山を描いて無爲の境地に至る…故閔庚甲画伯


韓国画の巨匠で大韓民国芸術院会長を務めた酉山(ユサン)閔庚甲(ミン・ギョンガプ)画伯がスクファンに他界した。享年85歳。

ミン画伯の遺族は31日、「故人が延世大セブランス病院に入院していたが、去る30日午後6時に呼吸困難の状態で少し苦労した後、やすらかにこの世を去ってた」と伝えた。闘病中も筆を置かず絵画に捧げた故人は、画業60年あまりを韓国画の新しい道を絶えず開拓して芸術魂を燃やした。 80代に入ってからも故人はソウル市延喜洞の自宅2階の作業室で、毎日午前9時から7時間ずつ筆を握ったことが伝えられた。

忠南の鶏竜出身の故人はソウル大学で東洋画を専攻した第1世代であり「彩色韓国画」の大家だ。 1953年に避乱地である釜山でソウル大美大に入学し、在学中に国展(大韓民国美術展覧会・1949年創設)で特選を受賞する栄誉を得て画壇の注目を浴びた。韓国画を描き始めたのはソウル大学美学部在学中に、東洋画の担当教授だった月田(ウォルヂョン)張遇聖(チャン・ウソン)先生との縁からだった。 1960年代初めに徐世鈺(ソ・セオク)などとともに韓国東洋画壇の前衛的青年作家らの集結体である「ムンリムフェ(墨林會)」を創立して活動した。

故人は水墨山水画が中国の影響から自由になる韓国画の新しい方法を提示したという評価を受けている。抽象的で幾何学的な彩色で形象化した「山」シリーズに50年あまり深く掘り下げ、「自然との共存」というメッセージを伝えた。評論家たちは故人の作品世界を自然と調和(1970~1990年代初頭)、自然と共存(1990年代中・後半)、自然の中で(2000年代初頭)、無為(2000年代)などに区分する。

1979年の現代画廊での個展以来「作品が一歩進んだら見せる」とし、団体展のほかには本格的な展覧会も先送りにしてきた故人は33年ぶりに個展を開いた。 2009年、ソウル市立美術館に作品36点を寄贈した後、2012年に故人の作品世界を照明するために美術館が招待展の形式で開いた個展だ。

ミン画伯は嶺南大と同徳女子大を経て円光大の教授として在職した後、1997年に退任した。以後はアートバンク運営委員長(2005年)、檀国大芸術学部客員教授(2012年)、大韓民国芸術院会長(2016~2017年)などを歴任した。故人は大韓民国銀冠文化勳章(2002年)、大韓民国芸術院賞(2004年)、誇らしい韓国人大賞(2007年)、大韓民国美術人賞本賞(2010年)などを受賞した。

遺族には夫人のペク・オンムンさん(82)と息子のミン・ジホン氏、娘のイェホンさんがあり、娘婿は劉南碩(ユ・ナムソク、61)憲法裁判所長だ。

賓所は延世大セブランス病院葬儀場に設けられた。出棺は2019年1月2日午前7時30分。
  • 毎日経済_キム・スルギ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-12-31 22:46:25