ドラッグストア、スマートショッパーを導く健康で美しいショップ

百貨店より身近で眺めただけでも気になる製品でいっぱい 

不況というがドラッグストアに向かう人たちの足取りは止まらない。百貨店より身近で眺めただけでも気になる製品でいっぱいで、負担を削除した面白いショッピングが可能な理由だ。新しく登場を知らせた各売場もまた店ごとに異なるコンセプトで消費者の目をひきつけており、最近大勢だというドラッグストア探しがさらに楽しくなる展望だ。

米国で始まったドラッグストア(Drug-Store)は、既存の薬局の形態で美容、健康用品を加えて販売する売場だといえる。このような流通形態が日本を経て韓国に入って来ながら、国内では薬師にのみ薬局開設を許容する薬事法規制と薬局外で一般医薬品販売が許容されないせいで、薬品でない美容とヘルス中心の品目が主に入店、販売されているもの。それで広い意味でドラッグストアと呼ばれるが、国内ではヘルス&ビューティストアの概念で消費者を求めている。これら売場は、消費者が選好する多様なブランド商品を比較、自由にテスト後、購入することができ、満足度が高い。入るとき負担をなくしてくれる身近な売場とショッピングを気楽にする応対方式もまたドラッグストアの人気に一役買う。

このような雰囲気に支えられ、町内でよく接することのできたCJオリーブヤング、Wストア、GSワッスンスに加え、今年Eマート「ブーンス」、カフェベーネ「ディッセンバー24」が市場に合流し、今やドラッグストア全盛時代といってもよい風景が繰り広げられている。Eマート「ブーンス」は140か所の全国Eマートに入店を推進中で、カフェベネ「ディッセンバー24」に続きロッテグループも年内に1号店を開く計画だ。英国の有名ドラッグストアである「ブーツ」も国内進出を準備していると伝えられ、ドラッグストアを楽しみ探す者たちの期待を高めている。それで、あなたにより聡明なショッピングを助けてくれるドラッグストア分析記を薦める。

▶ 堅実なショッピングの天国GSワッスンス

GSリテイルが、香港流通業者ASワッスンとの合作法人を通じ運営するGSワッスンスは、世界的なソーシング網が強みだ。加えて堅実族と実利派消費者をひきつける破格的な価格とイベントもはずせない。ワッスンスでスマートにショッピングする方法はまさに売場に置かれたチラシを参考すること。チラシには行事と関連した内容が詳細に出ており、どのような製品がどれくらい割引をしているのか、もしくはどのような製品を買えばどのような贈呈品を受けられるのかが易しく分かる。熱い価格割引と盛りだくさんの贈呈品を誇るワッスンスのチラシをじっくり見るだけでも賢いショッピングが可能だ。

製品の品目別、カテゴリー別行事でいっぱいで贈呈品恵沢が加わるのはもちろん、ブランドごとに「1+1」もしくは20%割引をする行事商品などが売場のいたる所に配置されている。他のドラッグストアより割引幅が大きいのも長所。中低価のシャンプー、ヘアトリートメント、口腔用品、生理用品などの生活用品がとくに人気商品だ。毎月100%当選スクラッチカードイベント、金額台別割引クーポン贈呈、スタンプカードイベントなどが進行され、GSワッスンスメンバーシップ会員は、GSカルテックスとGSリテイルなどGS&ポイントで統合管理が可能であることも記憶しておこう。

▶ 薬局と出会ったドラッグストアWストア

Wストアの最も大きな特徴は、薬局の比重を高めたということだ。コーロンウェルケアが運営するWストアは、薬師を加盟店主に誘致し、5000種余りの専門医薬品を持ち合わせている。薬局がない他のドラッグストアは、一般医薬品を取り扱うことができず、ヘルス、ビューティ、リビングなどの商品を混合し陳列することが法的に不可能だ。易しくいうと、医薬品である傷口治療剤「フシディン」と、傷口には助けになるようだが薬でない「飲むコラーゲン飲料」のような製品を混ぜて陳列することができないということだ。

しかし、Wストアには医薬品の下の陳列台に美容と健康製品をともに配置しており、もう少し便利なショッピングが可能だ。さらにひとつのセクションに様々な薬局用化粧品ブランドが一緒に陳列されており、ひとつの場所で製品を比較してみて購入することができ、便利なショッピングを助ける。一般的に、ひとつの陳列台にはひとつの種類の薬局用化粧品ブランドのみ置かれている。薬局用化粧品会社は、ドラッグストアと入店契約する時、ひとつの陳列台にひとつのブランドのみ陳列しなければならないという前提を付けるためだが、Wストアはその部分の契約を異なるようにし、他の売場と差別化を置く。

▶ マートではありません「ブーンス」

ブーンス江南店を初めて訪問したあなたは驚くかもしれない。化粧品ブランド数が100種類余りに達し、医薬品と健康食品、ボディとヘアケア・飲料などを含めた合計品目数が1万種類を超える超大型ビューティ&ヘルス専門店として、既存のドラッグストアとは異なる新しい形態の流通チャネルを構築している。ビューティ売場で最も目に入るものはSK-Ⅱ・エスティローダーなど百貨店ブランドを並行輸入し、15%割引された価格で販売するということだ。加えてマリオバデスク・ラフォーレ、100%ピュアなど単独ブランドにも出会える。

