Amaze VR社のイ・スンジュン代表…米国でも成功ストーリーを



「カカオトークの成功ストーリーをシリコンバレーで作ってみたいと思っています。バーチャルリアリティ(VR)産業はいま始まります。VR分野のネットフリックスになって、グローバルメディアコンテンツの中心になります」。

Amaze VR(アメイズVR)社のイ・スンジュン代表(35)の抱負だ。VRのコンテンツとプラットフォームでグローバル市場をリードしていくというわけだ。

イ・スンジュン代表は、「VRは韓国人、アメリカ人が重要ではないことが分かった。そこで挑戦した。韓国で始めたならば、ここまで来れなかっただろう」とし、「韓国人が主軸になって作成したコンテンツプラットフォームが、世界市場で通用するという事実を証明したい」と強調した。イ代表は2015年現在、イ・ジェボム前カカオ代表とカカオトークの初期の開発者であるナム・デリョン氏とク・ギョンリョル氏とともにアメイズVR社をシリコンバレーで創業した。カカオトークが韓国で爆発的に成長するときの経験を持って、会社(カカオ)を出た後だ。イ・ジェボム前代表とイ・スンジュ代表はiPhoneの登場以来、モバイルメッセンジャーがスマートフォンのキラーアプリケーションになると見た。

とは言え、以後は未来技術はVRで通じると信じていた。特にグローバルサービスに対する渇きが彼をシリコンバレーに導き、すべての財産と情熱を投資してアメイズVRを創業することになった。

イ・スンジュ代表は「カカオではロケットに乗ったように、10兆ウォンの価値がある会社になるまでがんばったが、いまやシリコンバレーで100兆ウォンの価値を持った会社にしてみたい。韓国人が作ったプラットフォームでVR分野でファーストムーバーになり、VRという未来のメディアで勝負をためす」と話した。

シリコンバレーで生まれては消える数多くの技術の中で、なぜVRだろうか。イ・スンジュ代表は、「10年前にスマートフォンの登場のような、コンシューマーパラダイムの転換、技術革新のきっかけはVRと拡張現実(AR)しかないようだ。コンシューマー機器の革新はヘッドセットになるだろうし、最終的にテレビと映画館を置き換えると見た。VR市場で最も多くの映像コンテンツを消費するためのプラットフォームが勝者になると判断した。だからVR映像の制作と流通を一緒に行うアメイズVRを創業した」と説明した。

イ・スンジュ代表が率いるアメイズVRは、Facebook(オキュラス)やギアVRなどのプラットフォームで見ることができるVRアプリだ。オキュラスの無料アプリのうち10位に含まれるほどの人気を集めている。最近はVR用コンテンツを自主制作して放送しているが、先月から『ザウィロー(The Willow)』『スタック・イン・ザ・ミドル(Stuck in the middle)』などのインタラクティブVRムービーを公開し、大きな話題を集めた。

没入感に優れたVR機器の特性に合わせて、1人称と3人称で視点が交差できるようにする編集と、利用者がシーンを選択して見ることができるようにする編集などをアメイズVRならではの技術で作った。ゲームのようなインタラクティブなVR映像であるが、最大で1時間まで視聴できる長編映画という点がこれまでのVRコンテンツと異なる特徴だ。「長編インタラクティブVR」というジャンルを開拓しているわけだ。

イ代表は「VRのストーリーテリングは従来の映像文法とは異なる。対話を基本として、画面を最大360度まで見ることができる。既存の映像がフレームの芸術だったなら、VRコンテンツは空間を記録することから既存のコンテンツスキルは意味がなくなる」と語った。

続けて、「実験と失敗を繰り返しながら進化しているVRコンテンツを作ってみると、そもそも世界観まで作る作業でもある。だからストーリーテリングではなく、 ストーリーウォルディン(Story-Worlding)という言葉を使ったりもする」と紹介した。続いて「自主制作コンテンツをハリウッドチームで作成していて、ハリウッドのさまざまなコンテンツ制作者とのパートナーシップを増やしている。アメイズVRの制作ツールを介して、誰でも簡単でかつ安価にVRコンテンツを作成することができるプラットフォームを作っていくつもりだ」と付け加えた。

VRバブルが消える段階ではないのかという指摘に対しては、「そうではない。過去4年のあいだバブルがあったし失望感もあった。VRは今になってようやく最初の一歩を踏み出す段階だ。すぐに5G移動通信時代が開かれて、オキュラスのような機器が急速に普及すれば、VR産業が主流に進入すると思う」と語った。

また彼は、「運がいいと思う。今のメンバーもすばらしいし実力も積んだ。VR市場の爆発的な成長に進入できる準備はできている。グローバル市場で韓国のコンテンツプラットフォームの新しい道を開拓したい」と強調した。
  • 毎日経済_シリコンバレー=ソン・ジェグォン特派員 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-07-25 17:37:20