7274台が売れ、人気を集め続けている。ザ・グレンジャーハイブリッドは昨年と2020年にそれぞれ3万8989台と2万9412台を販売し、2年連続で国内ハイブリッド車の最多販売王座の座を占めた。そのほかに現代自Tucson Hybrid(ツーソンハイブリッド)(5583台)、キア自K5ハイブリッド」(3019台)、キア自Niro Hybrid(ニーロ・ハイブリッド)(2444台)、現代自vante Hybrid(アバンテハイブリッド)(1620台)、現代自Sonata Hybrid(ソナタ・ハイブリッド)(1417台)なども販売トップ10のモデルとして名前を上げた。

輸入車の中ではメルセデス・ベンツ「E350 4MATIC」(1924台)、レクサス「ES300h」(1289台)、メルセデス・ベンツ「CLS 450 4MATIC」(1019台)などが人気モデルとして集計された。

ハイブリッド車種に対するこのような選好の理由は、さまざま点から解釈することができる。初期購入費用はハイブリッド車の価格が一般の内燃機関車よりも通常は数百万ウォン以上高価だ。しかし内燃機関車よりも燃費がはるかに優れている上に、今年までは個別所得税143万ウォンと取得税40万ウォンの免除を受けることができる。公営駐車場の利用料金の割引や混雑通行料の免除などの特典もある。中古車市場での高い残存価値も、ハイブリッド車の選択を後押ししている。各種の特典をみると、経済性の側面から初期購入費用の負担を相殺する余地が充分にある。電気自動車を選択しようとしていた顧客の購入も続いているとみられる。

イ・ホグン大徳大学自動車学科教授は「これまでハイブリッド車を購入する顧客は高額の初期購入費用を、燃費削減などで相殺できる思った」とし、「最近はハイブリッド車の販売台数が10万台を超え、独自の価格競争力を備えたし、一般内燃機関車の価格が上昇して事実上の価格差が消えた」と診断した。
  • 毎日経済 | ソ・ドンチョル記者/パク・ユング記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-04-21 19:35:31