ブーンスは製品以外にも薬局・エステティック・美容室をともに入店させ運営する歩みを目立たせる。江南店1階売場の端には専門薬師が常住する薬局がある。地下1階にはヘア・ボディ用品・台所用品・文具類などがあり、乳製品・冷凍ならびに冷蔵食品などを販売するセクションも用意されている。流通期限が差し迫った食品は、30%割引販売を実施する。ワインまで備わっているのでマートを連想させもする。一食の食事として解決できるサラダと果物・モーニング豆腐などの製品はミニサイズで披露され、1人消費者の満足感を増す。さらにカフェ・ヘアーショップ・エステティックショップにも出会うことができるので、マート型ドラッグストアと名付けたい。

▶ 韓国型ドラッグストアの模範答CJオリーブヤング

1999年国内で初めての韓国型ドラッグストアとして、ヘルス&ビューティストアという新しい流通カテゴリーをつくったCJオリーブヤングは、2012年8月に200号店を突破し、一日約6万人以上の購入顧客を誇る。(2012.7一日平均6万3千人)13年の歴史を誇るCJオリーブヤングは、地下鉄駅周辺商圏・大学街・オフィスモールなど多様な所に位置しており、消費者がいつでも便利に探せるという長所がある。

ヘルスケア・ビューティケア・パーソナルケア・食品・一般雑貨など5つのカテゴリーで製品を披露する。日本・フランス・米国などグローバルブランドを積極的にソーシングした結果であるバーツビーズ・ツバキ・オーガニックス・マジョリカマジョルカなどのブランドと、直輸入ブランドアイラブ・ジュースビューティ・コテージなどに出会えることがここの強みだ。さらにPB商品開発を並行し、CJオリーブヤング専用ブランドのランチングも推進している。それだけでなく、2030消費者を対象にファッションマガジンと共同企画し「スマートビューティアワード」を開き、軍隊にいる家族、友達、恋人のための「ミリタリーオムキット」など興味深いプロジェクトも提案する。

CJオリーブヤングでは毎月最後の週の木曜日、全国CJオリーブヤング売場で購入顧客を対象に、CJONEポイントを2倍積み立てしてくれる。そうかと思えばCJオリーブヤング会員には毎月ホームページでメイクアップサービスを受けられる売場スケジュールを提案し、普段使ってみたかった製品をテストしてみて、専門家からメイクアップを受けられる時間を作ってくれる。

▶ クリスマスイブのときめき「ディッセンバー24」

コーヒー専門フランチャイズのカフェベネが去る8月、ソウル江南駅近くにドラッグストア「ディッセンバー24(December24)」1号店をオープンした。ディッセンバー24は、12月24日クリスマスイブのときめき、24歳の女性の健康な美しさを意味するもので、女性消費者の感性を刺激するマーケティングが目立つ。エディターズチョイスショップ(Editor`s choice shop)という新しいポジショニングを試みたことが大きな特徴だ。

まず「セルフメイクアップゾーン」では、顧客が多様な基礎もしくは色調化粧品を無料で自由に試演することが可能だ。売場に常住するメイクアップ専門家から直接メイクアップサービスを受けられることはもちろん、自分に合うアイテムの推薦を受けることができる。

次は「ランキングゾーン」だ。人気商品とトレンディな商品をひと目で点検できる空間だ。顧客の投票で選定されたアイテム以外に、ディッセンバー24専門MDが推薦する良い品質の商品群を確認することができる。ファンシーとキャラクター用品を集めた「ファンシーゾーン」、若干の費用だけ出しても立派なクオリティの贈り物包装を期待できる「贈り物包装ゾーン」がある。

ショッピングをして疲れたあなたには「休息空間ゾーン」を推薦する。ここに置かれたiPadで安らかな椅子に座って休みながら、各種製品もしくはイベント情報を見ることも可能だ。ディッセンバー24は今後、自社ブランド商品と独占商品をさらに拡大する予定で、コーヒー専門フランチャイズというカフェベーネの長所を生かし、原豆コーヒーのような製品にも出会えることが特徴だ。

■ Shopper’s View「ドラッグストアの魅力を話して」

1. スマートな消費者を知っている
有名ブランド、高価の製品より費用対比品質が良く、価格が合理的な製品と口コミで品質の認定を受けた製品がヘルス&ビューティストアの強みだ。さらに、多様でトレンディなブランドの製品を比較してみて体験してみて購入することができ、頑固な消費者がさらに満足する。

2. 女性とシングル族のワンストップショッピング空間
強力な消費主体として浮かび上がる女性とシングル族がとくに好むドラッグストアは、化粧品ならびに生活用品、雑貨など多彩に商品をリリースし、シングル族のワンストップショッピング空間になる。大型マートが負担なシングル族に町内で易しく出会える位置と便利さが強みだ。

3. トレンディなショッピングが可能
20~30代女性を主要ターゲットとするドラッグストアは、彼らの嗜好を反映したトレンディな商品が多様にリリースされる。マルチショップ概念で多様なブランドを比較後、購入が可能だという点や、百貨店、マートで出会えない多様な商品群をひとつの場所で見て選択できることが長所。

4. マーケティングの泡を減らしたブランドに出会う
百貨店入店が難しいブランド、単独ロードショップ進出が難しい中小企業ブランドがここにはあふれている。中堅化粧品業者とPB製品を生産するブランドを披露し、消費者と販売者全てに有利なこと。流通過程を減らし、優秀な製品と合理的な価格帯のPB商品を多様な商品群で出会うことができる。
  • Citylife_シン・ジョンイン
  • 入力 2012-10-17 12:00:00