トップ > コラム > ほろ苦い水曜デモ30周年…韓保守団体、少女像前を占拠

ほろ苦い水曜デモ30周年…韓保守団体、少女像前を占拠


  • ほろ苦い水曜デモ30周年…韓保守団体、少女像前を占拠

  • 5日、ソウル市鍾路区の駐韓日本大使館の向かい側の連合ニュース社屋前では、日本軍性奴隷問題に対する真相究明と公式謝罪を要求する「需要デモ」に100人余りが参加した。この日に開かれたデモは1525次デモで、これをもって「水曜デモ」は30周年を迎えた。 [パク・ヒョンギ記者]



「ハルモニたちが大変だったのに勇気をもって出ていらっしゃたので、私も一緒にと出てきました。ひとつ心で30年のあいだ何度も一緒にやっています」。

5日、ソウル市鍾路区の駐韓日本大使館の向かい側、連合ニュース社屋の前で開かれた水曜デモ現場だ。 92歳の年齢にもかかわらず水曜デモに乗り出して、慰安婦問題の解決を主張した外国人の修道女はこの日も集会に参加してこのように語った。午後12時頃に行われた第1525回水曜デモは、この日で30周年を迎えた。 1992年1月8日、当時の日本の宮沢喜一首相の訪韓をきっかけに始まったものが30周年を迎えたのだ。

世界的に類例のない水曜デモの現場だが、すぐ隣では保守団体が「慰安婦はなかった」というスローガンを叫んだし、正義記憶連帯は集会現場での人権侵害に警察が積極的な措置をとらないとして国家人権委員会に陳情を提起するなど、乱雑でほろ苦い雰囲気を演出した。

さらにこの日の水曜デモは自由連帯などの保守団体に押され、平和の少女像から約30メートル離れた連合ニュース社屋の前で開かれた。デモは慰安婦被害者であるイ・オクソン氏、イ・ヨンス氏の二人の発言映像と市民らの連帯発言、声明書の朗読、公演の順序で1時間ほど進行した。イ・ヨンス氏は「30年のあいだ雨が降ったり雪が降ったり、多くの方々が私と話をするだけで感謝している」とし「拷問等禁止条約で慰安婦問題を解決しなければならない」と語った。

一方、保守団体による水曜デモ参加者に対する侮辱などが続くやいなや、正義記憶連帯はソウル鍾路警察署を相手に人権委への陳情を提起した。正義連の関係者は「極右団体による(慰安婦)被害者と水曜デモ活動家たちに対する侮辱にもかかわらず、警察は現場で積極的措置を取っていない」と糾弾した。これと関連し、警察関係者は「毎週水曜デモを控えて、両集会側と数十回対話しながら調整しようと努力している」と明らかにした。

集会場所をめぐる葛藤も、毎週繰り返されている。現行法上は集会の3日(72時間)前に集会を申告した側が、集会場所の優先使用権を有する。保守団体が警察署の前で夜を徹して集会申告を先に行ってきたために、正義連側は2順位に押されている。来る12日からは現在の2位の場所すらも、「オンマ部隊」などの保守団体が先に占めた。

警察の関係者は「優先権のある団体の意思はどうか、議論してみなければならない」としながらも、「譲歩しないときは、手続き上で正義連が押しだされるかない」と説明した。
  • 毎日経済 | パク・ホンジュ記者
  • 入力 2022-01-05 17:49:55