トップ > コラム > 韓国vs日本「UMA空中戦」…まずは日本が先行

韓国vs日本「UMA空中戦」…まずは日本が先行


  • 韓国vs日本「UMA空中戦」…まずは日本が先行
  • 写真提供=現代自動車グループ



まずは日本が先に打って出た。

韓国と日はが自国の都心航空交通(UAM/Urban Air Mobility)の商用化の時期として2025年を掲げたが、準備状況は日本が一歩先のようだ。 25日、関連業界と日本経済新聞などによると、経済産業省と国土交通省は2025年大阪博覧会の開催を控え、大阪空港と京都市内を結ぶ8つのUAM路線を最近になって確定した。具体的には、博覧会が行われる場所(夢州)と関西国際空港、大阪国際空港(伊丹空港)、神戸空港、大阪市内、京都市内などを結ぶ路線だ。毎時間にUAM 20便の運航を目標に、2025年から該当の路線を飛ばす計画だ。

日本のANA航空は、米国のUAM専門会社のJoby Aviation(ジョビーアビエーション)と日本でのUAM運航を推進するという条約を結んだ。ジョビーアビエーションは日トヨタが出資した企業で、日本企業と幅広い事業協力関係を構築している。日本航空(JAL)は独Volocopter (ボロコプター)社からUAM機体を導入する案を推進中だ。日本の国産UAMメーカーのスカイドライブ(SkyDrive)社もUAM市場に進出すると出仕の票を投じた状態だ。

日本政府は今年中にUAM機体を製作する会社はもちろん、都心航空を運営して離着陸場を管理する会社も選定する予定だ。機体開発と運航は特定企業ではなく複数の企業に任せる予定であり、これらの企業は運航路線と運賃を関連協会などと協議した後に策定することにした。また国土交通省は来年から、UAM運航に必要な管理指針などの制度を整えることにした。

韓国では現代自動車グループとハンファグループなどの航空分野の新事業を推進する大企業だけでなく、SKテレコムやKTなどの通信企業までがUAM市場に飛び込んでいる。韓国政府は日本のように路線を確定する段階までは至らなかったが、金浦空港や仁川空港からソウル市の江南地域までをむすぶ路線を予想している。 UAMが離着陸するには「空域」問題が重要だ。空域は飛行に適合するように、制御によって安全措置がなされる空中設定区域だ。現在の首都圏は飛行禁止区域だ。だが政府は韓国型都心航空交通(K-UAM)のロードマップを2年前から構築し、2025年にはソウルの都心にドローンエアタクシーが行き来するシナリオを出した。今後はUAM特別法の制定で共役など規制事項を整備していく計画だ。

UAMの機体開発と通信網の構築、離着陸場の建設などは大企業がすでに推進している。特にこれらの企業はいわゆる「UAMチームコリア」体制で協力していき、関連技術の共同開発に邁進している。ハンファシステムは2019年7月、UAM市場進出を公式化し、米国オーバーエアとともにエアタクシー「バタフライ」の共同開発を進めている。ハンファシステムとオーバーエアは2024年までに機体開発を完了し、2025年には韓国で試験運航を開始するという計画だ。

戦闘機などの機体を開発してきた韓国航空宇宙産業(KAI)と国内初の「チルトローター(Tiltrotor)」のデモに成功した韓国航空宇宙研究院は、UAMと関連して韓国で最も先進的な技術を確保したと評価される。チルトロッターはヘリコプターのように垂直に離着陸し、水平状態では高速での飛行が可能な機体だ。 KAIは2025年までに計2兆2千億ウォンを投資し、UAMをはじめとする未来航空交通手段の事業拡大に乗り出している。

国内の商用化時期は2028年にとどまっているが、それに先立ち米国でUAMの商用化を計画中の現代自動車グループの動きが最も関心を集める。すでに関連法人「スーパーナル(Supernal)」を設立した現代自動車グループは、米国西部でUAMの実証テストが可能な敷地を物色中であり、韓国UAM事業部もソウル市瑞草区の良才洞現代自動車本社からソウル市龍山区元暁路の現代自動車の敷地に移した状態だ。特に現代自動車グループは、スーパーナルを通じて英国のUAM垂直離着陸場(バーティポート)建設スタートアップのUrban Air Port(アーバンエアポート)に投資し、UAM機体開発の他にも空港建設に多くの関心を注いでいる。アーバンエアポートは来る4月末、イギリス西部ミッドランドのコベントリーに世界で初めてUAMバーティポートを構築する予定だ。

大韓航空は24日、航空安全技術院と協約を結び、UAMチームコリアの円滑な業務遂行に協力することにした。
  • 毎日経済 | ソ・ジンウ記者
  • 入力 2022-03-25 23:56:55