外国人留学生10万人時代の光と影…特定国の留学生に偏重


  • < 外国人留学生の滞在現況 >

国内に滞在する外国人留学生は10万人時代を迎えたが、特定国の留学生に偏重する現象は相変わらずだし、留学生の数を増やすだけに汲々とした政府の政策のせいで、中途で脱落する学生も少なくないことが分かった。

法務部の出入国統計によると8日、韓国で勉強をするために滞在中の外国人留学生数は、2月は10万5193人で3月は10万6138人、4月には10万3509人で5月は10万3442人を記録した。昨年9月、一時的に10万人を超えてその後はとどまっていた留学生の数は、今年の上半期に入って「10万人時代」に難なく到着したことを知らせる信号弾だ。

外国人留学生の誘致に精を出した各大学は、留学生10万人時代が韓国社会に肯定的な好循環効果をもたらすだろうと喜んでいる。彼らが韓国社会にとどまって使う学費と生活費など、経済的な期待効果は1兆ウォン台に達するという「バラ色の分析」もある。

しかし、外国人留学生と留学生の誘致業務を担当する人々の説明は異なる。中国などの特定国、学部生中心、人文社会系に偏った現象は相変わらずだ。彼らは滞在中に韓国人学生とまじわることができず、言語・文化の違いを克服できずに中途で帰国するケースが続出している。さらに留学生で学生数を埋めることに没入したいくつかの地方大学のために、国の資金まで少しずつ漏れている。

2015年度の大学アルリミ(お知らせ)公示によると、ソウル所在のM大学など外国人留学生の中途脱落率が10%を超える大学は、全国的には20ヶ所に達する。高騰する家賃などのために「合理的な価格」で良質の教育サービスを提供していた過去の競争力も喪失した。家賃の高空行進と高騰する物価で、外国人留学生が新林洞の(ワンルームアパートなどが集まる)「考試村(コシチョン)」などに大挙移住する、集団的「偏り現象」まで観測されている。速い速度で外国人留学生「10万人時代」を開いたが、同じ速度で留学対象地としての魅力がなくなっているというのが国内の外国人留学生の声だ。

このような現実のために、一部では留学生が韓国に対する良くないイメージを持って本国へ帰るかもしれず、憂慮する声まで出ているこの頃だ。
  • 毎日経済_キム・ギュシク記者/パク・ユング記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-07-08 15:50:13