洗濯から保管まで…クリーントピア社イ・ボムドン社長


国内洗濯フランチャイズ1位のクリーントピア(CLEANTOPIA)は、2019年12月16日に開かれた「第20回韓国フランチャイズ大賞」授賞式で最高賞の大統領表彰を受賞した。クリーントピアは1986年11月に染色と繊維加工を専門とする「ポゴ実業」として始まり、衣類に対する経験とノウハウを土台にして1992年にクリーントピア事業部を設立し、現在は135ヶ所の支社、2845店の加盟店を運営している。毎日経済新聞が選定する大韓民国100大フランチャイズでも9年連続で選定されるなど、しっかりとした競争力を認められている。最近は一人世帯や共働き世帯の増加で「洗濯の外注化」が行われ、クリーントピアは新たな飛躍のチャンスを迎えている。

  • イ・ボムドン社長。1960年生まれ/慶煕大経営学科卒業/1986年、韓国電力に入社/ 1993年、クリーントピアに入社/ 2009年、韓国フランチャイズ産業協会副会長(現)/ 2010年、クリーントピア代表取締役社長(現)



Q. 韓国フランチャイズ大賞大統領賞の受賞、おめでとうございます。受賞の感想をひと言お願いします。

A. これまでわき目をふらずにずっと洗濯産業に貢献してきた努力を評価していただいたようです。 2800店あまりの加盟店も廃業率は2%にも満たず、競争ブランドと比べて売上げも格段に高くなります。クリーントピアの目標は「家で洗濯しない世界」を作ることです。ドライクリーニングだけでなく、靴下や下着にTシャツなどの水洗いもすべて容易に任せて配達までしてさしあげるサービスを準備中です。

Q. 「ランドリーゴー」「洗濯特攻隊」など、最近は洗濯配達専門ベンチャー企業が成長していますね。クリーントピアはこれらの競合することになるのでしょうか。

A. そのとおりです。洗濯配達ベンチャーは成功確率が低いと思います。オフライン拠点がなく配達のみなので、物流の非効率性が激しいからです。クリーントピアは全国に135の支店があり、約2850の加盟店が網の目のように敷かれています。このようなネットワークとインフラをうまく活用すれば、はるかに効率的な配達システムを構築することができます。 2020年初めには洗濯回収・配達を非対面で注文できるように、アプリでのサービスも公開する予定です。

Q. クリーントピア加盟店がいつのまにか3000号店を目前にしています。どれほど拡張する計画でしょうか。

A. 少なくとも4000店までの拡張余力があると思います。フランチャイズではなく、個人運営のランドリーがまだ2万5000ヶ所ほどあります。このような洗濯店主の平均年齢は、50代の後半から60代前半に達すると思います。若くても40代で、30代以下はほとんどいません。若い人は洗濯が3D業種だとして、技術を学ぼうとしません。 1990年代には洗濯技術を教える学校も多かったのですが、今は受講生がないからほぼすべて消えました。保健福祉部の統計によると、年間の個人ランドリーの減少分はふつう700~800店ほどだったのですが、2018年には1200店ほど減少したんですよ。洗濯市場に新規人材が流入せずに高齢化し、今後は個人ランドリーは減ってフランチャイズがその場を占めるようになるでしょう。

Q. 最近の洗濯市場のトレンドは何ですか。

A. ますます人々がスーツの代わりにビジネスカジュアルウェアをたくさん着る傾向にあります。カジュアルな衣料品は家庭で水洗いをしても良い素材なので、ドライクリーニングの需要は減っています。このような流れで、クリーントピアは水洗いをワンストップ配達するサービスを通じて洗濯市場の規模を大きくしようと考えています。ワイシャツや靴に布団などもこれまでは家庭で直接水洗いしていたアイテムでしたが、クリーントピアが先頭に立ってサービスを拡大してきた結果、今ではクリーニングに任せるのが日常化しました。

1990年代にはクリーントピアの売上げでのワイシャツのシェアは1%に過ぎませんでした。今は23%にもなります。一時は27%に達したこともありましたが、ビジネスカジュアルが拡散して多少減りました。運動靴も以前は全く洗濯屋に任せなかったのですが、今では売上げ全体の10%ほどになります。海外からクリーントピアを見学に来て、韓国の運動靴洗濯市場がこれほどまでに成長していることを見て驚きます。布団・寝具類もこれまでは浴槽に入れて足で踏んで洗いましたが、今ではランドリーを多く利用しますね。やはり売上げの10%ほどを占めています。最近ではバッグや財布などの雑貨も、ランドリーサービスを利用します。このようにドライクリーニングの需要が減少する市場で、新たな洗濯需要を拡大していくことが重要ですが、2020年にはその中でも水洗いが重要になります。

また家庭でのアパレル・寝具類の保管スペースが不足していますが、これを代行するサービスも2020年2月から全国のクリーントピア店で本格的に開始する予定です。

Q. 洗濯のみならず保管までしてくれるんですね。これに対する需要はどれほどありますか。

A. アパレル・寝具類の保管サービスは、2019年から城南支店の管轄加盟店を対象に試験運用してみたところ反応が非常に良かったのです。特にサービス立ち上がり月(4月)のみで利用件数全体の50%を占め、受付量は最も高いですね。ジャンパーとパディング類、コート類や寝具類が高い割合を占めていましたが、保管スペース不足のためにかさばる冬物の保管需要が圧倒的に多いと分析されます。次には管理上の理由で、スーツ類の受付け率が高いですね。冬物の洗濯と保管のピークシーズンとかみ合う3~4月に最も需要が集まるようです。

Q. 衣類保管サービスの料金はどれほどでしょうか。

A. 衣類保管サービスは少なくとも3ヶ月から、最大で9ヶ月まで利用することができますよ。 3ヶ月までは基本料金が適用され、その後はひと月ごとに保管料が追加されます。コートやジャンパーは基本1万ウォンで、9ヶ月保管時は1万6000ウォンです。スーツ類はそれより1000ウォン安いです。寝具類はふとん類・ベッドカバーとシーツ(パッド)は基本は1万ウォンで、9ヶ月保管時は1万9000ウォンです。通常は3~4月に洗濯して保管した後、10月頃に受け取りに来るようにする予定です。服は折れ曲がったりしないようにあつらえのボックスを製作し、保管してから顧客が引き取るときは宅配便で自宅までお送りします。 2020年には多くの方が利用することを期待します。

Q. 最後に、したいことは何ですか。

A. クリーントピアの究極の目標は、「家庭で洗濯しない世界」を作ることです。 30代の共働き夫婦と高所得の独身男性を中心に、洗濯・保管をクリーントピアを信じて任せるようにするために集中する計画です。これまではクリーニング業の中心がドライクリーニングだとしたら、いまや自宅で行う水洗いもランドリーサービスの対象となります。先進国でも洗濯市場はこのような流れに発展しており、海外の探訪も一生懸命行っています。
  • 毎日経済_ノ・スンウク記者/写真:チェ・ヨンジェ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-12-30 17:34:42