ユン・ヨジョン「運が良かった」…50年の演技旅に世界が夢中



  • 去る25日(現地時間)、米国ロサンゼルスで開催された第93回アカデミー賞で、助演女優賞を受賞した俳優ユン・ヨジョン氏が表彰台に上がって感激したように顔を包んでいる。 [AFP=連合ニュース]


「テレビでだけ見ていたグレン・クロースラはデベオとどのように競争するのか。私は運が良かった。5候補すべて各自の映画の中でそれぞれ役割を果たしました。私達は競争することがありませんでした。」

74歳の女優ユン・ヨジョン氏の受賞所感は最初から震えた。演技人生は50年をかるくこえたが、オスカーを受賞する感激の瞬間だけは隠せなかった。ユン・ヨジョンが世界映画界の星として浮かんだ。韓国人俳優では初のオスカー演技賞の受賞だ。

25日(現地時間)、米国ロサンゼルスで開催された第93回米国アカデミー賞でユン・ヨジョンが助演女優賞を獲得し、韓国映画史を新たに書いた。韓国人米国移民の生活を美しいミジャンセンに盛り込んだ映画『ミナリ』で祖母の姿を完璧に演じた。オリヴィア・コールマン(『ファーザー』)、グレン・クローズ(『ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌』)、アマンダ・サフレッド(『マンク』)、マリア・バカローヴァ(『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』)などのそうそうたる候補をすべて抜いた。

昨年の『寄生虫(邦題『パラサイト』)』のオスカー4冠(作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞)は、すべて監督と製作陣の演出を称える賞だっただけに、ユン・ヨジョンが授賞した演技賞はよりいっそう意味が深い。アジア全体では1957年の日本映画『サヨナラ』の梅木美代志が助演女優賞を受けた後の64年ぶりだ。

受賞の可能性を肯定的に見通すように、ユン・ヨジョンの表情はイベント前から明るかった。ユン・ヨジョンは午後3時頃に到着して、レッドカーペットで俳優ハン・イェリと明るい表情で写真取材に臨んだ。ユン・ヨジョンの黒のドレスとハン・イェリの赤いドレスが調和を成して、たおやかで高級な雰囲気を演出した。授賞式でのユン・ヨジョンの話術は、同氏の演技と同じくらい輝いた。授賞者として乗り出したブラッド・ピット氏が助演女優賞受賞者としてユン・ヨジョンを呼称するやいなや、彼女は「(『ミナリ』の制作者である)ブラッド・ピット氏についに会うことになった」とし、「私たちが映画を撮るときはどこにいたの」という冗談を交わした。ブラッド・ピット氏は『ミナリ』の制作会社であるブランBの創設者であり代表だ。

特有の親和力が授賞式の雰囲気を盛り上げた。ユン・ヨジョンは「私は韓国から来たし、欧州の方は私の名前をヨヨンやユジョンと呼ぶけれど、今日だけはあなた方みんなを許したい」とし、「米国の方が韓国の俳優を特に歓待するようだ」と話した。続いて「二人の息子が常に仕事に出てこいと言うけど、すべて子供たちの小言のおかげ。一生懸命に働いたら、こんな賞を受けた」と家族に向けた愛情も表わした。距離を置くために授賞式には少数の映画人だけが参席したが、笑い声はこれまで以上に大きく響いた。

ユン・ヨジョンの冗談はウィットがあふれた。しかし感想は決して軽くはなかった。同氏は「スティーブン・ユアン、チョン・イサク監督、ハン・イェリ、ノエル、アラン、わたしたちはみんな家族になった。特にイサク監督がいなければこの場に立つことはできなかった。私たちの船長であり、私の監督だった。とても感謝している」と功をねぎらった。映画人生で最も輝く瞬間、ユン・ヨジョンが最後に取り出した名前は巨匠キム・ギヨン監督だった。「キム・ギヨン監督に感謝します。私の最初の映画を演出した最初の監督です。彼は天才監督だったし、生きておられたら私の受賞を誰よりも喜んでくれたはずです。」

美しいスピーチは受賞記念記者懇談会でも続いた。ユン・ヨジョンは「人を人種で分類したり、分けることはよくない」とし、「虹のようにすべての色を合わせて、より美しく作らなければならない」と語った。彼女は「男性と女性に区分して、白人と黒人や黄色人種で分けたり、ゲイやそうではない人を区別したくない。私たちは暖かくような心を持った平等な人間」だと語った。

この日の懇談会である外信記者は、「ブラッド・ピットからどんな臭いを嗅いだのか」と失礼な質問を投げた。ユン・ヨジョンは「私は臭いを嗅がなかった。私は犬ではない」と愉快に応酬した。現地特派員との懇談会の席では、「(ブラッド・ピットに)次の映画を作成するときはもうちょっとお金を使ってほしいと言いましたが、もうちょっと出すと言いながらそっと抜け出した」とし、「私たち韓国人はとても好きなので、一度来るように言ったら一度行くよですって」と言って笑いを誘った。

授賞式の周辺にはユン・ヨジョンの受賞を祝うために、現地のファンたちが集まった。ドルビー劇場で会ったピーター・ジェイコブ氏(芸能プロダクション勤務)は「昨年に続き、今年もアカデミー賞で韓国が浮き彫りになってお祝いする」とし、「ハリウッド映画産業で韓国の重要性がますます大きくなっている」と語った。

ロサンゼルスに居住する韓国人2世のチョン某氏(26)は、「ユン・ヨジョンが伝えようとしていた演技は、米国の数えきれない多くの移民に与える一般的な響きがあると思う」とし、「誇りに思うし、うれしい」と感慨深げだった。

韓国でも同じだ。各界からお祝いの徳談が続いた。同僚俳優たちも相次いでお祝いのメッセージを送った。チョン・ドヨン氏は「皆が信じて疑わなかった受賞の知らせだ。大きな喜びを存分に楽しむことを願う。先生、素敵で誇らしい」と明らかにし、イ・ビョンホン氏はインスタグラムに「不可能、それは本当ではなく、一つの意見にすぎない」とお祝いの挨拶を伝えた。
  • 毎日経済 | ロサンゼルス=シン・ヒョンギュ特派員/ソウル=カン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-04-26 19:19:36