すべての電子機器を制御「スマートホーム」宣言

サムスン電子、ホームビュー・機器管理サービス初登場/LG、UHD・OLED TVのフルラインアップ公開 

「グッドナイト」。このひと言にTVが消えてエアコンが消える。照明が徐々に暗くなって、カーテンが閉まる。各種の家電機器を消すために、家のなかをあちこち歩きまわる必要なしにまっすぐに寝床に入る。職場からもスマートフォンでそうじ機を動かして掃除をし、家の中に問題がないかをカメラで確認する。帰宅直前にあらかじめエアコンをつけ、照明を明かるくしておく。

サムスン電子は7日から米国ラスベガスで開幕するCES2014で家電やTV、スマートフォンなど、家の中の家電機器とIT機器をつなぐ「スマートホーム」サービスを登場させ、今年の上半期に市場に出荷すると5日、明らかにした。サムスン電子はこのために、スマートな暮らし、それ以上の価値を意味するスローガン(スマートリビング・アンド・ビヨンド)と、スマートホーム事業を象徴するブランドとロゴを公表する。

サムスン電子は簡便な統合機器制御機能と長期間留守にする時も心配のいらない「ホームビュー(Home View)」、そして機器管理サービスの3つをまず登場させる予定だ。統合機器制御は、外部からスマートフォンやギャラクシーギアで家の中の家電機器を動かしたり停止させられる機能だ。海外出張中でも携帯電話が使える所であれば、どこからでも使うことができる。

スマートホームサービスが既存の機能と異なる点は、生活家電とスマートTV、スマートフォン、タブレットPCはもちろん腕時計型のギャラクシーギアまで、すべて同じプラットホームにまとめ、ひとつのアプリで家の中のすべての機器を制御し管理できるという点だ。

サムスン電子は2014年型戦略家電製品とスマートTVやスマートフォンを中心に、今年の上半期「サムスンスマートホーム」を出荷した後、段階的にスマートホームサービスの機能と対象品目を拡大して行く方針だ。他企業の機器も連動させることができるように、連結標準規格(SHP)を開発し、サムスンのすべてのスマートホーム対象製品に適用して、これを他企業の製品にまで拡大するという計画だ。

  • 7日(現地時間)、米ラスベガスで開かれる世界最大の家電展示会であるCES2014で、サムスン電子が登場させるスマートホームサービスを、女性モデルがスマートフォンを利用してデモしている。<写真提供=サムスン電子>

ホン・ウォンピョ(洪元杓)サムスン電子メディアソリューションセンター社長は「昨年の中盤、社内の力量を総集結した‘スマートホーム委員会’が出帆して以後、サムスンスマートホームが消費者の日常生活に、また一つのスマート革新を吹き込むためにこつこつと準備した」と説明。各種の家電製品を連動させた後に、出入りの統制とエネルギー・健康・親環境(低環境負荷)などの分野に領域を拡げて行く予定だ。アンドロイドを含めた各種の基本ソフト(OS)をサムスン・スマートホーム・プラットホームに連動させ、情報通信技術・建設・エネルギー・医療などの分野の協力社と次世代サービスを開発するという意図も明らかにした。

LG電子はUHDフルラインアップ(49~105インチ)を終え、画質と音質をともに改善した新しい製品を登場させる。LG電子は高解像度データ処理技術である「トゥルーウルトラHDエンジンプロ」を適用し、UHD映像を損失なしに処理できることが特徴。ユーチューブのコンテンツをUHD TVでも画質の損失なしに見られるようにする次世代の映像圧縮方式である高効率ビデオコーディング(HEVC)デコーダーを搭載して、TVでそのままUHD動画の再生が可能だ。LG電子は特に今年、UHD TVの音質をさらに補強した。

これとともにLG電子が今年のCESで登場させる105型曲面UHD TVは、今年の高級市場で一番多く販売されると予想される製品だ。105インチ曲面UHD TVは21対9の画面比に、画質もUHD(800万画素)より一段階高い1100万画素で5倍鮮明だ。UHD TV市場とともにOLED TVも同時に攻略中のLG電子は、特に今年の上半期内に77インチ曲面UHD OLED TVを出荷する予定だと明らかにした。

※毎日経済は「CES2014」をいきいきと伝えるために、新聞とMBN統合企画取材チームを構成しました。
  • 毎日経済_企画取材チーム:ラスベガス(米国)=産業部=イ・ヂニョン記者/ハン・エギョン記者/モバイル部=ホン・ヂャンウォン記者/MBN産業部=キム・スヒョン記者/イ・ヂョンホ撮影記者/ソウル=ソン・ヂェグォン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-05 17:47:36