閉会式を総演出したチャン・ユジョン氏…202人で作ったステージ


  • ソウル市清潭洞のカフェで27日に会ったチャン・ユジョン平昌オリンピック開・閉会式副監督兼閉会式総演出。 ハン・ヂュヒョン記者



27日午後、ソウル市清潭洞のあるカフェで会ったチャン・ユジョン平昌冬季オリンピック開・閉会式副監督兼閉会式総演出(42)。花と本がいっぱいでクラシック音楽が流れる静かなカフェを見回して笑って、やりたいこと、つまり2年間ないしたことをだらだら詠んだ。 「これからしばらくの間の選択は、メニューの選択だけにしたいです。人には見せないことだけ書いていたい。また、2年前に買っておいてひろげたこともないヘミングウェイラングやボルヘスも読んでみたい」。

「懸念を抱えてはじめた平昌、成功裏に膜を下ろした」。

去る25日の閉会式が終わると、米ウォールストリートジャーナル、独DPA通信、英ロイターなどの外国メディアがいっせいにこのような好評を吐き出した。平昌冬季オリンピック閉会式を務めたチャン・ユジョン演出の心がぴったりジョレトという。
大会期間のあいだずっと心配でいっぱいだった。閉会式まで一つだけ祈ったという。「どうか安全に、誰も傷つけることなく」。

チャン氏は「比喩ではなく、ほんとうに戦争をして帰ってきた」という。相手は人間ではどうすることもできない「時間」と「天候」だった。閉会式は開会式が終わってからリハーサルを開始することができた。さらに今回の大会の時は中間に正月連休まではさまっており、不足している練習時間がさらに減った。 「閉会式を6日後に控えた19日になってようやいく練習を本格的に開始したけれど、22日に雪が降って途中でリハーサルを中断しなければならない…。その翌日には風が秒速20メートルで吹き、また中断したんです。24日は幸いなことに、風も吹かず雪も降らずで。ところが霧がかかって…目の前がなにひとつ見えない。ああ、運を開会式にだけ使ったのかと思いましたよ」。

しかし閉会式当日の天気はすばらしく晴れたし、「ネクストウェーブ(Next Wave)」という主題の下に開かれた「融合」の舞台は成功的だった。 「地球上でこれ以上新しいもの出てくるだろうとは期待しませんが、あるものは融合して新たな価値を生み出すことことはできる」という監督団の信仰のままだった。背景音楽には西洋の楽器で伴奏したパンソリが鳴り響いた。韓国の伝統舞踊とメディアアートが繰り広げられ、エレクトリックギターのサウンドがコムンゴとともに旋律を作った。現代と過去、東洋と西洋がひとつに調和した舞台だった。

チャン演出は最も感動的な場面として「調和の光」の舞台をあげた。 13歳の天才ギター少年ヤン・テファン君の演奏に合わせて、聖火台に向かう40メートルに達する斜面の上にダイナミックなループダンスのステージが繰り広げられた。続いてクロスオーバーバンドのチャンビナイ(Jambinai)の東西を網羅した音楽に合わせて、俳優イ・ハニとダンサーたちが伝統舞踊「春鶯舞(チュンエンム)」を披露した。すべてのステージがピークに達したときに起源の塔が光る。 「塔が光を放つときに胸がジーンとしましたよ。この舞台に投入された人員はなんと202人です。誰一人ではなく、すべての人の犠牲と努力をひとつに集めて光を放ったんです。ほんとうに閉会式を成功裏に作ってくれたありがたい方々の名前を列挙するなら、新聞の一面を名前だけで埋めることができます」。

『愛国歌』を歌った歌い手のチャン・サイク、Kポップのステージを披露したCLとEXO、オリンピック賛歌を歌ったオ・ヨンジュン、ギタリストのヤン・テファン…。オリンピックの舞台の最大の難題は、適材適所に人物を交渉することだ。いつも甲論乙駁が絶えない部分だ。

チャン演出はインタビューの場を借りて、舞台に立った彼らに感謝を伝えた。 「オリンピックの舞台は栄光というよりは、実際には負担です。賞賛よりは非難されやすい場ですから。勇気を持って舞台に立ってくださった方々に感謝します」。カヤグム専攻のイ・ハニの「チュンエンム」の舞台論議も説明した。 「その舞台は韓国の美を示す舞台でした。2016年リオ五輪ではモデルのジゼル・ブンチェンがウォーキングを披露しましたね。イ・ハニさんはミス・コリア出身で、またミスユニバース大会で伝統衣装賞を受けました。また伽耶琴併唱の専攻者であれば演奏だけでなく、わが国の伝統的なしぐさにも慣れている方なので適格だと思ってたんです」。

他にも考えもできなかった困難がとても多かった。

最も頭を悩ませることの一つは「聖火」だった。「最後に聖火が音楽に合わせて消えなければならないのに、その瞬間をまったく推測することができませんでした。音楽が終わったのに聖火が残っていれば、ほんとうにたいへんな事故じゃないかですか。ところが、聖火はあらかじめ消すことができないんです。実際に閉幕式にぴったり2秒遅れて消しました。その2秒のあいだ消して!消してちょうだい!とわめきちらしました。息が止まるかと思いましたね」。

「信じられない」。チャン演出はインタビューのあいだずっとこの言葉を繰り返した。閉会式が終わってチキンとビールを飲みながら打ち上げが盛んだった時も、「やり遂げた」という実感が湧かなかったという。 「みんなで順番に歌を歌いました。ソン・スンファン総監督が最盛に『ナムナム』を歌いました。その次にヤン・ジョンウン演出様が春香歌の『サランガ』をうたったし。私はソン・チャンシクの『最初の告白』を歌いました。信じられます?この3人が集まって第4次産業革命を語って、新しい情報通信技術(ICT)を得てこのようなオリンピックを作りました!」。

■ She is ...

△1976年光州生まれ、△韓国芸術総合学校演劇院演出を卒業、△高麗大言論大学院映像専攻卒業、△2005年~ミュージカル『オー!あなたが寝ている間に』作・演出、△2006年~ミュージカル『キム・チョン・ウク探し』作・演出、△2006年韓国ミュージカル大賞最優秀作品・作詞・脚本賞、△2008~2015年、ミュージカル『兄弟は勇敢だった』作・演出、△2008年文化観光部今日の若い芸術家賞演劇部門、△2013年第19回韓国ミュージカル大賞ベスト創作ミュージカル賞・演出賞、△2017年映画『ブラザー』脚本・監督
  • 毎日経済_キム・ヨンジュ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-03-01 17:10:25