韓「ユニコーン」ラッシュ、上半期に4社誕生…記録更新か



今年に入って7月までに大韓民国のユニコーン企業が4つ誕生した。歴代最速のスピードだという評価が出ている。莫大な市場の流動性を考慮すれば、2019年(6社)を超えて。これまでの最大値の更新が有力だ。

中小ベンチャー企業部は22日、国内のユニコーン企業が7月19日現在で15社が確認されたと発表した。会社の価値が1兆ウォン以上で、外国企業に買収・合併(M&A)されたり大企業の系列会社ではなく、非上場社だけを選り抜いた数字だ。

中小ベンチャー企業部によると、今年新たに誕生したユニコーン企業は不動産仲介アプリで始まって社の外縁を広げている総合プロップテック(Prop Tech)企業の「チクバン(ZIGBANG)」、仮想資産取引所アップビット(Upbit)を運営する「トゥナム(DUNAMU)」、生鮮食品配送サービスのマーケットカーリーを運営する「カーリー(Kurly)」などだ。

これらに加えて、世界的なビデオメッセンジャーアプリAzar(アザール)を運営する「ハイパーコネクト(HYPERCONNECT)」までが加勢した。ハイパーコネクトは今年、米Match Group(マッチグループ)が17億2500万ドルでとつぜん買収したが、国内のベンチャーキャピタル(VC)の評価額は1兆ウォン未満だったが急激に会社の価値が大きくなりつつ売却されたことで公式の統計からは除外された。

企業価値1兆ウォンを突破した履歴のある企業は、2018年末の13社から2019年の末に19社に、2020年の末には20社で、今年は現在24社(ハイパーコネクトを含む)に増えた。 2019年に6つのユニコーン企業が新たに誕生した後、最もすばやくスタートアップの規模が大きくなっているという話だ。

中小ベンチャー企業部のチョン・セヒ投資回収管理課長は、「今年の上半期だけでユニコーン企業が3~4つ出てきたのは、第2のベンチャーブームと呼ぶほどかなり速い速度」だとし、「昨年はベンチャーファンドの新規結成額が6兆6000億ウォンで過去最高を記録し、大規模な投資と後続投資への接続が続いており、今年の下半期にもまた別のユニコーン企業が登場する可能性が高い」と説明した。

ユニコーン企業とは、「スタートアップが上場する前に企業価値が1兆ウォンを超えることはユニコーンのように想像の中に存在する」という、希少性の意味で使われた。しかし今はかなり注目されるスタートアップ創業者たちは、ユニコーン企業を作ることがそれほど遠く感じられないだけでなく、他の者との比較評価の中で「ユニコーンストレス」さえ受ける状況だ。何日か前にエグジットしたスタートアップ創業者のA氏は、「これまでにユニコーン企業は夢の中でのみ想像する単語のように感じられたならば、いまや誰もがユニコーンを叫ぶほど期待が高まった」とし、「スタートアップのレベルが高くなった面もあるが、膨大な資金がベンチャー生態系に集まることがより直接的な理由」だと説明した。

最近、ユニコーンに成長するスタートアップは「アンタクトビジネス」分野に集中している。コロナ19事態がなかなか終息しない困難な状況で、非対面方式で市場を育てて収益を上げることができる事業領域に対する投資の偏りが起こるわけだ。

今年のユニコーンに選ばれたチクパン、カーリー、トゥナム、ハイパーコネクトなど4社はすべてアンタクトビジネスと関連がある。ハイパーコネクトが運営するビデオチャットアプリ「アザール」は初期に中東地域で大規模なブームを起こしたが、外出が不便で外に出てもヒジャーブをかぶらなければならないイスラム女性が殺到したことも主な原因だった。コロナ19でこのような「チプコク」状況が世界に拡大し、オンライン空間での対面需要が爆発的に増えた。実際にこの会社の売上げは、2019年1646億ウォンから昨年は2579億ウォンに急増した。

チクパンは2020年、売上げ458億ウォンと38億ウォンの利益を出して黒字転換に成功した。配達の民族を運営している優雅な兄弟社は昨年の売上げが1兆ウォンを突破した。簡単送金サービスのトス(toss)を運営しているビバリパブリカは昨年の売上げは3898億ウォンで、前年比で228%成長した。
.
  • 毎日経済 | チョン・ボムジュ記者
  • 入力 2021-07-22 21:50:54