李俊錫国民の力党代表「次期大統領の条件、雇用問題をまず解決」


  • 「36歳・0選」突風を起こして第1野党の司令塔に上がったイ・ジュンソク国民の力代表が17日午後、国会の党代表会議室における毎日経済とのインタビューで明るく笑っている。 [イ・スンファン記者]



◆ 李俊錫国民の力代表インタビュー ◆
■ 対談=チェ・スファン政治部長

満36歳の若さだけに李俊錫(イ・ジュンソク)国民の力代表はよどみがなかった。 10年間の院外と放送活動を通じて鍛えられた内面の強さが感じられた。 10年間で大統領は3回変わり、同氏は3回の総選挙で落選した。激しい自分の変化と自分を取り巻く政治変化の中で、イ代表はすべての政治問題に敏感に反応し、機敏に対応することが身についた姿だった。敏感な質問に回答し、「すべて理解するべきでしょう。私は大人輩ですから」と言って笑う余裕も見せた。党の問題点を指摘する質問には、「私がうまく取りまとめることができなかった」と姿勢を下げることもした。次は一問一答。

- 党代表になって変わったことは?

△ 地下鉄4号線に乗って通っているが、以前は市民は知っているふりをする程度だったが、今は歓声をあげてくれる。地域区である上渓洞の住民たちは困惑する。 「私たちが国会議員選挙で3回落としたのに、どうやって党代表になって現れた」と言いながら(笑)。

- 「大統領の資格」とは何なのか。

△ 大統領として使命感が明確でなければならない。政治について激しく悩んで、国政運営について苦心する者が大統領になるべきだ。文在寅(ムン・ヂェイン)大統領が政治家を決心したきっかけは故盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領の悲劇的な死だと語った。この言葉は実は少しぞっとする。朴槿惠 (パク・クネ)前大統領も、父の名誉を守るために乗り出したとした。一部の人々にとっては感動的な言葉だが、政治を始める動機としては、実際には疑問符がつかないだろうか。一言で、パク元大統領やムン大統領ともに、人物像や人格に対する評価が主になった。しかしいまや能力値に対する評価が優勢にならなければならない時だ。

- 能力をまず判断してほしいという意味なのか?

△ そうだ。大統領選挙が今まで道徳的な人物や国家的な「大人」を選ぶ選挙だったらば、いまや「社長」を選ぶ選挙でなければならない。国家経営という言葉が最初に浮上するだろう。

- ユン・ソギョル前検事総長は適切だろうか。

△ 政治に対する熾烈さ、国政運営の激しさを示す時間は充分にあると思う。はやく決心してその熾烈さを一日も早く国民に示してくれれば良いだろう。このころ何か言うとユン・ソギョル前検事総長を排斥して牽制する発言だと言って、ほんとうに苦しい…。私は大統領選挙の局面で、明らかに経済と雇用の問題が話題に上がると思う。どの大統領候補者でも、この問題を看過したならば後で評価が下がると思う。そのような面で、すばやく登板するのが良い。

- ユン元総長とは別に会う計画があるのか?

△ 私は国民の力の大統領候補者でなければ、会うには不自然な立場にある。党外の方々と緊密にコミュニケーションするために「対外協力委員長」を置こうとと思う。大統領候補の迎え入れという使命を帯びて、より自由に動けるだろう。

- 院内経験がない候補らが大統領候補の支持率1~2位を走る。

△ 汝矣島政治が息苦しいという意味だ。李在明(イ・ヂェミョン)京畿道知事は言葉を明快に語る。ユン元総長も定見と剛断で抗するのではないだろうか。汝矣島特有の不明な話法は現在、国民の期待を受けにくい。

- 国民の党と適度課題は。

△ 安哲秀(アン・チョルス)国民の党代表が追求した、新しい政治の価値を最大限に尊重したい。国民の力に溶け込むことができるように、政綱政策を改正する意思もある。中道や青年政治に対する拡大要求は充分に理解する。事実、政党大会以後は私たちの党に雰囲気が傾いたことから、党の外の大統領候補者たちの算法が複雑になるのではないかという考えもある。それまでも受け入れて理解しようとしている。私は大人輩だから(笑)。

- 過去10年間の政党生活を行い、最も不合理だと考えたことがあれば。

△ 政治は投資に比較して効用がとても出にくい領域だ。数十年のあいだ政党で一生懸命に活動しても、機会が与えられない場合が多い。私は二十七歳で緊急対策委員になった時、青年のイベントに行くといつも「先輩たちが20年のあいだ党のために奉仕したことを知っているだろう?先回りしてはダメだ」という言葉を聞いた。ほんとうに衝撃だった。年功序列で仕切り立てる文化は消えなければならない。したがって競争人事システムを導入するということだ。

- 代弁人を「討論バトル」で選ぶこともそのような理由か?

