トップ > コラム > 韓企業、ワシントンで大物を次々獲得…米・中紛争の長期化そなえ

韓企業、ワシントンで大物を次々獲得…米・中紛争の長期化そなえ


  • 韓企業、ワシントンで大物を次々獲得…米・中紛争の長期化そなえ

米・中貿易紛争が勃発したドナルド・トランプ政権時代からジョー・バイデン政権まで、米国保護主義の障壁を経験した韓国大企業は、米ワシントンDCで「親韓派」有力人たちを続々と迎え入れて対官部門を強化していった。安定的な供給網の確保などの経済安全保障を重視し、米国の突然の政策変化による不確実性を最小化する目的だ。これまで成長を続けてきた中国事業に力を入れてきた国内企業が、米国の高位級の政・官界の人士との連携も強化する姿だ。

21日の財界とワシントン消息筋によると今年、LGグループと現代製鉄はワシントンDCに新規事務所を開設し、国際情勢の変化に弾力的な対応を開始した。

サムスン電子に北米法人対外協力チーム長(副社長)として迎え入れたマーク・リッパート元駐韓アメリカ大使は、来月1日から米政府と議会および機関などを相手にサムスン電子対官業務を担当する。サムスン電子は「リッパート前大使は長年の公共政策経験を土台に、地政学的要素が米国ビジネスに及ぼす深い理解をサムスン電子米国法人に伝えるだろう」と期待した。

リッパート元大使は米民主党と厚い人脈を築いてきた。同氏はバラク・オバマ元大統領が上院議員だった2005年当時に補佐官を務めた。続いてオバマ政権では国防部アジア太平洋担当次官補と国防長官秘書室長などを歴任し、2014~2017年に駐韓米国大使として活動した。同氏は大使在職当時に凶器に襲われて怪我をした時も、韓米同盟のスローガンである「一緒に行きましょう」に言及するほど韓国との縁は格別だ。大使を終えてからは、米ボーイング副社長やYouTubeアジア太平洋地域の政策総括として働いてきた。

LGグループは新設するワシントン事務所の共同所長として、トランプ元大統領在任当時にホワイトハウス副秘書室長を務めたジョー・ヘイギン氏を迎え入れた。ヘイギン所長は共和党所属の4人の大統領が在任していた15年間、ホワイトハウスに勤務した最高の儀典専門家としてあげられる。 2018年にシンガポールで開かれた米・首脳会談の準備過程を総括し、北韓側の交渉チームと交渉チームと儀典および警護などを完璧に調整して注目を集めた。

ポスコ米国法人はトランプ政権時代、2019年2月のハノイ米・北首脳会談当時に北韓核交渉代表を務めた「対北通」であるスティーブン・ビーガン前国務省副長官を顧問にしている。昨年8月、ポスコアメリカの顧問に選任されたビーガン元国務部副長官は、国際関係と投資や親環境そして通商などの分野の諮問役を務めている。財界の関係者は「ポスコが米国国務省との別途プロジェクトを準備し、ビーガン前副長官の助言を受けていると聞いている」とした。ビーガン前副長官はジョージ・W・ブッシュ政権でホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)事務局長として働くなど、共和党側の人脈が厚い。

トランプ政権でビーガン前副長官と一緒に勤務していたアレックス・ウォン対北交渉特別部代表(東アジア太平洋担当副次官報)は、国連特別政務次席大使を経て昨年7月からクーパン・ワシントン事務所総括役員として韓国との縁を続けている。

現代製鉄は最近、ワシントンDCに事務所を新たに設けてチャン・チョルスン氏をワシントン事務所長に任命した。現代自動車グループの次元で米国投資を拡大する中で、系列社である現代製鉄でも米国で安定して鉄鋼製品を販売するために、通商規制と反ダンピング・相関関税などに積極的に対応しようという布石だ。

法務法人大陸亜州(DR & AJU)はワシントンDCに事務所をオープンし、法律サービスに乗り出す。米国に投資しようとする韓国企業と資本家が増加する傾向に合わせ、個別に特化した法律諮問を提供すると見られる。サムスンを経てコトラ貿易館長を務めた国際通商専門家のパク・チウン氏が、大陸亜州の新規ワシントン事務所に合流した。

ハンファディフェンス、韓国航空宇宙産業(KAI)、LIGネクスワンなど国内の防衛産業企業も、「K防産」の輸出を狙ってワシントン事務所の強化に乗り出した。ハンファディフェンスは5月にワシントン事務所を拡大し、デトロイトにエンジニア事務所を新規設立して米州法人HD USAを発足させた。法人長は英国の防衛企業BAEシステムズ出身のジョン・ケリー氏が務めており、米8軍司令官を歴任したバーナード・シャンプー(Bernard Champoux)氏が顧問の役割を果たしている。 KAIとLIGネクスワンも役員級の人事をワシントン事務所長に前進配置し、米国内の力量強化に乗り出した。
  • 毎日経済 | ワシントン=カン・ゲマン特派員/ソウル=ハン・ウラム記者
  • 入力 2022-02-22 09:40:30