△ そうだ。18歳以上の老若男女誰でも参加することができる。すでに現職の党協委員長、前職の非対委員、日刊紙の論説委員などが「私も可能か」と尋ねてきた。これまで「迎え入れ」以外には、政治に進入する通路が漠然としていたという傍証だ。

- 実力万能主義という懸念も多い。

△ 代弁人討論バトルを通じて、実力主義がどれほど公正であるかを示すつもりだ。正しい政党の時代に討論バトルをしたとき、けっきょく優勝した友人は崇実高校の3年生だった。

- これから党代表としてやるべきことを一言でまとめると?

△ 党を改革して新しい文化を作ってみる。これまで党代表をしていた方に会って長点をよく吸収し、新しいモデルを作ってみよう。良い機会が来たことを見逃さない。

■ 「再び成長の時代に戻って...規制を解いてこそ新産業があらわれる」

イ・ジュンソク代表は社会問題として浮上した深刻なジェンダー・年齢・職業間の葛藤の原因の一つとして、現政府の「成長放棄」をあげた。成長はしていないのに分配にだけ集中したことから、葛藤が続けて現れているという分析だ。イ代表は最終的に成長を目指すことが必要で、そのためには新しいビジネスを育成する必要があり、政党はこのために創造的なアイデアを「ふさふさ」と出さなければならないと主張した。

- 現政府の経済政策を評価するならば?

△ 社会にさまざまな構造的な問題が生じたが、これはムン・ジェイン政府が成長を放棄したことで生じたとみなす。過去には成長することによって、他人の人生が改善されると自分の人生も改善されるのであまり不満はなかった。ところが成長が停滞して政治が分配のみに関心を持ったことから仕切りだけがはびこり、階級対立だけが生じた。ムン・ジェイン政府は男女を割当制に分け、医師や看護師を分けて、家を持つ者と持たない者に分けて分断だけしている。

- イ・ジュンソク式の成長政策の核心は?

△ 新しい産業を発展させるアイデアをふさふさと出さなければならない。韓国が比較優位を持つ産業を育成することが最初だ。

データセンター業界のようなものが最も代表的だ。過剰規制も解かなければならない。政治をする前に運転免許試験問題集のアプリを作ろうとしたが、試験問題の著作権がたった一社にあって、使うことができなかった。 10年が過ぎた今も同じだ。 YouTubeなど個人放送の時代なのに、韓国は既存の著作物を金を出しても再活用することがあまりにも大変だ。正当な対価を支払って使用できるようにするべきなのに、規制と仕切りがあって使う意欲を出せなかった。このような規制が成長を妨げ、新たな産業の誕生を防ぐ。

- 不動産の問題も深刻だが。

△ 公共住宅から「革新」して、住宅価格を下げる試みをためすのはどうだろうかと思う。民間住宅は民間需要に応じて、すでに膨大なサービスが生まれつつ変化が起きている。ところが公共住宅はどうだろうか。「革新」を与えなければならないがそれをできないでいる。もしも台所をなくして多用途室の空間を取り除いた後、これを共有キッチンの形にすれば住宅価格を1億~2億ウォン下げることができないだろうか。このような試みは公共住宅でまず試みることができると思う。住宅価格を下げるもう一つのアイデアだと思う。

▲ He is ...

△ 1985年ソウル生まれ、△ソウル科学高校、△米国ハーバード大経済学・コンピュータサイエンス学士、△学びを共有する人々代表教師、△クラッセスタジオ代表、△セヌリ党非常対策委員、△セヌリ党革新委員長、△未来統合党最高委員、△国民の力ソウル蘆原丙党協委員長、△国民の力呉世勲(オ・セフン)ソウル特別市長候補キャンプニューメディア本部長。
  • 毎日経済 | まとめ=パク・イネ記者/イ・ヒス記者
  • 入力 2021-06-18 19:15:38